ジャン・クリストフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・クリストフ』(Jean Christophe)は、ロマン・ロランによる長編小説。全10巻からなり、1903年から1912年にかけて、シャルル・ペギーの創刊した雑誌『半月手帖』に発表された。ロランはこの作品によってノーベル文学賞を授与されている。

ベートーヴェンミケランジェロなどの伝記を書いていた著者が、「あらゆる国の悩み、闘い、それに打ち勝つ自由な魂たち」に捧げて執筆した大河小説の先駆けをなすもので、ドイツライン川中流の小都会に生まれた音楽家クリストフを主人公に、3代にわたる100人を超える人物が登場し、当時の西欧社会を描き出そうとした作品。主人公ジャン・クリストフはベートーヴェンをモデルにしていると言われている[1]

あらすじ[編集]

ジャン・クリストフはドイツはライン河のほとりに宮廷音楽家の長男として生を受ける。幼少から音楽の才に恵まれ、怠惰な父の手ほどきを受ける。様々な出会いを経験し、時には極貧にあえぎながら、クリストフは作曲家として大成してゆく。 クリストフはフランスへ出て作曲家として名をなしていくが、音楽界における党派の横行、音楽家と批評家の裏取引といったものにクリストフは厳しい批判を浴びせる。ロラン自身の、党派性や情実に満ちた社会への批判が籠められている。

邦訳[編集]

  • 豊島 与志雄(訳)『ジャン・クリストフ』岩波書店(ISBN 9784002010700)
  • 新庄嘉章(訳)『少年少女世界の文学 ジャン・クリストフ ビュスカンビーユの冒険』河出書房

脚注[編集]

  1. ^ 後藤嘉宏『中井正一のメディア論』学文社(ISBN 9784762013669)

外部リンク[編集]