書斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武藤山治邸の書斎(明治時代)

書斎: study, library, den)は、主に読書や書き物をするための部屋空間のことを指す。

概要[編集]

パーソナルコンピュータが置かれた書斎

書斎はを読んだり、書き物をするための専用のスペースのことである。英語では「スタディ」、フランス語では「エチュード」とされ、いずれもラテン語の「ストゥデーレ(集中する・学習する)」が語源である。日本語の「書斎」の「斎」の字は、物忌みや勉強のために一つの場所に「こもる」ことをいう。

書斎には、基本的に椅子、書籍と本棚などが備えられる。インターネットの普及に伴い、パーソナルコンピュータやその周辺機器が置かれることも増えた。

歴史[編集]

15世紀の末に、ヨーロッパの貴族の住居に書斎の原型があらわれはじめた。16世紀には貴族の間で書斎を持つことが広がり、17世紀になると一般市民の住居にもライティング・テーブルなどが備えられるようになった。

日本における独立した書斎は明治時代に各地に建設された西洋館から広まったとされる。時をおかず和風建築にも設けられる例が現れ次第に増えていった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『書斎の文化史』(TBSブリタニカ、1987年)