正楽寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
正楽寺
Nikkosan Shorakuji 05.JPG
境内
所在地 岡山県備前市蕃山1305
位置 北緯34度45分38.44秒
東経134度15分22.5秒
山号 日光山
宗派 高野山真言宗
寺格 準別格本山
本尊 十一面観音
創建年 伝・天平勝宝年間(749年 - 756年
開基 伝・報恩大師
中興年 嘉元2年(1304年
中興 信賢
正式名 日光山 千手院 正楽寺
札所等 中国三十三観音3番
百八観音4番
文化財 四座講式(国の重要文化財)
白衣観音図(県重要文化財)
本堂・鐘楼・山門ほか(市有形文化財)
テンプレートを表示

正楽寺(しょうらくじ)は岡山県備前市に所在する高野山真言宗準別格本山の寺。山号は日光山。詳しくは日光山 千手院 正楽寺と号する。本尊は十一面観世音菩薩中国三十三観音霊場第三番札所、百八観音霊場第四番札所。

概要[編集]

寺伝によれば、奈良時代中期の天平勝宝年間(749年 - 756年)に備前四十八ヶ寺の一つとして報恩大師が開いたとされる。その後衰亡し、鎌倉時代末期の嘉元2年(1304年)に大和国般若寺の僧・信賢が再興し伽藍を整備した。この時の寺院名は勝楽寺であったと伝えられている。

江戸時代初期の元和元年(1615年)に火災により伽藍が焼亡した。岡山藩池田家は寺院を庇護し伽藍を江戸中期から後期にかけて再び整備した。池田家歴代の位牌が安置されている。

寺院の近くには藩の学者・熊沢蕃山が逼塞した屋敷跡がある。この地は元来、寺口村と言ったが蕃山隠棲の地に因み蕃山村(しげやまむら)と改称された。

文化財[編集]

重要文化財(国指定)
岡山県指定重要文化財
備前市指定有形文化財

隣の札所[編集]

中国三十三観音霊場
2 餘慶寺 -- 3 正楽寺 -- 特別霊場 誕生寺

参考文献[編集]

  • 『吉備の国寺社巡り 2011年版』 山陽新聞社/発行 2011年
  • 現地説明板