豊田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊田駅
北口(2014年4月13日)
北口(2014年4月13日)
とよだ - Toyoda
日野 (2.3km)
(4.3km) 八王子
所在地 東京都日野市豊田四丁目41-41
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 中央本線中央線
キロ程 43.1km(東京起点)
電報略号 トタ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面4線
乗車人員
-統計年度-
30,910人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1901年明治34年)2月22日
備考 みどりの窓口
南口(2012年2月5日)
南口(2012年2月5日)
ホーム(2011年11月26日)
ホーム(2011年11月26日)

豊田駅(とよだえき)は、東京都日野市豊田四丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)中央本線である。

当駅を含む区間は、運行系統上は「中央線」と案内される。運転形態の詳細については該当記事を参照のこと。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム2面4線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。崖線に沿って立地しているため、崖下側になる南口へは自由通路の階段を下り、崖上になる北口へは自由通路の階段を上って外へ出る。

改札口は1か所。自由通路に直結している。みどりの窓口自動改札機・指定席券売機が設置されている。各ホームに2基ずつエスカレーターが備えられている(いずれも高尾寄り階段)。トイレは改札の内側の橋上部分にあり、車椅子対応トイレも設置されている。KIOSKは改札口を出て左手すぐにある。2008年平成20年)には1・2番線、3・4番線ホームに待合室が設置された。中央線では八王子駅・高尾駅に次いで3番目である。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 中央線 下り 八王子高尾方面
3・4 中央線 上り 立川新宿東京方面

当駅には中央本線の中距離列車も乗り入れるため、本項では中央線のラインカラーをオレンジと青の併記としたが、実際のホーム案内はすべてオレンジのみ用いられている。下り本線は2番線、上り本線は4番線である。

高尾方に豊田車両センターがあり、当駅が始発終着となる列車も多い。ただし始発終着が設定されているのはほとんどが東京方面の通勤電車である。下りの当駅始発列車は2009年(平成21年)3月14日に設定された朝の大月行1本・甲府行1本、そして2013年(平成25年)3月18日に設定された夕方の高尾行1本(土曜・休日は運休)の計2 - 3本だけで、それ以外は始発駅の八王子駅・高尾駅または立川駅まで回送される。当駅で折り返す通勤電車は3番線発着だが、当駅終着の下り列車で豊田車両センターへ回送される場合は1・2番線に到着する。また八王子駅・高尾駅止まりの列車が同センターへ回送される場合は3番線で折り返す。

また、一部の列車は当駅で車掌が交代する。夜間滞泊の運用がある。

発車メロディ[編集]

2010年(平成22年)1月23日より、童謡の「たきび」が新たに使用されている。これは同曲の作詞者である巽聖歌が、駅の近隣である日野市旭が丘に住んでいたことによるものである。なお、誤乗防止のため、上り・下りホームでそれぞれ音程が変えられている。

利用状況[編集]

2013年度の乗車人員は1日平均30,910人である。多摩平・旭が丘・西平山地区から東京都心方面への通勤通学客の利用が多い。

コニカミノルタ富士電機ファナックGEヘルスケア・ジャパン日野自動車などへの通勤客や訪問客、首都大学東京日野キャンパス・中央大学東京薬科大学東京都立八王子東高等学校東京都立日野台高等学校の学生も利用が多い。

近年の推移は下記の通り。

年度 JR東日本
1992年 37,490[2]
1993年 38,110[3]
1994年 37,778[4]
1995年 37,205[5]
1996年 36,825[6]
1997年 35,888[7]
1998年 34,890[8]
1999年 34,290[9]
2000年 32,572[10]
2001年 32,866[11]
2002年 31,750[12]
2003年 31,427[13]
2004年 31,827[14]
2005年 32,747[15]
2006年 32,828[16]
2007年 33,108[17]
2008年 32,572[18]
2009年 31,320[19]
2010年 30,580[20]
2011年 29,772[21]
2012年 30,222[22]
2013年 30,910[23]

駅周辺[編集]

北口[編集]

駅前ロータリーがあり、ロータリー内および周辺に京王電鉄バスの発着場およびタクシー乗り場がある。

南口[編集]

  • 日野市立中央図書館
  • 多摩信用金庫豊田支店
  • 豊田駅前郵便局

バス路線[編集]

すべて京王電鉄バスにより運行される。首都大、中央大へは路線バスのアクセスとなるほか、コニカミノルタ・日本ビクターや東京薬科大学・帝京大学中学校・高等学校など、当駅および周辺道路を乗降場所とする企業、学校の送迎バスも多く、特に朝夕は活気にあふれている。

豊田駅北口

  • 1番乗り場
  • 3番乗り場
    • 豊41:平山工業団地循環
  • 4番乗り場
  • 5番乗り場
    • 日05(日野市ミニバス旭が丘循環路線):旭が丘循環
    • 平05(日野市ミニバス平山循環路線):平山循環
  • 6番乗り場
    • 日04(旧・日野市ミニバス日野台路線):日野台五丁目経由 日野駅行
    • 高06(日野市ミニバス南平路線):北野街道口経由 高幡不動駅行
    • 高51(日野市ミニバス市内路線):日野駅経由 高幡不動駅

豊田駅南口

  • 高30(日野市ミニバス川辺堀之内路線):一番橋西経由 高幡不動駅行

その他[編集]

  • 当駅 - 八王子駅間の線路南側に「西豊田駅早期実現を」という大きな看板があり、日野市がJRに新駅設置の要請を計画している[24]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
中央線
通勤特快
通過
中央特快・通勤快速(下りのみ)・快速・各駅停車(緩行線直通、早朝・深夜のみ)・普通(大月駅以西直通)・むさしの号
日野駅 - 豊田駅 - 八王子駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]