南流山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南流山駅
北口(2012年10月7日)
北口(2012年10月7日)
みなみながれやま - Minami-Nagareyama
所在地 千葉県流山市南流山
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本・駅詳細
首都圏新都市鉄道駅詳細
南流山駅付近空中写真(1974年撮影 国土画像情報オルソ化空中写真(国土交通省)より)開業1年後の様子。総武流山電鉄(現・流鉄)鰭ヶ崎駅付近(右上)の方が建物が多い。

南流山駅(みなみながれやまえき)は、千葉県流山市南流山にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・首都圏新都市鉄道である。

乗り入れ路線[編集]

旅客線はJR東日本の武蔵野線と首都圏新都市鉄道のつくばエクスプレスの2路線が乗り入れ、相互間の接続駅となっている。このうちつくばエクスプレスの駅には「10」の駅番号が与えられている。

上記のほか、JR東日本の駅からは常磐線北小金駅までの武蔵野線支線(北小金支線)、および常磐線馬橋駅までの武蔵野線支線(馬橋支線)が分岐している。両支線とも基本的に貨物列車専用であるが、北小金方面は京葉線東京駅 - 常磐線日立駅間を運行する臨時旅客急行「わくわく舞浜・東京」の運行経路に利用されたり、臨時団体旅客列車などに利用されることがある。ただし、このような臨時列車に乗車する場合でも運賃・料金は新松戸駅経由の扱いとなる。

駅構造[編集]

JR東日本[編集]

JR 南流山駅
みなみながれやま - Minami-Nagareyama
所在地 千葉県流山市南流山一丁目25
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
電報略号 ミナ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
30,399人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1973年昭和48年)4月1日
乗入路線 3 路線
所属路線 武蔵野線
キロ程 84.2km(鶴見起点)
府中本町から55.4km
三郷 (2.0km)
(2.1km) 新松戸
所属路線 武蔵野線貨物支線(北小金支線)
キロ程 0.0*km(JR貨物・南流山起点)
(2.9km) 北小金
所属路線 武蔵野線貨物支線(馬橋支線)
キロ程 0.0*km(JR貨物・南流山起点)
(3.7km) 馬橋
* 両貨物支線はJR東日本が第一種鉄道事業者であるが、同社では営業キロを設定していない。貨物支線を通る旅客列車の運賃は、新松戸経由で計算される。第二種鉄道事業者である日本貨物鉄道(JR貨物)のみ営業キロを設定している。

相対式ホーム2面2線と中線を有する高架駅である。自動改札機設置。みどりの窓口2012年1月21日をもって営業終了し、代わりに指定席券売機で指定券や長距離乗車券類の発売を行っている。駅舎内にはエスカレーター4基、エレベーター2基、多機能トイレが設置されている。

付近は年間20mmから60mm程度の地盤沈下がみられるため、建設時に駅本屋の床をスラブ設計とし、必要のある個所では床下配管をスラブに吊ることで沈下防止対策をとっている[1]

当駅南方より武蔵野線の北小金支線と馬橋支線が分岐している。

2012年11月12日駅ナカ(改札内)にJR東日本リテールネットが運営する書店「ブックエキスプレス南流山店」が開業した[2]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 武蔵野線 上り 南浦和西国分寺府中本町方面
2 武蔵野線 下り 新松戸西船橋東京方面


周辺のJR線鉄道配線図[編集]

東日本旅客鉄道 南流山駅と武蔵野線貨物支線周辺の鉄道配線略図
南浦和西国分寺府中本町梶ヶ谷貨物T方面

北千住上野
代々木上原
田端信号場
新小岩信号場
方面
東日本旅客鉄道 南流山駅と武蔵野線貨物支線周辺の鉄道配線略図
取手
土浦水戸
方面
西船橋東京海浜幕張方面
凡例
出典:以下を参考に作成
* 高橋政士「東京外環状線ジャンクション」図6-Aおよび図6-B 「新松戸ジャンクション」
 電気車研究会、『鉄道ピクトリアル』 第58巻9号 通巻第808号 2008年9月号、P.53,P.54

※ 本図では、馬橋駅でつながる流鉄流山線の配線を省略している。



首都圏新都市鉄道[編集]

首都圏新都市鉄道 南流山駅
A2出口(2012年10月7日)
A2出口(2012年10月7日)
みなみながれやま - Minami-Nagareyama
◄09 三郷中央 (2.8km)
所在地 千葉県流山市南流山二丁目1
駅番号 10
所属事業者 首都圏新都市鉄道
所属路線 TX つくばエクスプレス
キロ程 22.1km(秋葉原起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
31,926人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 2005年平成17年)8月24日

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。改札は1か所で、出入口はA1、A2およびA3の3か所ある。

当駅にはすべての種別の営業列車が停車する。北千住駅 - 守谷駅間の途中駅では唯一の既存駅(JRの駅がすでに存在)併設である。

混雑緩和と利便性の向上のため2011年6月からホーム延伸工事が行われ[3]2012年9月23日始発から供用開始の運びとなった。具体的には前後約40m(2両分)ずつホームを延伸し、上下線の列車停止位置をずらすことで混雑緩和を図る。また、エスカレーターの上下方向の運転切り替えや自動改札機2台の移設も行われる[4]

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 TX つくばエクスプレス 下り つくば方面
2 TX つくばエクスプレス 上り 秋葉原方面


利用状況[編集]

  • JR東日本 - 2013年度の1日平均乗車人員は30,399人である[* 1]。武蔵野線内26駅中9位である。
  • 首都圏新都市鉄道 - 2013年度の1日平均乗車人員は31,926人である[* 2]流山おおたかの森駅を抜き、つくばエクスプレス線内20駅中第3位である。

つくばエクスプレス開業で乗換駅となり、利用客が大幅に増加した駅である。周辺であっても従来利用しなかった地区(流鉄流山線沿線など)の利用者が当駅にシフトする傾向にある。東洋学園大学流山キャンパス(流山市大字鰭ケ崎)からのバスも乗り入れている関係で、大学の講義などがある日は学生の利用も多い。

近年の一日平均乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別一日平均乗車人員(1980年 - 2000年)[編集]

年度別一日平均乗車人員[* 3]
年度 国鉄 / JR東日本
1980年(昭和55年) 2,194
1990年(平成02年) 9,465
1991年(平成03年) 10,409
1992年(平成04年) 11,550
1993年(平成05年) 12,180
1994年(平成06年) 12,481
1995年(平成07年) 12,700
1996年(平成08年) 13,038
1997年(平成09年) 12,929
1998年(平成10年) 12,969
1999年(平成11年) 13,058
2000年(平成12年) [* 4] 13,332

年度別一日平均乗車人員(2001年 - )[編集]

年度別一日平均乗車人員[* 3]
年度 JR東日本 首都圏
新都市鉄道
2001年(平成13年) [* 5] 13,437 未開業
2002年(平成14年) [* 6] 13,442
2003年(平成15年) [* 7] 13,494
2004年(平成16年) [* 8] 13,790
2005年(平成17年) [* 9] 16,698 [備考 1]13,589
2006年(平成18年) [* 10] 20,944 19,350
2007年(平成19年) [* 11] 23,235 23,819
2008年(平成20年) [* 12] 24,843 26,168
2009年(平成21年) [* 13] 26,165 27,339
2010年(平成22年) [* 14] 27,153 28,560
2011年(平成23年) [* 15] 27,958 29,277
2012年(平成24年) [* 16] 29,013 [* 2] 30,550
2013年(平成25年) [* 1] 30,399 [* 2] 31,926
備考
  1. ^ 2005年8月24日開業。開業日から翌年3月31日までを集計したデータ。
利用状況の出典

輸送上の特徴[編集]

流鉄との乗り継ぎについて[編集]

流鉄鰭ヶ崎駅まで徒歩約15分程度かかり、通常の場合乗換には不向きである。

  • 乗り換えには武蔵野線新松戸駅(幸谷駅)が適している。
  • また常磐緩行線松戸方面へ向かう場合は、終点の馬橋駅で乗り換えたほうがJRとの距離が短い。
  • 平和台駅流山駅方面へは、当駅から路線バスが通じているため、つくばエクスプレスからそれらの方面へはその利用が適している。
  • 強風などで常磐緩行線や武蔵野線が運転を見合わせた場合は、馬橋駅や幸谷駅から鰭ヶ崎駅まで振替輸送で行き、鰭ヶ崎駅から南流山駅まで徒歩で向かう人で溢れることがある。毎年春一番台風接近・木枯らしのときに発生しやすい。近年武蔵野線については、強風で運転見合わせしやすい区間を重点に防風柵の設置を行なった結果、運転見合わせの回数が減った。

駅周辺[編集]

武蔵野線南流山駅開業による区画整理が行われた住宅街である。駅周囲は平坦な土地である。松戸市境に近く、当駅南東方に大規模住宅地である新松戸の北西端の一部(横須賀二丁目、新松戸七丁目)が近接する。南西方の地区は元々田園地帯であるが、現在は千葉県によるつくばエクスプレス沿線整備の一環として土地区画整理事業が行われている[5]

北方には鰭ケ崎地区があり、流鉄鰭ヶ崎駅は当駅より北東約1kmの地点に所在する(既述の画像も参照)。さらに北隣の西平井地区も当駅の利用圏内であるが、この西平井・鰭ヶ崎両地区では流山市による土地区画整理事業が行われている[6]

西へ進むと、埼玉県三郷市)との境をなす江戸川がある。

北口[編集]

北口(2009年10月1日)

南口[編集]

南口(2012年10月7日)
  • 流山市立南流山小学校
  • 流山市立南流山中学校
  • 流山市消防本部 中央消防署南分署
  • 流山市南流山センター(流山市立図書館南流山分館と流山市役所南流山出張所の複合施設)
  • 南流山郵便局
  • 南流山中央公園
  • マツヤデンキ
  • マルヤ 南流山店

首都圏新都市鉄道A1[編集]

JR線のりかえ入口方面

  • JR南流山駅(乗換)
  • 流山市南流山出張所
  • 流山市立図書館南流山分館
  • 流山市中央消防署南分署
  • 南流山中央公園
  • 南流山郵便局
  • 南流山中学校
  • 南流山小学校

首都圏新都市鉄道A2[編集]

南流山4丁目方面

  • 南流山1号公園

首都圏新都市鉄道A3[編集]

交通広場方面

  • 自転車駐輪場
  • 交通広場
  • タクシー・バスのりば
  • 交番
  • JR南流山駅(乗換)
  • 南流山3号公園
  • 流鉄流山線鰭ヶ崎駅

バス路線[編集]

停留所名は「南流山駅」で北口に立地する。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者
1番 松71 主水・日大病院入口・古ヶ崎・松戸営業所 松戸駅西口 京成バス松戸
主水・日大入口・古ヶ崎・樋野口
番場・流山駅入口・中花輪 江戸川台駅
2番 南流01 平和台駅前・二丁目・三輪野山下花輪 クリーンセンター 東武バスセントラル吉川
南流02 平和台駅前・加二丁目・三輪野山・流山警察署 流山おおたかの森駅西口
西柏09 東洋学園大学前・宮園三丁目・鰭ヶ崎駅入口 宮園循環(南流山駅) 東武バスイースト西柏
西柏08 宮園三丁目・八木南小学校 免許センター
宮園三丁目・八木南小学校・免許センター 南柏駅西口
  • この他に東洋学園大学のスクールバスも発着する。

歴史[編集]

駅名の由来[編集]

すでに流山駅が存在し、流山市の南部に位置することから。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
武蔵野線
三郷駅 - 南流山駅 - 新松戸駅
武蔵野線貨物支線(北小金支線)
南流山駅 - 北小金駅
武蔵野線貨物支線(馬橋支線)
南流山駅 - 馬橋駅
首都圏新都市鉄道
TX つくばエクスプレス
快速
北千住駅 (05) - 南流山駅 (10) - 流山おおたかの森駅 (12)
通勤快速
八潮駅 (08) - 南流山駅 (10) - 流山おおたかの森駅 (12)
区間快速
三郷中央駅 (09) - 南流山駅 (10) - 流山おおたかの森駅 (12)
普通
三郷中央駅 (09) - 南流山駅 (10) - 流山セントラルパーク駅 (11)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]