入学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入学(にゅうがく)とは、学校に入ること。幼稚園に入ることは入園(にゅうえん)という。対義語は退学卒業など。

試験[編集]

大部分の公立小学校中学校には入学試験はないが、私立国立とごく一部の公立の小学校・中学校・中等教育学校には入学試験がある。また国公私立の高等学校大学大学院などにも入学試験がある。ただし通信制の場合は入学試験がない場合も多い。

入学の学齢・種類[編集]

4月1日時点で6歳である日本国籍児童は、就学時健診を受けて異常がなければ小学校に入学する制度になっている(外国籍の学齢児童も就学は可能)。障害があったり、未熟児などで発達度合いが低い場合、特別支援学校に入学したり、就学猶予や就学免除などの制度を受けることになる。義務教育制度のため、建前上は健康な学齢児童は全員が正規の学校に就学するものとされるが、インターナショナル・スクールなどの未認可の学校に入学することや、どの学校にも入学しないことも可能である。ただしこの場合でも学籍が地元学校に存在する場合がある。

入学の時期[編集]

入学は、日本では一般にが咲く4月、春の行事と考えられているが、欧米諸国や中華人民共和国では、入学は一般に9月、秋の行事である。欧米の大学は、夏冬学期制で、春からでも秋からでも始められるのだが、初めの入学は9月というのが一般的である。暖かい時期に試験などが行なわれるため、体調を崩して困るようなことが少ないといわれる。 なお、日本も明治期から大正初期においては、大学は9月入学であった。現在、日本の一部の大学などでは、外国の学校に合わせて中間期に入学が可能な場合もある。現在の4月入学は、師範学校の入学式に合わせたものであり、大学は1921年から4月入学に移行した。

2012年現在、日本に於いても東京大学を中心とした国立大学では、9月入学への移行が議論されている。

その他[編集]

一般的に、入学や卒業の時期(毎年3-4月)は人生の節目になりやすく、学習机などの学習用具の購入や、ランドセル制服の購入などで何かと忙しく出費もかさむ時期であり、これに乗じたビジネスも多い。

裏口入学[編集]

縁故者(または縁故があると名乗る者)の口利きやその者に対して資金提供し、試験の結果を改ざんするなどの方法により不正に試験を通過して入学することを裏口入学(うらぐちにゅうがく)と称することがある。

関連項目[編集]