高田博厚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高田 博厚(たかた ひろあつ、1900年明治33年)8月19日 - 1987年昭和62年)6月17日))は、日本の彫刻家、文筆家。長くパリに住み、幅広い交友関係を持った。

娘の田村和子は詩人田村隆一の元夫人。

経歴[編集]

石川県鹿島郡矢田郷村(現七尾市岩屋町)に誕生。父安之助と母敏子の間の三男。

1903年(明治36年)、父の弁護士開業で福井市に移り、1907年、同市順化小学校入学。1910年、父没。1913年、県立福井中学(現藤島高等学校)へ進み、美術・文学・哲学に熱中した。

1918年(大正7年)(18歳)、中学を卒業して東京へ移り、年長の高村光太郎岸田劉生岩田豊雄中川一政尾崎喜八高橋元吉片山敏彦岩波茂雄らをつぎつぎに知る。1919年、東京外国語学校イタリア語科に入学、1921年落第、退学。このころ、制作を絵画から彫刻に転じた。1921年、沢田庚子生と結婚。

1922年(22歳)、コンディヴィの『ミケランジェロ伝』の翻訳を、岩波書店より初出版。1925年、山羊を飼いその乳の販売で自活する共産村を、仲間と下高井戸に開き、3年後に解散した。

1928年(昭和3年)、当時非合法の共産党員をかくまい、警察に留置された。このころ、武者小路実篤草野心平谷川徹三古谷綱武中原中也小林秀雄大岡昇平中野重治梅原龍三郎らをも知る。

1931年(31歳)、妻と4人の子を残して渡仏。帰国を控えた片山敏彦に帯同され、ロダンマイヨールブールデルらの作品を詳しく見た。かねてから文通したロマン・ロランに招かれ、滞在中のガンジーをスケッチした。

以降27年近く、おもにパリに暮らし、シニャックアランヴィルドラックデュアメルジュール・ロマンルオージャン・コクトーらと付き合い、その塑像を制作した。かたわら、多くの記事を日本へ送り、生活の助けにした。妻に離別された。

1937年、在欧日本人向けに、謄写版刷りの日刊『日仏通信』を始めた。1938年『パリ日本美術家協会』を設立した。ドイツに占領された1940年、毎日新聞の特派員になった。

1944年(44歳)、パリ解放の直前、駐独大使大島浩の命令で、在仏日本人とともにベルリンへ移され、1945年のドイツ降伏後ソヴィエト軍に保護された。単身パリを目指し、1年半の収容所暮らしを経て、1946年暮に戻った。

1948年から、カンヌ国際映画祭日本代表を10年続けた。1949年、読売新聞嘱託となった。1950年、故国の母、没。

1957年(昭和32年)(57歳)秋、帰国し、東京に住む。以後、新制作協会会員、日本美術家連盟委員、日本ペンクラブ理事、東京芸術大学講師などを勤めた。

1966年(66歳)、鎌倉市稲村ヶ崎に移った。大野常と再婚した。

1967年と1970年、パリを訪れた。

1987年(昭和62年)6月17日、満87歳を目前に没。

作品のおもな展示場[編集]

ウェブ上の作品[編集]

おもな著作[編集]

※近年刊行の新版のみ記す。
小品集のまとめの著作。

出典[編集]

  • 福田真一編:高田博厚年譜(『高田博厚著作集 第4巻』の巻末)
  • 分水嶺:岩波書店 岩波現代文庫(2006)ISBN 9784006030179