新美南吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新美 南吉
(にいみ なんきち)
誕生 渡辺 正八
1913年7月30日
日本の旗 日本愛知県知多郡半田町(現・半田市
別名 新美 正八(本名)
死没 1943年3月22日(満29歳没)
日本の旗 日本
職業 作家教師
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1931年 - 1943年
ジャンル 児童文学童謡
代表作 ごん狐』(1932年
デンデンムシノカナシミ』(1935年
おぢいさんのランプ』(1942年
牛をつないだ椿の木』(1943年)
手袋を買いに』(1943年)
処女作 『窓』(1931年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

新美南吉(にいみ なんきち、1913年7月30日 - 1943年3月22日)は、日本児童文学作家。本名は新美正八(旧姓:渡辺)。愛知県半田市出身。雑誌『赤い鳥』出身の作家の一人であり、彼の代表作『ごん狐』(1932年)はこの雑誌に掲載されたのが初出。結核により29歳の若さで亡くなったため、作品数は多くない。童話の他に童謡短歌俳句戯曲も残した。彼の生前から発表の機会を多く提供していた友人の巽聖歌は、南吉の死後もその作品を広める努力をした。

出身地の半田には、新美南吉記念館のほか、彼の実家や作品ゆかりの場所を巡るウォーキングコースも作られている。半田市は生誕100周年にあたる2013年に新美南吉生誕100年記念事業[1]を各種行った。

生涯[編集]

1913年
7月30日 畳屋を営む父 渡辺多蔵、母 りゑの次男として愛知県知多郡半田町(現・半田市)岩滑(やなべ)で生まれる。この前年に生まれ、生後わずか18日でなくなった長男の名をそのまま付けられた。これは父親が2人分生きてほしいとの願いを込めたもの。父親の好きな講談に登場する英雄梁川庄八に由来する。
1917年
11月4日 母 りゑ逝去(享年29)。
1919年
2月12日 父 多蔵再婚。義母の名は「志ん」。2月15日弟益吉誕生。
1920年
4月1日 知多郡半田第二尋常小学校(現・半田市立岩滑小学校)入学。おとなしく目立たない児童で、体は少し弱かったが成績は良かった。
1921年
7月19日 父多蔵離婚。しかし同年12月6日には同じ相手と再婚している。
7月28日 正八、母方の祖母 新美志も の養子となり、新美正八と改姓。祖母と二人で暮らし始めるが、12月には新美姓のまま実家渡辺家に戻る。
1926年
3月で半田第二尋常小学校を卒業し、4月に旧制愛知県立半田中学校(現・半田高校)へ入学。
1928年頃~
この頃から童謡や詩の投稿を始める。また、文芸誌『赤い鳥』や小川未明の『日本童話集』にであう。
1931年
3月24日 岡崎師範学校受験するが体格検査で不合格となる。
4月1日 愛知県知多郡半田第二尋常小学校の代用教員となるが、8月には一身上の都合で退職している。
5月 『赤い鳥』に初めて童謡が掲載される(5月号「窓」)。
1932年
1月 『赤い鳥』1月号に童話「ごん狐」掲載。
4月 東京外国語学校(現・東京外国語大学)英語部文科文学に入学。
1934年
2月25日 喀血(かっけつ)。この頃顔色も優れず、頻繁に盗汗。
1936年
3月16日 東京外国語学校を卒業。神田の貿易商会に勤めたが、二度目の喀血をして11月に帰郷。
1937年
4月 知多郡河和小学校の代用教員となる。夏に体調をくずし、7月31日退職。
9月 杉治商会(家畜の飼料製造販売)鴉根山畜禽研究所に入社。
1938年
3月 安城高等女学校(現・安城高校)の教員となる。英語、国語、農業担当。
1941年
10月 初の単行本『良寛物語 手毬と鉢の子』(学習社)刊行
1942年
10月 初の童話集『おぢいさんのランプ』刊行
1943年
1月 病状悪化(喉頭結核)。2月には安城高等女学校を退職。
3月22日 逝去。享年29。
9月10日 童話集『牛をつないだ椿の木』、9月30日 童話集『花のき村と盗人たち』と2冊の童話集が相次いで刊行。
故郷半田市の新美南吉記念館

作風[編集]

地方で教師を務め若くして亡くなった童話作家という共通点から宮沢賢治との比較で語られることも多い。賢治が独特の宗教観・宇宙観で人を客体化して時にシニカルな筆致で語るのに対し、南吉はあくまでも人から視た主観的・情緒的な視線で自分の周囲の生活の中から拾い上げた素朴なエピソードを脚色したり膨らませた味わい深い作風で、「北の賢治、南の南吉」と呼ばれ好対照をなしている。

作品の多くは、故郷である半田市岩滑新田(やなべしんでん)を舞台としたものであり、特に少年達が主人公となる作品では、「久助君」「森医院の徳一君」等、同じ学校の同じ学年を舞台としたものが多い。(主人公は「久助君」「大作君」など作品によって変わるが、「徳一君」や「兵太郎君」などはほとんどの話に登場して世界観をつなげる役目を果たしている。)

作品[編集]

(生前に企画・制作された童話集は次の3作(うち2作は死後の刊行))。【 】内は初出の雑誌名と刊行年。

  • おぢいさんのランプ 有光社
    • 川 【新児童文化第1冊、昭和15年】
    • 嘘 【新児童文化第3冊 昭和16年】
    • ごんごろ鐘
    • 久助君の話 【哈爾賓日々新聞 昭和14年】
    • うた時計 【少国民の友 昭和17年】
    • おぢいさんのランプ
    • 貧乏な少年の話
  • 花のき村と盗人たち 帝国教育出版部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]