ロックガーデン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロックガーデン(英語:rock garden)は岩石を配置した庭園であり、通常はそこに植物を配置してある。規模は個人の庭から大規模な公園まである。日本ではロッククライミングの練習場となるような自然の岩石がある場所についてロックガーデンと名付けることがある。

ロックガーデンの別称として岩石園も用いられる。ただし、岩石園という場合は、教育的配慮から各種の岩石、鉱石を展示する場所を示すことも多い[1]

なお、日本の枯山水の石庭は英語では(Japanese) rock gardenと称される。

イギリスのロックガーデン[編集]

イギリスのフレッチャー・モス植物園中のロックガーデン(高山植物を配置)

イギリスにおいては、19世紀後半から庭園の様式としてロックガーデンが流行した。これはアルプス山脈の自然を模し、高山植物を配することが多かった[2]

関連項目[編集]

典拠[編集]

  1. ^ 玉生志郎「地学教育に活かす身近な地形・地層・岩石と地質断面図」
  2. ^ 橘セツ「庭園をめぐるライフヒストリー/ライフジオグラフィー」