室町澄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

室町 澄子(むろまち すみこ、1946年8月13日 - )は、元NHKエグゼクティブアナウンサー

来歴・人物[編集]

茨城県つくば市出身。東京都立一橋高等学校を経て東京女子大学卒業後、1969年入局。以後60歳定年により2006年8月31日で退職し、ラジオセンター嘱託(厳密にはフリーランス)となるまで、ずっと東京アナウンス室とラジオセンターに属した。

朝のニュースショー番組の草分けである『スタジオ102』のアシスタントをはじめ数多くの番組司会を担当。1995年から2006年3月まで『ラジオ深夜便』のアンカーを務め、並行して制作ディレクターも務めていた。

『深夜便』引退後も暫くNHKに嘱託で籍を置いていたが、その後は完全に退き、長野県軽井沢にて和風料理レストランを経営している。市松人形に深い造詣を持っている。なお、2012年3月をもって、軽井沢のレストラン「室町」の料理部門を閉鎖し、生活拠点を千葉県南房総市に移した。夏季のみ、軽井沢の「室町」で、カフェと陶器展示、ホテルを開業するとの告知がされている。

『ラジオ深夜便』[編集]

『ラジオ深夜便』では、月に1回アンカーの企画によるコーナーが設けられているが、室町は「東京ぶらり旅」「ミッドナイトクッキング」の2本立てとした。

東京ぶらり旅」は、室町が子供時代から過ごした東京23区の知られざる場所を、画家兼絵本作家のおのちよと訪ね歩くもの。2人は自分たちのことを“ラジオ深夜便の弥次喜多コンビ”と称し、時に準レギュラーの力も借りながら道中を繰り広げていった。室町が番組を引退するときには、「深夜便の集い」ならぬ「ぶらり旅の集い」のようなイベントまで行われた。

ミッドナイトクッキング」は、室町が料理のレパートリーを広げようと、料理研究家・浜田ひろみのスタジオに録音機を持って行って料理を習うという、一風変わった料理教室のコーナーで、レシピ本も発売された。アンカー引退後もしばらく続けられていた(2006年4月より毎週放送。当初木曜→2007年4月から土曜)。

著書[編集]

  • 室町澄子『心がふっくらとした午後』日本放送出版協会(1990年) ISBN 4140051655
  • 室町澄子、おのちよ『東京ぶらり旅―トラネコ澄ちゃんがゆく』 小学館(2000年) ISBN 4098400596
  • 室町澄子『またたびふたたび東京ぶらり旅―NHKラジオ深夜便』 日本放送出版協会 (2003年) ISBN 4140054174
  • 室町澄子、浜田ひろみ「ラジオ深夜便料理帖」(NHKサービスセンター 全3巻)

外部リンク[編集]