彫刻庭園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バスクの彫刻家、エドゥアルド・チリーダの作品を集めた野外美術館 (MUSEO CHILLIDA-LEKU) 。 サン・セバスティアン近郊

彫刻庭園(ちょうこくていえん、sculpture garden)は、彫刻の展示を目的とした屋外の公園庭園ランドスケープがきちんと計画された庭園内に展示される彫刻は、耐久性のある素材で作られた恒久展示を目的としたものが中心である。

彫刻庭園は美術館の周囲に付属している場合もあるが、逆に屋内展示室よりも庭園のほうがメインになっており、庭園自体が美術館となっている場合もある。屋外のさわやかな風景の中を彫刻や木々を見ながら散歩できることから、観光地にある観光目的で作られた施設が多いが、自治体が公園の中に多数のパブリックアートを置き、都市公園が彫刻庭園と化しているものもある。

彫刻庭園は、ある作家一人の作品に絞った庭園から、伝統的な人物像などが中心の公園、大型の抽象作品が中心の庭園などさまざまである。また、彫刻作品を購入したあとで庭園を造ったり、購入した作品を庭園内に配置するのが伝統的なあり方だが、近年では彫刻家に現地を見てもらい、そこに合わせた作品を作ってもらう、サイト・スペシフィックな作品を中心にした庭園も多く登場している。

彫刻庭園の例[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]