吉野秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吉野 秀雄
生誕 1902年7月3日
群馬県高崎市
死没 1967年7月13日(満65歳没)
神奈川県鎌倉市
墓地 瑞泉寺
国籍 日本の旗 日本
教育 慶應義塾大学経済学部
著名な実績 和歌
代表作 『寒蝉集』
『やはらかな心』
『吉野秀雄歌集』
『病室の牡丹』
『含紅集』
受賞 読売文学賞(1959年)
迢空賞(1967年)
芸術選奨文部大臣賞(1968年)
この人に影響を
受けた芸術家
良寛

吉野 秀雄(よしの ひでお、1902年明治35年)7月3日 - 1967年昭和42年)7月13日)は、近代日本歌人書家、文人墨客。艸心。多病に苦しみながら独自の詠風で境涯の歌を詠んだ。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

群馬県高崎市に次男として生まれる。家は織物問屋の株式会社吉野藤であった。

1909年(明治42年)身体が病弱であったため富岡上町の祖父母のもとに移り住み、富岡小学校に入学。1915年(大正4年)の4月に高崎商業学校に入学。国文学に親しみ、正岡子規長塚節について学ぶ。1920年(大正9年)に高崎商業学校を卒業後、慶應義塾大学理財科予科に入学し、次いで経済学部に進む。慶大在学中に子規庵を訪ね、遺墨を見て感銘を受けた。しかし、1924年(大正13年)に肺結核を患い喀血して帰郷。失意のうちに大学中退を余儀なくされ[1]、ここから吉野の生涯に渡る種々の疾病との闘いの歴史が始まる。

病床で国文学を独学し正岡子規らアララギ派の作風に強い影響を受ける。この頃より子規の『竹乃里歌』に感応して和歌を学び始め、1925年(大正14年)に會津八一の『南京新唱』に傾倒、同年8月に療養生活のため七里ケ浜の鈴木療養所(現・鈴木病院)に入り、鎌倉市長谷光則寺」の借家に居住。気管支性喘息を患う。1926年(大正15年)に栗林はつと結婚し、第一歌集『天井擬視』(私家版)を刊行。文体の骨格や語彙に万葉集の影響がうかがえる。1927年(昭和2年)に痔を手術したが、秋から冬にかけて呼吸困難となり酸素吸入を行う。

戦前[編集]

1928年(昭和3年)に、詩文雑誌『河』の同人となり歌文・詩文を発表する。同人の中に、難波田龍起高田博厚らがいた。

1929年(昭和4年)に肺炎で一時危篤状態に陥り、夏には妻が男子を出産したがまもなく死去する。この年より旅に出て、茨城県の長塚節の生家や新潟県出雲崎における「良寛百年際式典」に列席し遺跡を巡遊。1931年(昭和6年)に鎌倉に転地する。山内義雄に会い、藤沢在住の松岡静雄に個人教授を受け、民俗学・上代文学・言語学について教えをうける。また、吉野藤の宣伝用月刊誌『吉野藤マンスリー』を編集。

1936年(昭和11年)に第二歌集『苔径集』を河発行所より刊行。この年から毎月「鎌倉短歌会」を開催し、米川稔と協力して『万葉集』を講演する。また、詩経杜詩の講義を聴く。

戦後[編集]

1946年(昭和21年)から鎌倉アカデミアで教え、廃校まで勤めた。そこで学んだ山口瞳は、吉野と終生交流を持ち、没後の1969年に『小説・吉野秀雄先生』を発表した。

戦後はわずかな新聞の原稿料・選歌・講義で辛うじて生活を維持。久米正雄小島政二郎と共に新潟県下に講演旅行に出る。その後、雑誌『創元』の創刊号に「短歌百余章」を発表する。次いで『鹿鳴集歌解』、『寒蝉集』、『早梅集』を刊行して歌壇に地位を確立。戦前から引き続いて鎌倉の文化会のために定期的に『万葉集』を講義し、中村琢二上村占魚松本たかしらの知遇を得て上信越から関西各地へ旅に出て旅記を著す。

他、新潟に砂丘短歌会が結成され、雑誌『砂丘』を創刊。選者を務める。

良寛研究と晩年[編集]

1952年(昭和27年)に朝日新聞社の日本古典全書の一冊として『良寛歌集』を刊行。1957年(昭和32年)に弥生書房より『良寛和尚の人と歌』を刊行。近藤万丈の手記を通して漢詩や万葉集の影響を受けた短歌、良寛の修行ぶり解説[2]

1958年(昭和33年)に『吉野秀雄歌集』(『寒蝉集』、『晴陰集』(新編)を収録)を弥生書房より刊行。八木重吉詩稿『花と空と祈り』を選詩集として刊行。翌年、読売文学賞を受賞。1963年(昭和38年)より毎日新聞に「心のふるさと」を連載開始。1966年(昭和41年)随筆集『やわらかな心』を講談社より刊行。1967年(昭和42年)に第1回迢空賞を受賞。

晩年は病床につき、時に選歌、揮毫を行うが、外出も稀になる。寝こんだり、血をはいたり、糖尿病、リウマチをやったりしている。晩年に訪れた中野重治によると、生涯貧乏であったという[3]。没後に芸術選奨を受賞した。

1967年(昭和42年)に永眠。鎌倉瑞泉寺にて埋葬。法名は艸心堂是観秀雄居士

二人目の妻は、八木重吉の妻だった。次男・吉野壮児は文学者。

歌碑[編集]

  • 吉野秀雄の歌碑は、郷里のものを含めて全国で十基を超えている。
天神島
この島を北限とせる浜木綿の 身を寄せ合ふがごとき茂りよ 草質といへど逞し浜おもと 佐島の磯にいのち根づきし
新潟市
枝堀に もやふ肥船 ほとほとに 朽ちしが上に 柳散るなり
瑞泉寺
死をいとひ生をもおそれ人間のゆれ定まらぬこころ知るのみ
手の平に豆腐をのせていそいそといつもの角を曲がりて帰る
秋篠寺
贅肉なき肉置きの婀娜にみ面もみ腰もただうつつなし
慶應義塾大学
図書館の前に沈丁咲くころは恋も試験も苦しかりにき
良寛堂
掛け網の錘触れ合ふ音すずし良寛堂の裏浜来れば
佐島天満宮
この島を北限とせる浜木綿の 身を寄せ合ふがごとき茂りよ 草質といへど逞し浜おもと 佐島の磯にいのち根づきし
富岡市
製絲場の 枳殻垣に 添小道の 小春日きして 繭乃にほいす
甘楽野を まさに襲わむ 夕立は 妙義の峯に しぶきそめたり (一峯公園山上)
正楽寺
慈母の乳壱百八拾石とかや 愛しきことは世に残りけり

その他[編集]

  • 良寛研究者としても著名で、『良寛歌集』の校註を担当(新版・平凡社東洋文庫)。
    『良寛和尚の人と歌』(弥生書房)と、『良寛 歌と生涯』(新版・アートデイズ)を著した。
  • 良寛研究のほか多数の美術鑑賞や随筆を残し、書家としても知られている。
  • 毎年7月に鎌倉市瑞泉寺で「艸心忌」が開かれている[4]
  • 2002年(平成14年)に行われた生誕100周年記念展をきっかけに高崎市に吉野秀雄顕彰短歌大会実行委員会が発足。毎年大会を開催している。吉野秀雄賞の他、高崎市長賞、高崎市議会議長賞等が入賞される。
  • 昭和の歌壇とはほとんど関わりを持たずにあったが、正岡子規の衣鉢をつぐ歌人の姿を吉野に見て取れると評された[5]
  • 戦中に妻はつ子と死別。2番目の妻のとみ子は八木重吉の元妻である。次男・吉野壮児翻訳家で、森珠樹の筆名を持つ。

著書[編集]

全集[編集]

  1. 短歌作品
  2. 短歌作品.2
  3. 作品論・作家論
  4. 芸術論・古典研究
  5. 随筆・随想
  6. 日記
  7. 日記.2・晴陰雑記
  8. 肖像
  9. 散文拾遺

全歌集[編集]

  • 『定本 吉野秀雄全歌集』 全3巻 弥生書房、1977 
  • 『吉野秀雄全歌集』砂丘短歌会、1991 
    • 『増補改訂版 吉野秀雄全歌集』 宮崎甲子衛編、短歌研究社、2002
著者生誕100年にあたって、既刊の内容の総てを収録。また、新発見作品41首を拾遺追録している。

詩歌集[編集]

  • 『苔径集』河発行所、1936 
  • 『寒蝉集』創元社、1947。短歌新聞社文庫 1993
  • 『早梅集』四季書房、1947 
  • 『吉野秀雄歌集』 弥生書房 1958
  • 『吉野秀雄歌集』 角川文庫 1960
  • 『含紅集』弥生書房、1967 
  • 『山国の海鳴 詩集』 紅書房 1986

評論・随筆など[編集]

  • 『鹿鳴集歌解』 創元社、1947 のち中公文庫 
  • 『短歌とは何か 短歌の作り方と味ひ方』至文堂、1953、のち新版・弥生書房
  • 『良寛和尚の人と歌』弥生書房、1957 のち新版
  • 『やはらかな心』講談社、1966 のち同文庫、同文芸文庫   
  • 『心のふるさと』筑摩書房、1967 新版1981
  • 『吉野秀雄書』 吉野登美子編 木耳社 1971
  • 『良寛 歌と生涯』 筑摩選書、1975、ちくま学芸文庫 1993、アートデイズ 2001
  • 『秋艸道人・会津八一』求龍堂、1980
  • 『現代の随想15 吉野秀雄集』赤松大麓編 弥生書房、1982
  • 『万葉の詩情』弥生書房、1982 新版1994
  • 『あるがままに生きる』弥生書房、1990 
  • 『百日紅の花ゆらぐ 随筆集』砂丘短歌会、1993 

編著[編集]

  • 良寛歌集(校訂)朝日新聞社 1952 日本古典全書 のち平凡社東洋文庫 
  • 會津八一・吉野秀雄往復書簡 會津八一記念館監修 伊狩章,岡村浩,近藤悠子編 二玄社 1997.10

演じた俳優[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1962年から慶應義塾特選塾員として同窓会名簿に名前が掲載されている
  2. ^ 『日本の仏敎, 第12巻』 玉城康四郎 筑摩書房 1967年
  3. ^ 『中野重治全集,第19巻』 559項
  4. ^ 第1回艸心忌は1968年7月6日に開かれ、「死をいとひ生をもおそれ人間のゆれ定まらぬこころ知るのみ」の歌碑の除幕も行われた。艸心忌については、外部リンクの「吉野藤・艸心忌事務局」サイトに「艸心忌-吉野秀雄を偲ぶ文学忌」が紹介されている。
  5. ^ 『国文学解釋と鑑賞』 第51巻 第5~8号

関連文献[編集]

  • 吉野壮児 『歌びとの家』 新潮社、1968年
  • 吉野登美子 『わが胸の底ひに 吉野秀雄の妻として』 弥生書房、1978年
  • 松原信孝 『吉野秀雄私稿』 短歌新聞社、2004年
  • 伊丹末雄 『会津八一と吉野秀雄』 青簡舎、2011年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]