秋篠寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秋篠寺
Akishinodera1.jpg
本堂(国宝)
所在地 奈良県奈良市秋篠町757
位置 北緯34度42分11.38秒
東経135度46分32.32秒
座標: 北緯34度42分11.38秒 東経135度46分32.32秒
山号 なし
宗派 単立
本尊 薬師如来
創建年 奈良時代末期
開基 (伝)善珠光仁天皇勅願
文化財 本堂(国宝)
伎芸天立像・薬師三尊像ほか(重要文化財)
テンプレートを表示
秋篠寺南門
秋篠寺東門

秋篠寺(あきしのでら)は、奈良県奈良市秋篠町にある寺院で勅願寺の一つ。本尊は薬師如来。開基(創立者)は奈良時代法相宗南都六宗の1つ)の僧・善珠とされている。山号はなし。宗派はもと法相宗と真言宗を兼学し、浄土宗に属した時期もあるが、現在は単立である。伎芸天像と国宝の本堂で知られる。奈良市街地の北西、西大寺の北方に位置する。

歴史[編集]

宝亀7年(776年)、光仁天皇勅願により善珠僧正が薬師如来を本尊とする寺を造営したのが始まりとされている(一説には、それ以前に秋篠氏の氏寺がすでに当地に営まれており、光仁天皇が善珠僧正を招いて勅願寺に変えたとも言う)。

宝亀元年(770年称徳天皇の崩御により天武天皇の男系が断絶した。藤原百川左大臣藤原永手らとともに天智天皇の孫である白壁王(光仁天皇)を即位させ、天智天皇皇孫の井上内親王を母とする他戸親王が皇太子に立てられた。しかし 宝亀3年(772年)、皇后が天皇を呪詛したとの嫌疑により廃后され、連座する形で親王もまた廃太子された。宝亀6年4月27日(775年5月30日)、井上内親王・他戸親王母子が幽閉先で急死。一連の事件は、他戸親王に代わって皇太子に立てられた山部親王(のちの桓武天皇)と藤原百川、藤原蔵下麻呂ら藤原式家の陰謀によると言われ、暗殺説も根強い。

宝亀6年(775年)、即位に関わった藤原蔵下麻呂が42歳で没する。さらに翌年にも天変地異が相次ぎ、怨霊を恐れた天皇は秋篠寺建立の勅願を発することとなった。

(日照り、飢饉、異常な風雨、落雷、地震が続いた[1]。宝亀7年5月、朝廷は「大祓」を余儀なくされたが、それでも天変地異は衰えず9月26日には、「瓦や土塊が庁舎や都中のあちこちの屋根に落ち降り積もってくる」という不思議な現象が起こり、二十日余りも続いた。[2]人々は、讒言による死で廃后・廃太子は怨霊となられたのだと恐れ慄き、廃后は龍になって祟っているのだ、という噂まで立った[3]。)


(翌年3月『宮中でしきりに奇怪な事が起こるため』再び「大祓」を行い、僧六百人を招き大般若経を転読させた。宝亀8年9月、ついに内大臣・藤原良継が亡くなった。11月には天皇御自身が、そして12月には皇太子(山部親王、後の桓武天皇)までもが病気になった)。

秋篠寺に関する文献で、『続日本紀』に宝亀11年(780年)、光仁天皇が秋篠寺に食封(じきふ)一百戸を施入した、という記述がある(食封とは、一定地域の戸(世帯)から上がる租庸調を給与や寺院の維持費等として支給するもの)。

その翌年の天応元年(781年)、ついに富士山までもが噴火(富士山の噴火史)し、12月、光仁天皇は崩御されるに至った。勅願から5年後のことである。

日本後紀』には大同元年(806年)、桓武天皇の五七忌(三十五日)が秋篠寺で行われたことが見える。勅願寺であるが故に皇室とも関わりの深い寺院である。

秋篠寺は平安時代後期から寺領を増大させ、南に位置する西大寺との間にはたびたび寺領をめぐる争論があったことが、西大寺側に残る史料からわかる。

保延元年(1135年)には火災により講堂以外の主要伽藍を焼失した。現存する本堂(国宝)は、旧講堂の位置に建つが、創建当時のものではなく、鎌倉時代の再建である。

宗旨は、かつては法相宗と真言宗を兼学し、明治時代以降浄土宗に属した時期もあるが、現在は単立となっている。

境内[編集]

拝観入口は東門になっているが、本来の正門は南門である。南門と本堂の間には、雑木林の中に金堂、東西両塔の跡があり、それぞれ礎石が残っている。

  • 本堂(国宝)
鎌倉時代の建立で、当時の和様仏堂の代表作の1つである。正面5間、側面4間。屋根は寄棟造、本瓦葺き。堂の周囲には縁などを設けず、内部は床を張らずに土間とする。正面の柱間5間は中央3間を格子戸、左右両端の間を連子窓とする。全体に保守的で簡素な構成で、鎌倉時代の再建でありながら奈良時代建築を思わせる様式を示す建物である。和様建築では柱上部の頭貫(かしらぬき)以外には貫を用いず長押を使用するのが原則だが、この建物では内法長押(うちのりなげし)の下に内法貫を使用し、内部の繋虹梁(つなぎこうりょう)も身舎(もや)側では柱に差し込むなどの新技法が使われている[4]。なお、建物内部の柱にも風蝕痕が残ることなどから、建立当初は建物前面の左右5間・奥行1間分を、壁や建具を入れない吹き放しとしていたと推定される。堂内には本尊薬師三尊像(重文)を中心に、十二神将像、地蔵菩薩立像(重文)、帝釈天立像(重文)、伎芸天立像(重文)などを安置する。
  • 香水閣 - 本堂東側、東門近くにある井戸。平安時代の初め、僧常暁が当時の閼伽井の水面に映る大元帥明王像を感得したという故地である。
  • 大元堂 - 本堂西側。秘仏の大元帥明王像を安置する。
  • 八所御霊神社 - 南門の外にあり、早良親王など八柱を祀る。

文化財[編集]

国宝

  • 本堂-既述。

重要文化財

  • 伝・伎芸天立像-像高205.6センチメートル。本堂仏壇の向かって左端に立つ。瞑想的な表情と優雅な身のこなしで多くの人を魅了してきた像である。頭部のみが奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造による補作だが、像全体としては違和感なく調和している。「伎芸天」の彫像の古例は日本では本像以外にほとんどなく、本来の尊名であるかどうかは不明である。秋篠寺には、頭部を奈良時代の脱活乾漆造、体部を鎌倉時代の木造とする像が、本像を含め4体ある。
  • 木造薬師三尊像-本堂の本尊である。中尊の薬師如来が素木仕上げであるのに対し、脇侍の日光・月光(がっこう)菩薩像は彩色仕上げで作風も異なり、本来の一具ではない。中尊薬師如来像は蓮華座ではなく古風な裳懸座に坐す。制作年代については、室町時代頃の復古作とされている。両脇侍像は平安時代後期の作とみられ、像容から、もとは梵天・帝釈天像として造られた可能性がある。
  • 帝釈天立像-頭部は奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造。本堂に安置。
  • 梵天立像-頭部は奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造。奈良国立博物館に寄託。
  • 伝・救脱菩薩立像-頭部は奈良時代の脱活乾漆造、体部は鎌倉時代の木造。奈良国立博物館に寄託。
  • 木造地蔵菩薩立像-平安時代。本堂に安置。(1909年重文指定)
  • 木造地蔵菩薩立像-平安時代。京都国立博物館に寄託。(1906年重文指定)
  • 木造十一面観音立像-平安時代。東京国立博物館に寄託。
  • 脱活乾漆像残欠(乾漆断片8片、心木2躯分)-奈良時代。奈良国立博物館に寄託。
  • 木造大元帥明王立像-鎌倉時代。本堂西側の大元堂に安置。大元帥明王の彫像として稀有の作。6本の手をもち、体じゅうに蛇が巻き付いた忿怒像で、秋篠寺が真言密教寺院であった時代の作である。秘仏で、5月5日の護摩法要と6月6日の結縁開扉の時に開扉されるが、一般の拝観が可能なのは6月6日のみである。

アクセス[編集]

  • 近鉄大和西大寺駅下車。奈良交通バス72号系統押熊行きに乗車の上、「秋篠寺」バス停下車。

脚注[編集]

  1. ^ 『続日本紀』
  2. ^ 「二十日ばかり夜ごと瓦や石、土くれ降りき つとめて見しかば屋の上に降り積もれりき」水鏡
  3. ^ 本朝皇胤紹運録
  4. ^ 「貫」も「長押」も水平材だが、前者は柱を貫通する構造材、後者は柱の外側から打ち付けるものである。「内法」はここでは出入口の上部、襖で言えば鴨居にあたる高さを指す。「繋虹梁」は、ここでは側柱(建物の外周の柱)と、そこから1間内側の柱をつなぐ水平材。

参考文献[編集]

  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』59号(西大寺ほか)、朝日新聞社、1998
  • 橋本聖圓、山岸常人『法華寺と佐保佐紀の寺』(日本の古寺美術17)、保育社、1987

関連項目[編集]