巽聖歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
巽聖歌
誕生 1905年2月12日
岩手県紫波郡日詰町(現紫波町
死没 1973年4月24日
東京都日野市
職業 童謡作家、詩人、歌人、編集者
国籍 日本
文学活動 赤い鳥多磨
代表作 水口、たきび、雪と驢馬、春の神さま
主な受賞歴 日本文化協会第2回児童文化賞(1941年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

巽 聖歌(たつみ せいか、1905年2月12日 - 1973年4月24日)は、日本児童文学者歌人

本名:野村 七蔵(のむら しちぞう)。岩手県紫波郡日詰町(現在の紫波町)出身。紫波町の名誉町民童謡「たきび」の作詞者として知られる。童謡雑誌「赤い鳥十月号」に巽聖歌のペンネームで発表した詩(少年詩)「水口」が北原白秋に絶賛され、「赤い鳥」の常連投稿者となる。昭和2年、米人の家庭教師として久留米にいき、4年、白秋の勧めで東京都日野市に移住。北原白秋に師事し、佐藤義美与田凖一と並び称された。「赤い鳥」出身の童謡詩人・「多磨」出身の歌人として、童謡・少年詩・近代短歌の歴史の上に業績を残した。昭和16年、第2回児童文化賞受賞。短歌においては、持田勝穂木俣修宮柊二玉城徹の同門に当たる(白秋没後、玉城徹を指導)。また、出身地である紫波町立日詰小学校の校歌をはじめ、全国的に大変多くの校歌の作詞をしている。1972年、日本児童文学者協会名誉会員。妻は洋画家の野村千春(昭和7年9月に結婚)。長男の名前「圦彦(いりひこ)」、長女の名前「やよひ」は北原白秋の命名。[1]教育学者の周郷博義弟(義妹の夫)。

作品リスト[編集]

  • たきび
  • 「海は呼んでいる」
  • 「おそらはあおく」
  • 「かぜにおうちが」
  • 「つばめのゆうびんやさん」
  • 「夜明けの星」
  • 「あさがおすった」
  • 「ひろばのうた」
  • 「ミツバチさんでも」
  • 「朝の歌」
  • 「キャベツのお山」
  • 「りんごとみかん」
  • 「うんどうかいのうた」
  • 「ぼくは技師」
  • 「せみを鳴かせて」
  • 「流れゆくもの」
  • 「アンデルセンを讃える歌」
  • 「風」
  • 「校庭の木々は」
  • 「コロポックル」
  • 「地下鉄工事」
  • 「月よのがん」
  • 「とりいれ」
  • 「ぬげよ上衣を」
  • 「野ぜり」
  • 「冬の夜」
  • 「蜜柑」
  • 仙台市立上杉山中学校 校歌」
  • 八王子市立第四小学校 校歌」

参考文献[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]