便所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

便所(べんじょ)とは、大小便の排泄の用を足すための設備を備えている場所。さまざまな呼称や異称がある

この施設は、悪臭を放ち周辺の環境を汚損するおそれのある汚物(主に尿吐瀉物)を衛生的に処分するための機能を持っている。近年の文明社会の多くでは、これら施設の多くは水洗だが、中には乾燥させたり、燃焼させたり、乾燥地帯では砂を掛けて糞便を乾燥させて処分する様式も見られ、衛生的に処理できればその方法は問わない。

便所内は臭気が発生するため、換気扇換気筒などの換気設備を使い、他の室よりも負圧になるように工夫されている。また、便所の壁にはトイレットペーパーを掛けるペーパーホルダーのほか、タオル掛け、手摺などが設置されることもある。水洗式の場合は、個室内に便器洗浄用のタンクやフラッシュバルブが設置される。

気候・風土・生活習慣によって、求められる機能も様々であるため、世界各地には様々な便所が存在する。


様式[編集]

札幌駅に隣接するJRタワーの展望男子便所
  • 和式便器 - 床にしゃがみこむタイプ、トルコ式ともいう
  • 洋式便器 - 椅子に腰掛けるタイプ
  • 小便器 - 立って小便をするタイプ。通常は男性用であるが、稀に女性用も存在する[1][2]

便所には、便器が設置されている場所と、手洗いのための場所が併設されていることが普通である。男性の場合、大便用の個室と小便器が壁にそって並べられている。男性用の場合、便所によっては壁から水が流れているだけで小便器が設置されていない便所もある。大便器は和式、洋式が併設されている施設もあり、1990年代以降は、バリアフリーの観点から、障害者や乳児のおむつ交換などへの対応を兼ねた、広い面積の個室が設けられる場合が多い。

女性用の個室では、用便時の音を隠すために洗浄水を流すことが多く、水の使用量が必要以上に多くなってしまうために、洗浄水を流す擬音を発生する装置が取り付けられていることもある。

なお、便器(トイレ)にもJIS規格によりその大きさ(長さ、深さ、幅など)が定められているがかなり前に設定された大きさであるため現在の日本人の体格からして以下に示すような問題がある。

  • 和式便器:長さが短く、性器が金隠しに当たらないようにしゃがむとが便器の後ろあるいは便器の縁に落ちてしまう。また金隠しの高さが低すぎるため女性が使用すると尿が金隠しに当たることがある。
  • 洋式便器:これも長さが短く、陰茎の大きい男性が使うと陰茎が便器に触れ(先割れ便座の場合や丸便座の場合便座に陰茎が当たる)、非常に不衛生で性病などの感染症に感染する危険がある。最近は温水洗浄便座が普及し丸便座のためさらに不衛生になりつつある。
  • 男性用小便器:近寄らないと外に漏れる事が有る、漏れると次の人が遠くから小便をする、さらに漏れやすくなるの悪循環が有る。

こういったJIS規格の問題から鉄道車両の便器では独自規格の長いタイプの便器が使われることがある。

設備[編集]

ウォシュレット一体型の最新型便器 『ネオレスト』
尿石防止の薬剤供給装置サニタイザーが連結された自動フラッシュバルブ内蔵新型小便器
リアルタイム空き状況

欧米や、日本でもホテルの客室にある場合は、同一空間に便器と洗面台、シャワーを持った浴槽(バスタブ)が設置されていることが多い。これを三点ユニットという。

括弧書きの設備はホテルマンション病院などで使われている三点ユニットのみにある設備

特殊設備[編集]

汚物の処理[編集]

便所では放置すれば病原菌不快害虫の発生源となりやすい汚物を衛生的に処理するため、様々な工夫が凝らされる。特に船舶や鉄道の列車内・航空機内等の長時間の移動を行う交通機関では、乗っている乗客の排泄に供するため、各々に工夫された便所があるのが通例である。(後述)

これによって処分される汚物であるが、古くは河川にそのまま流される様式が多かった。しかし都市部では、人口の集中によって汚物が自然の浄化能力を超えて発生する事から、水質汚染富栄養化)を発生させる。このため便所は下水道に接続され、各々の家庭・施設に備えられた便所から排出された汚物を汚水として一括処理する社会インフラも必要となる。

他方、かつては糞便は重要な有機堆積物と見なされたこともある。日本では肥料として売り買いされ、そのために肥だめが作られた。便器の下を豚小屋とし、飼育している豚に糞便を食べさせた豚便所はかつては日本にも存在した。同様に糞便が直接、あるいは豚便所からの流れに池を作り、そこで魚を育てた例もある。

汚水処理の方式[編集]

  • 水洗式:水勢により、悪臭を放ち周辺の環境を汚損するおそれのある汚物(主に糞・尿・吐瀉物)を洗浄して衛生的に処分するための機能を持っている。水洗式便器は、水道管を便器の給水口に接続して、流水により便器内の排泄物を洗浄する。便器の排水部は、下水道が設置されている地区では下水道に接続し、下水道が設置されていない地区では浄化槽に接続する。
    • 浄化槽:屎尿(糞および尿)および、それと併せて雑排水(生活に伴い発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備である。汚水の処理には、みなし浄化槽および小規模槽については、「沈殿」による固液分離機能と嫌気性と好気性の微生物の浄化作用を利用している。中、大規模槽については、汚水中に含まれる固形分の「徐さ」機能と「流量調整」機能、および好気性の微生物の浄化作用および「沈澱」による固液分離を利用している。また、一部の浄化槽では、「ろ過」及び「凝集」による物理的処理および「脱窒機能」を用いて処理水質の高度化を図っているものもある。
    • 下水道:下水道(げすいどう)は、主に都市部の雨水(うすい)および汚水(おすい)を、地下水路などで集めたのち公共用水域へ排出するための施設・設備の集合体であり、多くは浄化などの水処理を行う。雨水としては、気象学における降水および、いったん降り積もった雪が気温の上昇などで融けた融雪水も含むが、いずれも路面など地表にあるものが対象で、河川水や地下水となったものは除く。汚水としては、水洗式便所からのし尿や、家庭における調理・洗濯で生じる生活排水と、商店やホテル・町工場から大工場にいたる事業場からの産業排水(耕作は除く)などがある。
  • 汲み取り式:日本で使われてきた落下式便所の一つ。汲み取り式便所は後から貯留された汚物を汲み取る方式なので、広義には簡易水洗式便所も含まれる。非水洗便所という言い方は、汲み取り式だけでなく、バイオトイレのことも示す。
  • 簡易水洗式:下水道等の整備が十分でない地域に於いて、非水洗便所よりも衛生的であり、より水洗式便所に近い実用性が得られるため設置される便所である。排泄物を自由落下、残存物は少量の洗浄水にて洗い流し、便槽に貯留する構造となっている。便槽は浄化槽や下水道に連結せず、バキュームカーによる汲み出しを必要とすることから、技術的な広義の意味では汲み取り式に含まれる。便器と便槽の間に弁を設け、用便時の汚物跳ね返りや臭気の逆流を防止する構造、水鉄砲類似の洗浄ホースを付加し洗浄力を強化させるものなど、販売会社がそれぞれの製品で工夫を講じており、水洗便所に匹敵する実用性を確保する努力が為されている。

呼称と異称[編集]

トイレを指すピクトグラム
DOT規格

不潔、不浄なイメージが強いため、日本も含め、多くの文化圏で婉曲表現が存在する。

日本には便所を意味する呼称や異称が多い。「(かわや)」は古く『古事記』にその例が見え、施設の下に水を流す溝を配した「川屋」だったことがわかる。あからさまに口にすることが「はばかられる」ために「はばかり」「手水(ちょうず)[3]」といったり、中国の伝説的な禅師の名から「雪隠(せっちん)」という語を使うようにもなった。昭和になると「ご不浄」から「お手洗い」「化粧室」としだいに表現がより穏やかなものが使われるようになった(男子トイレを「男性化粧室」と表記する施設もあって抵抗を感じる男性もいる)。戦後は「トイレ」や「W.C.(water closet の頭文字)」など外国語に由来する表現や男女を示すピクトグラムでその場所を表したりすることも増えた。

英語では、「トイレ」という表記の元の語「トイレット」 (toilet) 自体が「化粧室」を意味する場合もあるが、「便器」を意味する直截的な単語でもあるため、日常会話では、住居において同室に設置されることが多い風呂と合わせて「bathroom」と呼んだり、本来は「休憩室」を意味する「rest room」、あるいは「men's/lady's room」と婉曲的な表現を用いることが一般的である。

近年では、公衆便所を公衆トイレに変えるべきという議論を行った自治体もある。荒川区では「便という言葉に不潔なイメージがあり、語呂も悪い」という理由で、公衆トイレに変更する条例案が区側から提出されたため、荒川区議会で議論することとなり、条例案は賛成多数で可決、本会議で採決されることになった。また、荒川区職員からは「公衆便所は女性蔑視の差別用語でもある」などという発言も飛び出しており、区議側から非難されている。

しかし、現在は汚い語だと思われがちな「便所」自体も本来は直接的な呼称ではなく、「はばかり」などと同様に婉曲的な表現だった。便所の語源は「鬢所(びんしょ)」で、「鬢」とは頭部の左右側面の髪のことをさす。室町時代の貴族の家で、この鬢を整え身支度をする場所を鬢所と呼んでいたことがその語源。また、身支度に適した便利な場所という意味から「便利所・便宜所」が変化したという説もある。いずれの場合でも、現在使用されている「化粧室」に近い丁寧な表現だったことが理解できる。

ピクトグラム[編集]

いずれもアメリカ合衆国運輸省(DOT)規格(英語版)に準拠している。

世界の便所[編集]

インドの便所

便所は多くの国で個室となっているが、中には仕切りのない国もある。また、用を足したあとの始末には便所紙(トイレットペーパー)を用いず水洗する習慣を持つ国もある。そのような便所は、写真のインドやトルコのように、個室内に蛇口がある。水を用いる地域は気温の高い場所であることが多い。世界的に見れば完全に他人の視線を遮断する日本式の公衆便所のほうが例外的でもある。日本人は排泄をする姿を他人に見られることを極度に嫌い、その逆に入浴を見られることは抵抗を感じない国民であると言われている。欧米では完全に密室にすることはむしろ犯罪の温床となると考えられ忌避される。ドアも完全に視線を遮るものではなく、足の部分は外部から見える形式のものが多い。

中国の便所[編集]

北京市内の公共厠所の内部。便器は近代的なステンレス製だが、仕切りがないオープンタイプ。
同じくオープンタイプの公共厠所の内部。奥にひとつだけ洋式便器がある。

中国の便所(厠所もしくは洗手間という)でよく連想されるのが俗に「ニーハオトイレ」と呼ばれる仕切り無しの共同便所である。これは公衆便所と勘違いされるが、純粋な公衆便所は少数で、多くは自宅に便所を持たない住民が共用する便所である。近年は外国人観光客対策や衛生上の問題などから、個室タイプの水洗式便所が推進されてきており、大都市部ではやや少なくなってきたが、地方都市や農村などではまだまだ多く見られる形式である。

大便器(多くは四角い穴か長い溝のみ)の間は一応仕切り板で仕切られていても、仕切りの高さは1mほどの場合が多い。扉は無い場合が多く、あっても仕切りの高さかそれ以下である。また、その仕切りさえ存在しない完全オープンタイプで、四角い穴や長い溝だけが存在するというものも多く、用便中の姿が他の利用者に丸見えである。

しかし、中国では、古来、排泄行為を他国のようにその姿を憚り他人を遮断することはなく、むしろ便所は住民同士が会話を行う一種のコミュニティの場と見なされて来た。特に地方では現在もその習慣が残っているためにこのような便所になったのである。現実に、扉がある便所でも、用便中に扉を閉めない中国人も珍しくない。

そのため、用便中であっても通路を通ったり、前で順番を待つ利用者と、挨拶を交わしたりする。これが外国人から「ニーハオトイレ」と揶揄される理由である。また中国の伝統的な便所は、ほとんどの場合、男女別に区別されており、近年、個室水洗式便所の導入に伴い便所を男女兼用にする傾向に対して違和感を訴える市民も多い。

便器の並び方は、通路を正面に見てしゃがむか、通路を横に見てしゃがむかにより、縦溝式(通路から見た位置でこれを「横型」と言う人もいる/「地球の歩き方84 - 85年版」の解説など)と横溝式(同じくこれを「縦型」という人もいる)に分けられる。縦溝式には水洗式と汲み取り式があるが、汲み取り式の場合は直接便槽に排泄するタイプであり、これは農村の共同便所などでよく見られる。そしてこれらは溜めた屎尿を堆肥として利用することが多い。農業が適さない乾燥地帯などでは、掘られた穴の上に木板などを敷いただけで、一杯になったら穴を隣に掘りなおすといった簡易式のものもある。

横溝式はほとんどが水洗式で、個室に深さ50cm - 60cmの溝があり、その上にまたがって排泄する。排泄物は定期的に流される水によって流され、便槽に落下するしくみとなっている。バケツやレバーを使って、用便のつど流すタイプもあり、利用者か管理人がそれを行う。学校など大がかりな施設でも設置できるのが利点だが、糞便が詰まりやすいとか、他の利用者が排泄した糞尿が真下を通過し、悪臭や水はねが発生するなど問題もある。日本でも簡易水洗式と言って古い公衆便所などで稀に見られるが、日本の場合は、便器は独立しており、汲み取り式の便槽部分が繋がっていて、そこを水で流す方法である。

更に簡易式のものでは便槽というしくみ自体を持たず、共同便所にバケツや桶などを置いているだけというものも見られる。その屎尿は家畜の飼料、堆肥などに利用される。

なお、2006年9月に内蒙古の学校にある溝形式の便所に女子学生2名が転落し死亡する事故が報じられ、旧時代の便所を改修せよとの声が高まっている(新京報Webサイト)。

トルコの便所[編集]

トルコの便所

トルコ式という言葉があることからもわかるように、トルコにおいて大便器は和式便器同様のまたがり式である。ただし日本のものとは異なりいわゆる金隠しがない。また、一部外国人向けのものを除いて、用を足したあとの肛門の洗浄には、便所に備え付けの取手付きの小型のコップ型容器に入った水と左手を用いるため、便所紙(トイレットペーパー)の設置がない。また、便所内には肛門の洗浄及び便器の洗浄に用いる水を供給するために、専用の蛇口とプラスチック製等のコップ型容器が用意されていることが一般的である。

ほとんどの便所は水洗式であるが、一部の便所を除いてフラッシュやタンクなどによる水洗は行わず、肛門を洗浄するためのコップ型容器に水を貯めて便器内に流すことにより便器内の便などを流す。このため排水口の穴や穴の近くに大便を落下させないと、水で流すことが困難になる。また、便所紙(トイレットペーパー)を流すことは出来ないが、トルコ人の多くは紙などで水洗浄後の臀部をふき取ることはしない。これは上達すれば驚くほど少ない水量で洗浄が可能であることによるものであるが、このこともあり個室内に便所紙(トイレットペーパー)などを捨てるためのゴミ箱の設置がないことが多い。外国人などが便所紙(トイレットペーパー)で肛門を拭いた場合は使用後の紙を個室外のゴミ箱に捨てに行くことが必要となる。

肛門を手で洗浄する方法は痔になり難いと言われている。この方式はインドにおいても普及している。肛門を洗う左手は不浄の手と見なされ、食品を扱ったり、握手をしたりすることはない。外国人が宿泊するホテルの客室内の便所は洋式であることが多い。

トルコ人も外国人も宿泊するホテルは客室内の便所は洋式であるが、ロビーなどの便所はトルコ式も併設することが多い。紙で拭くよりも水で洗浄するほうが清潔と考えるトルコ人の中には、客室の便所は専ら小用のみに使用し、大便はロビー等のトルコ式便所を使用することがある。

男性用小便器のほうは、日本や欧米のものと形状はほとんど変わりがないが、設置位置が極めて高いことが多い。背の低い人は背伸びをする必要があるほどで、大きさも少し小さいものが多い。一部の小便器は小児のために低い位置に取り付けらけることもある。これは、高い位置に設置しておくと、利用者が小便器に接近して正確に用を足さないと、自らの衣服を汚す恐れがあるため、結果的に小便器の周辺への小便の垂れなどを防止でき、清掃の回数が減らすことが出来るメリットがある。

トルコにおいては、一般に公衆便所は有料であり、2009年現在のイスタンブルにおける公衆便所使用料金は0.5 - 1トルコリラである。また、地域に限らずジャーミー(camii:モスク)の便所が公衆便所として有料で使用できることが多い。そのため、遠くからでもよく見えるジャーミーのミナレットを目標とすると、多くの場合は付属の公衆便所に到達できる。

これらの便所では、手を拭くための紙が使用後無料で渡されることもある。また、素手で肛門を洗浄することが一般的なために、有料の便所のほぼ全ての手洗い場には石鹸が設置されている。さらにサービスの良い一部の便所ではコロンヤ(kolonya:トルコ式のコロンのこと。レモンの香りのするものが大半で、約80パーセントのアルコールと香料からできており、消毒効果がある。)を手に振りかけてくれる場合もあり、希望した場合のみコロンヤを提供してくれる便所もある。トルコ式便所は、西ヨーロッパでも、田舎等の便所ではよく見られる。

日本においてはこの便器をモチーフにした製品をかつてスターライト販売が生産していた。黒色プラスチック製のたらいに足場を設けたような風貌で、便器全体を洗浄するという非常に画期的な便器であった。かつては国鉄の主要駅や全国の公衆便所でみられたが現存数は少ない。

また、エジプトヨルダンなどアラブ世界や、タイなど東南アジアにおける便所も、上記のトルコの便所とほぼ同様の形態ならびに状況であり、街中の公衆便所は原則として有料である。外国人向けの高級なホテルの内部における便所は、日本の洋式便所とほぼ同様の形態であるが、日本のような温水洗浄便座は高級ホテルにおいてもみられない。

ヨーロッパの便所[編集]

ローマ帝国の滅亡後、インフラの劣化した中世のヨーロッパ都市では、部屋の中の出窓のように拡張された一角で、目隠しのついたてなどした中でおまるを使い、排泄物は、「水!気をつけて」の声を出してから、窓から通りに投げ捨てられた。そのため、路地の汚物で衣裳の裾が汚れないよう、オーバーシューズやハイヒールが発明され、街頭から建物の中に入るのに段差をつけたりといったしきたりが始まったと言われている。

貴族の館、ヴェルサイユ宮殿などでは、便所がなく、広大な庭園のバラ園に限らず、花壇が用足しの場所であったという。貴族の女性の大きなフレアの広がりのあるスカートは、そのまましゃがんで、他人から見られることなく、用を済ませるための工夫でもあったという。「ちょっと花を摘みに」という女性の、用足しの言い訳(雅語)は、ここから由来している。

こうした不衛生きわまる社会的インフラの不幸な結果が、コレラの大流行である。以後、公衆衛生学の発展と共に、こうした実情は徐々に改善されていった。

ヨーロッパでは、幾多の戦乱による被災を免れた築2~3百年の建物(もっと古いものも多い)が現役として使われているが、便所が各家庭に普及したのはほんの百年ぐらい前なので、古い建物の便所は階段の下や物置の一角などの隙間に設置され狭苦しく感じるものも多い。

アメリカの便所[編集]

アメリカの便所

男子小便器は床置き型はほとんどなく、壁掛け型が大多数である。大便器は、個室の扉が小さく、のあたりまでしかないため、足元は完全に外から見える。洗面台には必ずと言っていいほどペーパータオルが備えられている。その反面、ハンドドライヤーはあまり普及しておらず、備えられている所でも自らボタンを押して作動させる所がほとんどである。大規模な便所や公衆便所でも外側出入口に扉がある事が多い。そして、出入口外側には冷水機が備えられている所が非常に多い。日本以外の他国と同様、温水洗浄便座は高級ホテルですら見られない。

日本の便所[編集]

日本の和式水洗便所

日本の便所は大きく分けて3つに分類される。そのうち最も古くからあるものはしゃがんで用を足すもので、和式(わしき)と呼ばれる。第二次世界大戦後には西ヨーロッパから座って用を足す便器洋式(ようしき)と呼ばれている)や男性用小便器が輸入され、一般的になった。

また、これらの便器には、それぞれ水が流れるタイプと流れないタイプがあり、大便器に関しては便器に水が流れるものは水洗式便所、流れないものは落下式便所ボットン便所)と呼ばれる。

特殊な便所[編集]

高山の便所[編集]

富士山などの高い山に設置される便所の場合、物理的に汚物の処理が困難なことから、シーズンが終わると貯留された汚物をそのまま山肌に放流する事が行われた。その結果、悪臭が発生したり、水に溶けないティッシュペーパーで美観を損ねたり、地下水などの汚染の原因となる。ガソリンを掛けて燃やすこともある。高山の場合気温が低く、冬季に完全に生物分解が進まないことが間々ある。富士山が自然遺産として世界遺産への推薦が行われなかったのはこの問題のためといわれている。また、公衆便所を利用しないケースも多く、そのまま山肌に排泄する、いわゆる野外排泄(登山家の間では「キジ撃ちに行く」)が行われることもある。近くの便所まで遠すぎて間に合わないために行われるケースが多いが、山の便所の使用は有料であることが多く、それを逃れるための行為であることも多い。環境への負荷は後者の方が大きく、深刻な問題である。こうした問題は富士山のみならず、屋久島など地域のインフラに比して観光客が過剰に訪れる地域では悩みの種となっている。

2000年から富士山の便所の改善対策が始まった。富士山クラブが、バイオトイレの設置を行ったり、静岡県山梨県管理の公衆便所の改良を行ったり、各山小屋のオーナーが環境問題に取り組むことにより富士山の便所の改良が進み、2006年には全ての場所で、山肌に放流する旧式便所から新しい便所に改善された。富士山の新しい便所は汚物の処理や便所の維持、新しい便所の開発、設置にお金がかかる(有料便所もある)。また、便所の使用方法は普通の便所とは異なるので、説明を読んでから使用する必要がある。

山小屋の項目の中の便所の項も参照のこと。

飛行機の便所[編集]

飛行機の便所は、古くは汚物を空中散布したり[4]、現代の簡易便所のような汚物貯蔵タンクを備えたり(YS-11など)していた。現代では、水洗便所と同様のシステムを用い水を再循環利用するタイプが採用されていたが、水を節約するために飛行機内の与圧と外部との気圧差を利用して汚物を吸引するタイプに置き換わりつつある。 またこの形式の便所のことを真空吸引式便所とよばれる.

列車の便所[編集]

列車内の便所では、新幹線や一部の路線を除き、長い間汚物を線路上に落下させる「垂れ流し式」(便器の穴から線路が見える)であったが、沿線への飛散問題から1990年頃から、貯留式(循環式・真空吸引式など)への改造や古い車両の廃止、新車への取り替えが進められ、2000年以降は垂れ流し式はほとんど姿を消した。しかし、これと引き換えに、一部の地域(特にJR東海JR西日本JR四国の地域)では車両基地での汚物処理体制の問題から、車内の便所設置自体がなくなってしまう路線が発生し、大きな問題となっている。

バスの便所[編集]

夜行高速バス車内の便所の例

バス車内の便所は、導入時期が遅かったことから、当初より貯留式が採用されている。

日本においては、1964年に名神ハイウェイバスに使用される国鉄バス車両のうちの1台に設置されたのが始まりである。その翌年に増備された車両においても採用されたほか、1966年に山陰特急バスを運行する日本交通車両、1969年に東名ハイウェイバスを運行する国鉄バス車両(国鉄専用型式)において全面的に採用された。その後、長らく国鉄バスの東名・名神ハイウェイバスおよび「ドリーム号」と日本交通の「山陰特急バス」の車両のみの設置であったが、1978年に琉球バスが長距離路線車の車内に設置され(後に撤去)、1983年に夜行高速バス「ムーンライト号」の車内へ設置され、その後夜行高速バスでは標準的に設置されることになった。また、昼行高速バスにおいても、中・長距離路線で導入される例が増えている。

バス車内便所は、乗客サービスの向上が目的ではあるが、その一方で、車内に便所と飲料水(コーヒー等のサービス)を設置することで、長距離運行中にサービスエリアなどで休憩をとらず、乗務員の交代などで停車することはあっても、乗客は車外に出さないことを前提として運行し、乗務員の煩わしさ(出発時刻を客に伝える、出発の都度、人数確認をする、サービスエリアにおける車外での客の交通事故への注意等)を軽減するという側面もある。同じ路線であっても、異なるバス車種が運行されるのは珍しいことではなく、あてがわれた車両によって取扱が違うことも珍しくない。また、長距離バスは2社以上でひとつの路線を受け持つ「共同運行」の形態をとることが多いが、こうした場合、どの会社のバスになるかでも、取扱が異なる場合がある。

長距離バスの車内に便所があることは、乗客にとっては一般的には利便の向上であるが、一方で、狭い車内の通路を、通路側の乗客に迷惑をかけながら常に人が行き来するので、夜行バスなどでは安眠の妨げになる場合もある。それくらいなら、特定の集中した時間帯(つまり、サービスエリアなどの停車中)に、「お手洗い休憩ですよ」と案内され、一斉に乗客が動くほうが、結局はゆっくりできるという説もある。おそらくこれは、バス走行中には眠りにおちるが、停車すると不思議と目が覚めるという人が少なくないことにも関係していると思われる。

船舶の便所[編集]

海水が使用されるフェリー内の水洗便所

フェリー等船舶の便所も一部は、そのまま海に流してしまうタイプがあり、その場合は港の異臭、水質汚濁の原因となる。 便器の洗浄水には海水を使用する場合が多い。

便器洗浄に海水を使用する場合、便器は通常の和風便器(和式便器)や洋式便器が使用されるが、フラッシュバルブは海水による腐食対策をした専用の耐海水用フラッシュバルブの設置が必須である。 なお、耐海水用フラッシュバルブは通常の上水用フラッシュバルブとは違い、バキュームブレーカ(逆流防止装置)は付いていないことがある。

携帯便所[編集]

防災用の簡易便所(組み立て式)
「エレベーターチェア」(中に紙なども入ってる)

近年は携帯便所というものも商品化している。仕組みは単純で特殊な加工を施した袋に排泄物凝固用の薬剤を混ぜ、ゴミとして廃棄する。主な用途は自動車利用中における渋滞などの便所対策であり、大抵は小用に用いる。登山、アウトドア用や緊急時用のものもあり、これらは小便のほか大便にも利用できる。近年では一部の登山家によって自主的にこの携帯便所を利用する運動が行われているが、全体から見るとまだまだ普及していないのが現状である。アウトドア用では便器付の大がかりなものや便所用のテントも商品化している。

災害用便所[編集]

近年、防災用品としての必要性へ認識が高まっている。避難所などで便所使用に支障があると、被災者は水分摂取を控える傾向がある。これはエコノミークラス症候群の要因となり、災害そのものを上回る被害を生じかねない。すなわち、飲み水を確保するだけでは不十分で、その排泄先も確保しなければ人命の救助は完成しない。

設備としてはイベント会場で見られる仮設便所や、携帯便所を備蓄する例もあるが、汚物槽を備えず、下水道のマンホールの蓋を開けてその上に設置するマンホールトイレや、便器と周囲の覆いだけの専用タイプもある。

下水道管路に汚物を直接排除する場合、正常に流下させる事を考えておかないと、管路の閉塞によって利用不能となりかねない。 この対策として、避難所が設置される学校のプール水を活用し、汚物を効果的に流下させる設備を用意する例がある[5]

関連項目[編集]

  • マンホールトイレ:災害時トイレのうち、マンホールトイレについての公的資料などをベースとした解説


さまざまな形式がある災害用便所は避難所に設置される場合、水、電気、道路の復旧状況に応じ、洋式・和式、段差の有無、汲取りの必要性などを考慮され選定される[6]

バイオトイレ[編集]

近年ではバイオトイレと呼ばれる新たな仕組みの便所が注目されている。 仕組みは単純で、便槽の中におがくずを詰め込んであり、攪拌することで排泄された糞尿をオガクズの中に住み込んでいる好気性のバクテリアが分解し、最終的には土と水のみが生成されるものである。

清掃方法[編集]

基本的に便所掃除は不快な義務と見なされる傾向があり、罰として強いられるケースが多い。その一方、妊婦が行うと丈夫な、あるいは可愛い子が生まれるといった伝承もある。[要出典]また、便所掃除を毎日行うと金運が上がるという迷信もある。

用具類[編集]

便器の内部は一般的に柄付きたわし便所ブラシ)が用いられる。便器のフチ裏や細かい所はスポンジタワシや古歯ブラシを用いても良い。便器内に洗剤を掛けて磨き上げた後に水で十分に流す。小便器ではトラップや目皿を外して手入れするのが望ましい。

洗剤には便所用洗剤やクレンザー等が用いられる。便所用洗剤には中性、酸性、アルカリ性塩素系のものが有る。安全な中性タイプは一般家庭で広く普及している。酸性タイプのものは塩酸が含まれているものが主流で尿石を溶かす作用があり、塩素系には漂白作用があり強力な業務用のほか、一般家庭でも用いられる。

便器の外側や便座は雑巾で水拭きするが、汚れが落ちず、洗剤や消毒剤を使うときは使用方法に注意すること。掃除用のウェットティッシュも普及している。床は一般家庭の住宅では雑巾掛けが主流だが、公共施設などの便所ではデッキブラシで磨き水洗いし、モップ掛けすることが多く、電動フロアポリッシャーを使用することもある。

その他洗剤にはクレンザー石鹸、食器洗剤や住居用洗剤や重曹などが使われることもある。

注意事項[編集]

塩素系と酸性の洗剤を混ぜると有毒な塩素ガスが発生することと、浄化槽を使用している場合は生物にダメージを与える恐れがあるため、使用量に注意すること。塩素系や酸性の洗剤を用いたり、柄付きたわし以外のもので便器内を磨くときは長袖の衣服、保護眼鏡、ゴム手袋、マスクなど保護具を着用し、換気を十分に行うのが望ましい。

水垢や尿石などの頑固な汚れは紙やすり(耐水ペーパー)等で削ると容易に除去できる。ただし、使い方や便器の色、材質によっては傷になるため、後日かえって汚れが付きやすくなってしまう。清掃業では、衛生陶器表面の釉薬層を傷つけ、色沢を損なうので、紙やすり(耐水ペーパー)、クレンザーを使うことはない。

また、温水洗浄便座や暖房便座は洗剤の成分によっては破損する恐れがある。また、故障や感電の原因になる。

2006年12月15日TBS系列で放送された情報番組「はなまるマーケット」で便器を熱湯で清掃する方法が紹介され、実際に行って便器を破損させる事故が相次いだ。便器は基本的に陶器製であり、急激な冷却や加熱による大きな

エアコンのドレン排水管がタンクに接続された和風便器の例

温度変化に対して非常に弱いので十分注意を要する。

素手で便器内を磨く行為は、手の傷口から排泄物の細菌が入り込み、あるいは作業時に露出した体表部分に付着した細菌やウィルスによる感染症を引き起こすおそれがある。一部には、奉仕活動や道徳教育の一環として、素手で便器を清掃する活動もあるが、基本的には勧められない非衛生的な行為である。 旧日本軍や政治犯収容所では素手で便器を磨かせるという体罰(しごき)が行われていた。

エア・コンディショナー等の空調設備ドレン排水の配管や雨樋の配管を取り廻しの関係で便器洗浄のタンクに接続配管される場合があるが、この場合タンクの水を温水洗浄便座に使用する場合は衛生面でバクテリア雑菌による感染症防止やお尻かぶれを防止するために配管を別系統に分ける必要がある。また和式大便器等の温水洗浄便座を使用しない場合でも空調機器のドレン排水管内や雨樋からのミズゴケ類等の藻類、やバクテリアによるスライム、場合によってはサカマキガイ等の小型貝類やボウフラがタンク内に流れ込みタンク内やタンクからの便器への管路、便器内の管路に苔や錆が付着する事や便器から出てくる事もあり、場合によってはタンク内や管路内で苔、ミズゴケ類等の藻類やサカマキガイ等の小型貝類やボウフラが繁殖する場合もあり、タンク内の機器の作動不良等の故障や管路の詰まりを未然に防ぐ為に定期的にタンク内部の点検し、付着や繁殖している場合は清掃、除去が必要となる。

連立された大便器群

便器からの排水の施工で、特に大便器においては、数基の便器を連立して設置された水洗便器や2階以上に水洗便器を設置する場合、便器の排水能力に悪影響を与えたり、排水管の負圧を防止するため大気を取り入れるよう通気管を設置しなければならない。これは、便器からの排水時にサイホン作用でトラップ破封する恐れがあり、特に連立して設置された水洗便器では洗浄排水時に連立され排水管が繋がっている他の水洗便器にまでサイホン作用が発生しトラップの封水に影響があり、場合によっては破封してしまう恐れがある。、他の便器の洗浄中に静止状態の便器のトラップに溜まった水が、ゆらゆらと動くのは排水管に負圧があるからで、多数の便器を連立させる場合は数か所通気管を設けなければならない。また連立した便器の排水管にはY字状のLT継手で接続することが不可欠でT字状のDT継手で接続すると通気管があっても通気不良や排水不良になるのでDT継手で施工しないよう注意が必要である。


便器製造業[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一例として、国立霞ヶ丘陸上競技場のトラック地下に存在するものが『クイズ雑学王』(2007年9月27日放送分)等で紹介されている。
  2. ^ TOTOホームページ「TOTOきっず」 「女の人も立っておしっこ?男女兼用の小便器“サニスタンド”」
  3. ^ 神社寺院参拝前に手を清める水も「手水」と称する。手水舎を参照。
  4. ^ 高高度であるならば霧状になる。
  5. ^ 神戸市:神戸市 : 震災資料室 災害時の便所機能の確保
  6. ^ 災害トイレ情報ネットワーク NPO法人日本トイレ研究所 Japan Toilet Labo.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]