手摺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
階段に設置されている手摺

手摺(てすり、英語: Handrail)とは、階段、屋上やベランダ、壁面、廊下等に取り付けて人の落下を防いだり行動の補助に使用される状、または横木状のもの。多くは建築物の一部として見られるが、ベッドなどの家具、電車船舶などに取り付けたものも言う。ただし椅子などの肘掛などは普通手すりとは言わない。

欄干(らんかん)、高欄(こうらん)、おばしまとも言い、一般には「手すり」と漢字かな交じりで表記されることが多い[1]。狭義には柵上の欄干などの上に渡した手でつかむ横木(笠木と言う)を指すが、柵状のもの(手すり子と言う)も含めて構造全体をいう場合もあり、木材、竹、金属、石材その他の材料で作られる[2][3]

種類[編集]

使用目的によって補助手すりと墜落防止手すり柵とに分けられ、前者はトイレ風呂場などで手で掴んで行動の補助とするもの、後者は屋上やバルコニーなどからの落下を防止するために膝から胸の高さ程度に作られる柵状のものである。階段に沿って作られるものでは補助手すりと墜落防止手すり柵の両方を兼ねる[3]

日本の建築基準法では階段とその踊り場や、2階以上のバルコニー屋上などに手すりを設置することが義務付けられている。

近年では照明機能や呼び出し機能(補助手すり用)を付加したものもある。

参考画像[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 工藤圭章 「欄干」『日本大百科全集 23』 小学館、1994年1月、第二版第二刷。ISBN 4-09-526123-4
  • 平井聖 「手すり」『日本大百科全集 16』 小学館、1994年1月、第二版第二刷。ISBN 4-09-526116-1
  • 『手すり大全』 日本アーキテクチュア編、日経BP社、2008年10月ISBN 978-4-8222-6658-5

関連項目[編集]