寺子屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
寺子屋の筆子と女性教師
一寸子花里「文学ばんだいの宝」

寺子屋(てらこや)とは江戸時代、庶民の子弟に読み書き計算や実務上の知識・技能を教育した民間教育施設である。手習所や手習塾ともいう。「寺子屋」の名称は主に上方(京都・大坂伊勢など)で用いられ、江戸では「手習指南所」「手跡指南」などと呼ばれた。寺子屋の「子屋」が「こや(小屋)」に通じる点や、「屋」が屋号に通じる事が教育の場の名称に適切ではないと考えられたからである。なお、現代では、「寺小屋」と表記することもある[1][2]

沿革[編集]

寺子屋の起源は、中世の寺院での教育に遡ると言われる[3]。その後、江戸時代に入り、商工業の発展や社会に浸透していた文書主義などにより、実務教育の需要が一層高まり、先ず江戸京都などの都市部に寺子屋が普及して行った。1690年代頃から農村漁村へも広がりを見せ始め、江戸時代中期(18世紀)以降に益々増加し、幕府御用銅山経営、西江邸内には江戸中期創建の手習い場が現存している。特に江戸時代後期の天保年間(1830年代)前後に著しく増加した。1883年に文部省が実施した、教育史の全国調査を編集した『日本教育史資料』(1890-1892年刊 二十三巻)による開業数の統計では、寺子屋は19世紀に入る頃からさらに増加し、幕末の安政から慶応にかけての14年間には年間300を越える寺子屋が開業している。同資料によると全国に16560軒の寺子屋があったといい、江戸だけでも大寺子屋が400-500軒、小規模なものも含めれば1000-1300軒ぐらい存在していた。また経営形態も職業的経営に移行する傾向を見せた。幕末に内外の緊張が高まると、浪人の再就職(仕官)が増えた事により、町人出身の師匠の比率が増え、国学の初歩である古典を教える寺子屋も増えるなど、時代状況に応じて寺子屋も少しずつ変化を遂げて行った。

1872年学制が敷かれると、明治政府は校舎建設や教員養成の追いつかない初期の小学校整備にあたり、既存の教育施設である寺子屋を活用した。地方政府は寺子屋の調査を行い、師匠の旧身分などを記した調査書を作成し、適当な者を小学校の教師として採用した。学制では小学校の教員資格は「小学教員ハ男女ヲ論セス年齢20歳以上ニシテ師範学校免許状或ハ中学免許状ヲ得シモノ」と定めていたが、仮教員として採用されたのち、教員講習所で講習を受ければ正規の教員となることができた[4]。また大規模な寺子屋はそのまま初期の小学校として使用された。

形態[編集]

寺子屋の教育は「読み書き算盤」と呼ばれる基礎的な読み方・習字・算数の習得に始まり、さらに地理・人名・書簡の作成法など、実生活に必要とされる知識や技術の教育が行われた。教材には『庭訓往来』『商売往来』『百姓往来』など往来物のほか、文字を学ぶ『千字文』、人名が列挙された『名頭』『苗字尽』、地名・地理を学ぶ『国尽』『町村尽』、『四書五経』『六諭衍義』などの儒学書、『国史略』『十八史略』などの歴史書、『唐詩選』『百人一首』『徒然草』などの古典が用いられた。中でも往復書簡を集めた形式の書籍である往来物は特に頻用され、様々な書簡を作成する事の多かった江戸時代の民衆にとっては実生活に即した教科書であり、「往来物」は教科書の代名詞ともなった。また、教師が自身で教材を作る場合もあった。 1711年には幕府から寺子屋の師匠に九ヶ条のふれを出して寺子屋を統制しようとした。

明治初期、東京府が小学校整備のため実施した寺子屋の調査書に、寺子屋の教師(師匠)726名分の旧身分が記録されている。多いのは平民(町人)で、雑業、農民、商人などの江戸の町人で、次に多いのが士族である。女性の師匠も86名が記載されていた。修学者の多くが各地の寺子屋教師となった足利学校のように、寺子屋の教師を養成する学校すらあった。男女共学の寺子屋が多数であったが、男子限定や女子限定の寺子屋も少なくなかった。また今日のと違い、当時の寺子屋の師匠は、往々にして一生の師である例も多かった。寺子屋の生徒を「筆子」といい、師匠が死んだ時には、筆子が費用を出し合って師匠の墓を建てる事が珍しくなかった。そのような墓を筆子塚といい、房総半島だけでも3350基以上の筆子塚が確認されている。寺子屋はまったくの私的教育施設のため一定した就学年齢は存在せず、筆子は下はおよそ5-6歳から上は十代まで幅広く、卒業時期や修学期間も特に定まっていなかった。1校当たりの生徒数は、10-100人と様々であった。

就学者[編集]

江戸期に寺子屋によって実務的な教育が庶民の間に定着しており、明治初期における日本の識字率は世界最高水準にあった。江戸における嘉永年間(1850年頃)の就学率は70-86%といわれており、イギリスの主な工業都市で20-25%(1837年)、フランスで1.4%(1793年)、ソビエト連邦時代のモスクワで20%(1920年)などの外国に比べ就学率が高かった[5]

確実な名簿の残る近江国神崎郡北庄村(現・滋賀県東近江市宮荘町)にあった寺子屋の例では、入門者と人口の比率から、幕末期に村民の91%が寺子屋に入門したと推定され、1877年に同県で実施された調査では「6歳以上で自己の姓名を記し得る者」の比率は「男子89%、女子39%」である。また内訳を見ると、自己の氏名・村名のみを記し得る者が63.7%、日常出納の帳簿を記し得る者22.5%、普通の書簡や証書を自書し得る者6.8%、普通の公用文に差し支えなき者3.0%、公布達を読み得る者1.4%、公布達に加え新聞論説を解読できる者2.6%となる。したがってこの調査では、自署できる者のうち、多少なりとも実用的な読み書きが可能であったのは4割程度である[6]

ユネスコ世界寺子屋運動[編集]

寺子屋を世界中に普及させようとしている運動が、ユネスコが提唱している世界識字教育運動の1つであるユネスコ世界寺子屋運動(World Terakoya Movement)である。

脚注[編集]

  1. ^ 『改訂 新潮国語辞典 -現代語・古語-』(株式会社新潮社、監修者:久松潜一、編集者:山田俊雄・築島裕小林芳規1978年10月30日 改訂第6刷発行)p.1325には、「てらこ【寺子】寺子屋に通う子供。〔夏山雑談〕-や【-屋・寺小屋】江戸時代、子供に読書・習字などを教えた施設。〔菅原伝授手習鑑一〕」と記載されている。
  2. ^ 山下知子 (2013年5月8日). “「寺小屋」は正答? 愛知○、大分× 公立高入試”. 朝日新聞Digital (朝日新聞社). http://www.asahi.com/edu/articles/SEB201305070063.html 2013年5月8日閲覧。 
  3. ^ ただし、それ以前の奈良時代平安時代に民衆教育が全くなかった訳ではない。平安時代中期に書かれた『叡山大師伝』(最澄の伝記)には「村邑小学」という村の子供が通った教育機関が登場し、また考古学の進歩によってこの時期に作られた墨書土器も出土している事から、民衆全てが文字を知らなかったとは考えにくい。久木幸男戸籍作成や班田収授などを実施して律令国家を成り立たせるために必要な人数を元にして、古代日本には最低でも官民合わせて3.7-7.4%の識字率が存在したと算定している(久木幸男『日本古代学校の研究』(1990年玉川大学出版部) ISBN 4-4720-7981-X)。ただし、古代の民衆教育には不明点が多く、寺子屋の発生との関連性が不明である。
  4. ^ 日本最初の女性教師と言われる黒澤止幾の前身は寺子屋の師匠であった。また学制発布後の数年間も小学校として使用された、彼女の寺子屋の建物が2010年時点で茨城県内に現存している。
  5. ^ 石川英輔『大江戸生活事情』(講談社文庫、1997年
  6. ^ 近世社会と識字 八鍬友広

関連項目[編集]

外部リンク[編集]