松本たかし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

松本 たかし(まつもと たかし、1906年明治39年)1月5日 - 1956年昭和31年)5月11日)は、日本の俳人。本名は孝と書く。

略歴[編集]

東京市神田猿楽町(現・千代田区猿楽町)の出身。代々江戸幕府所属であった宝生流役者の家に生まれる。父は能楽師の松本長(まつもと ながし)。同じく能楽師の松本惠雄人間国宝)は弟。

錦華小学校卒業後、在宅で漢学国文学を学びながら能の修行に励むも、14歳で肺尖カタルとなる。その後、病身のため能役者を断念[1]

病床を見舞った父が残していった「ホトトギス」を読み俳句に興味を持つ。1922年大正11年)、句作を始め、高浜虚子に師事。1929年(昭和4年)、「ホトトギス」の同人となる。1946年(昭和21年)、「笛」を創刊。

虚子門下では、川端茅舎中村草田男芝不器男に並び称された。平明な言葉で、気品に富む美しい句を残した。句集『石魂』(笛発行所、1953年)にて、1954年(昭和29年)、第5回読売文学賞(詩歌俳句賞)を受賞。

没後、文庫版『松本たかし句集』(角川書店、1956年)、『たかし全集』(全4巻)(笛発行所、1965年)などが刊行されている。

脚注[編集]

  1. ^ 1926年(大正15年)6月、「ホトトギス」に4句入選し、これを契機に能役者になることをほぼ諦める。この頃は、神奈川県鎌倉市浄明寺に住む。

関連項目[編集]