出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(にわ)は、住宅などの施設の敷地内に設けられた、建造物のない広場である。

植物草花を植えたり、などを配して花壇として住民の安らぎや慰みとして利用されることが多い。住宅敷地の小さな空間に設けられる庭を「坪庭(つぼにわ)」と、またその本格的で規模の大きなものは、「庭園(ていえん)」と呼ばれることもある。現代においては、屋根のある庭、室内庭園、全く植物を用いない庭(平庭)なども、「庭」と称されることもある。

一戸建て住宅の庭は、そのほか荷物収納のための倉庫農家であれば納屋が設けられたり、幼い子どもの遊び場となって、三輪車などが放置されたり、あるいは洗濯物を干すための物干し台が設置されたり、家の中では果たすことの出来ない生活上の様々な用途に活用されている。また年間の様々な行事を執り行うための場所としても大切な役割を担っている。たとえば、新年を迎えるにあたっての準備としての餅つき学校への入学時の家族そろっての記念写真、端午の節句鯉のぼり夏休みのビニールプールでの水浴びなど。また犬小屋、自家用車の駐車場など。

一戸建て住宅の庭は、隣家との間を生垣コンクリートブロックで囲まれて、個人の私有地を形成している。

関連項目[編集]