加藤周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

加藤 周一(かとう しゅういち、1919年大正8年)9月19日 - 2008年平成20年)12月5日)は日本の評論家医学博士(専門は内科学血液学)。妻は評論家・翻訳家の矢島翠

上智大学教授イェール大学講師ブラウン大学講師、ベルリン自由大学およびミュンヘン大学客員教授、ブリティッシュ・コロンビア大学教授、立命館大学国際関係学部客員教授、立命館大学国際平和ミュージアム館長などを歴任。哲学者の鶴見俊輔、作家の大江健三郎らと結成した「九条の会」の呼びかけ人。

生涯[編集]

医学から文学へ[編集]

東京府豊多摩郡渋谷町金王町(現在の東京都渋谷区渋谷)出身。父は埼玉県の地主の次男で、渋谷町立常盤松尋常小学校(現・渋谷区立常盤松小学校)から東京府立一中(現・東京都立日比谷高等学校)、旧制第一高等学校理科乙類(現・東京大学教養学部)を経て東京帝国大学医学部に進学。同大学において青山胤通に師事したのち、1943年に東京帝国大学医学部卒業、医院を開業。

その一方で、学生時代から文学に関心を寄せ、在学中に中村真一郎福永武彦らと「マチネ・ポエティク」を結成。その一員として韻律を持った日本語詩を発表し、特に「さくら横ちょう」は、中田喜直別宮貞雄が曲を付けていることで有名になった[1]

小説や文芸評論を執筆するかたわら新定型詩運動を進める。『羊の歌』によれば、1941年12月8日の日米開戦の夜は、文楽を観劇した。肋膜炎のため徴兵猶予となる。

原爆調査団[編集]

日本の敗戦直後、日米「原子爆弾影響合同調査団」の一員として被爆の実態調査のために広島に赴き原爆の被害を実際に見聞している。この終戦前後に、作家の堀辰雄の主治医となっていた。1946年5月30日、最初の結婚をした[2]

フランス留学から評論活動[編集]

1947年、中村真一郎・福永武彦との共著『一九四六・文学的考察』を発表し注目される。また同年、『近代文学』の同人となる。1951年からは医学留学生としてフランスに渡り、パリ大学などで血液学研究に従事する一方、日本の雑誌や新聞に文明批評や文芸評論を発表。帰国後「日本文化の雑種性」などの評論を発表し、1956年にはそれらの成果を『雑種文化』にまとめて刊行した。雑種文化論は、日本文化に対する問題提起として大きな議論を呼び、1958年に医業を廃し、以後評論家として独立した。

加藤は、荒正人らの『近代文学』、つぎに花田清輝らの『綜合文化』、そして中野重治らの『新日本文学』などを拠り所に精力的な文筆活動を展開し、レジスタンス文学に関心を持つ一方で、ポール・ヴァレリーに関して、「私には、その詩人の運命が地上の一帝国の運命よりも重大に思われた」(『現代フランス文学論』)と述べ、その生涯を特徴付ける文芸と政治への関心を披瀝していた。

『世界大百科事典』の編纂[編集]

1960年安保闘争においては、改定反対の立場から積極的に発言した。1960年秋、カナダブリティッシュ・コロンビア大学に招聘され、日本の古典の講義をおこなった。これは1975年に『日本文学史序説』としてまとめられている。以後、国内外の大学で教鞭をとりながら執筆活動を続け、とりわけ『読書術』や『羊の歌』などが話題を呼んだ。また、平凡社の『大百科事典』の林達夫のあとをついで、『大百科事典』をもとにした『世界大百科事典』の編集長をつとめ、その「富岡鉄斎」「日本」「日本文学」「林達夫」「批評」の項目を執筆した。1979年より「朝日新聞」夕刊に「山中人閒話」を連載、1984年に「夕陽妄語」と改題して2008年7月まで連載していた。1988年から1996年の間、東京都立中央図書館長も務めた。

カトリックの洗礼[編集]

2008年12月5日、多臓器不全のため東京都世田谷区病院で死去した(89歳没)[3]。同年夏、加藤は、『旧約聖書略解』『増訂新版 新約聖書略解』を助けにして、ハーパー社から出ている袖珍版聖書を改めて精読し、上野毛教会カトリック洗礼を受けた(洗礼名はルカ[4]雙葉高等女学校出身である母や妹もカトリック教徒であり、1948年に書かれた「ボードレールに関する講義草稿」以来、加藤の「カトリシスムへの関心は並々ならぬものがあり、それは生涯続いてい」[5] たとする海老坂武は、この受洗を岩下壮一吉満義彦らが日本に紹介した新トマス主義への関心からではないかと推測している。また、40年来の親交があった鷲巣力は、「超越的存在としての神」に「ずっと関心を抱いていた」加藤の受洗は意外ではないとしている[6]

語録[編集]

  • 「藝術は天下の大事ではない。しかし天下の大事から、まともな素描一枚出ていないこともまたあきらかである」(「戦争と知識人」1959)
  • 「超越者を媒介することなしに、人間の人間としての平等の原則をうちたてた社会はない」(「親鸞」1960)
  • 「文化的成熟とは、みずからを批判し、みずからを笑うことのできる能力である」(「歴史の見方」1986)
  • 「私は自分自身にも、世間にも、あまり多くを期待しない。けだし失望を避ける唯一の方法は、やたらに高望みしないことだからである」(「夕陽妄語」1997)
  • 「負の面を直視し、その責任をとろうとするのは、『自虐』ではない」(「濃い霧の中から」1998)
  • 「『人生はボードレールの一行にも若かない』かもしれない。しかしボードレール全集もまた、愛する女との一夜に若かないだろう」(「中村真一郎・白井健三郎そして駒場」1998)

加藤周一 語録

受賞歴[編集]

1980年に『日本文学史序説』上・下で大佛次郎賞[7]1993年朝日賞[8]を受け、その長年の文化功労に対して、2000年、フランス政府からレジオンドヌール勲章(オフィシエ賞)を授与される。

著書[編集]

  • 『文学と現実』中央公論社、1948年
  • 『現代フランス文学論 第1』銀杏書房、1948年
  • 『道化師の朝の歌』(小説・戯曲)河出書房、1948年
  • 『ある晴れた日に』(小説)月曜書房、1950年〔のちに岩波現代文庫
  • 『文学とは何か』 角川書店・角川新書、1950年〔のちに1971年 改編新装版 角川選書・角川ソフィア文庫
  • 『抵抗の文学』 岩波新書、1951年
  • 『美しい日本』角川書店、1951年
  • 『現代詩人論』アテネ新書 弘文堂、1951年
  • 『戦後のフランス』未來社、1952年
  • 『ある旅行者の思想』 角川新書、1955年
  • 『運命』(小説)講談社、1956年
  • 『雑種文化―日本の小さな希望』ミリオンブックス 講談社、1956年〔のちに講談社文庫〕
  • 『知られざる日本―町と庭と精神と』現代教養文庫 社会思想研究会出版部、1957年
  • 『政治と文学』 平凡社、1958年
  • 『西洋讃美』社会思想社現代教養文庫、1958年
  • 『神幸祭』(小説)講談社、1959年
  • 『現代ヨーロッパの精神』岩波書店、1959年 〔のちに同時代ライブラリー・岩波現代文庫〕
  • 『ウズベック・クロアチア・ケララ紀行』岩波新書、1959年
  • 『東京日記―外国の友へ』朝日新聞社、1960年
  • 『二つの極の間で』弘文堂、1960年
  • 『頭の回転をよくする読書術』光文社カッパ・ブックス、1962年〔のちに岩波現代文庫〕
  • 『加藤周一世界漫遊記』毎日新聞社、1964年〔のちに講談社学術文庫
  • 『海辺の町にて―仮説と意見』文藝春秋新社、1964年
  • 『三題噺』(小説)筑摩書房、1965年〔のちにちくま文庫〕
  • 『芸術論集』岩波書店、1967年
  • 『羊の歌―わが回想』(自伝)正・続、岩波新書、1968年〔『朝日ジャーナル』に1966年11月から1967年4月まで連載されたものを新書化〕
  • 『言葉と戦車』筑摩書房、1969年
  • 『日本の内と外』文藝春秋、1969年
  • 『詩および詩人』アテネ新書 弘文堂、1971年
  • 『中国往還』中央公論社、1972年
  • 『称心独語』新潮社、1972年
  • 『幻想薔薇都市 まぼろしのまぼろしのまちにて』(小説)新潮社、1973年〔のちに岩波書店〕
  • 『加藤周一詩集』湯川書房、1976年3月〔のちに改編かつ俳句を加えて『薔薇譜』(詩歌集)湯川書房、1976年12月〕
  • 『日本文学史序説』上・下 筑摩書房、1980年〔のちにちくま学芸文庫
  • 『現在のなかの歴史』新潮社、1976年
  • 『言葉と人間』朝日新聞社、1977年〔のちに朝日選書
  • 加藤周一著作集』平凡社、1997年 〔当初15巻別巻1、その後追加9巻で全24巻で、別巻は重版せず〕
  • 『山中人間話』福武書店、1983年〔のちに朝日選書
  • 『夕陽妄語』1-8 朝日新聞社、1984年-2007年
  • 『絵のなかの女たち』南窓社、1985年
  • 『梁塵秘抄』岩波書店、1986年
  • 『富永仲基異聞 消えた版木』かもがわ出版、1998年
  • 『加藤周一講演集』1-4 かもがわ出版、2000年-2009年
  • 『私にとっての20世紀』岩波書店、2000年〔のちに岩波現代文庫〕
  • 『過客問答』かもがわ出版、2001年
  • 『学ぶこと 思うこと』岩波書店・岩波ブックレット、2003年
  • 『小さな花』かもがわ出版、2003年
  • 『講演集III-常識と非常識』かもがわ出版、2003年
  • 『高原好日―20世紀の思い出から』信濃毎日新聞社、2004年 〔のちにちくま文庫〕
  • 『私たちの希望はどこにあるか 今、なすべきこと』かもがわブックレット、2004年
  • 『二十世紀の自画像』ちくま新書、2005年
  • 『吉田松陰と現代』かもがわブックレット、2005年
  • 『「日本文学史序説」補講』 かもがわ出版、2006年〔のちにちくま学芸文庫〕
  • 『日本文化における時間と空間』岩波書店、2007年
  • 『加藤周一戦後を語る 加藤周一講演集』 かもがわ出版、2009年

共著[編集]

  • 『一九四六・文学的考察』中村真一郎福永武彦 真善美社、1947年〔のち冨山房百科文庫、講談社文芸文庫
  • 『日本人の死生観』上下 M・ライシュ、ロバート・J・リフトン 岩波新書、1977年
  • 『中国とつきあう法』桑原武夫 潮出版社、1978年
  • 『戦後の日本 転換期を迎えて 国際シンポジウム』 ロナルド・ドーア 講談社現代新書 1978
  • 『ヨーロッパ・二つの窓 トレドとヴェネツィア』堀田善衛 リブロポート 1986年〔のち朝日文芸文庫〕
  • 『現代韓国事情』小田実、滝沢秀樹 かもがわ出版、1995年
  • 『時代を読む―「民族」「人権」の再考』樋口陽一 小学館、1997年〔のち岩波現代文庫〕
  • 『同時代人丸山眞男を語る』日高六郎 世織書房、1998年
  • 『翻訳と日本の近代』丸山眞男 岩波新書、1998年
  • 『河上肇』井上ひさし杉原四郎一海知義 かもがわ出版、2000年
  • 『二〇世紀から』鶴見俊輔 潮出版社、2001年
  • 『暴力の連鎖を超えて-同時テロ、報復戦争、そして私たち』岩波ブックレット、2002年 共著
  • 『日本その心とかたち』ジブリlibrary /スタジオジブリ徳間書店)、2005年
  • 『漢字・漢語・漢詩―雑談・対談・歓談』一海知義 かもがわ出版、2005年
  • 『ひとりでいいんです─加藤周一の遺した言葉』講談社、2011年

対談集[編集]

  • 『歴史・科学・現代』(対談・鼎談)平凡社、1973年 〔のちにちくま学芸文庫『歴史・科学・現代 加藤周一対談集』〕
  • 『加藤周一と仕事いきいき女たち』平凡社、1986年
  • 『加藤周一対話集』(全6巻) かもがわ出版、2000-2008年

映画[編集]

  • 『しかし それだけではない。加藤周一 幽霊と語る』、2010年、ドキュメンタリー作品出演

翻訳[編集]

  • ジャン・ヴェルコール著『海の沈黙・星への歩み』(岩波書店、1951年)

関連人物[編集]

中村真一郎 福永武彦 渡辺一夫 石川淳
小島信夫 堀田善衛 池田満寿夫 久野収
木下順二 日高六郎 丸山眞男 鶴見俊輔
大江健三郎 小田実 海老坂武 ジャン=ポール・サルトル

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ さくら横ちょう」(別宮貞雄作曲)。
  2. ^ 鷲巣力『加藤周一という生き方』。
  3. ^ 出典:共同通信2008/12/06
  4. ^ 聖書は、NRSV の略称で親しまれている Harper Bibles の一冊(New Revised Standard Version Go-Anywhere Bible, Catholic Edition, HarperOne, 2007)。 cf. 雁屋哲「加藤周一氏の受洗」(2009-06-29)
  5. ^ 『加藤周一 – 二十世紀を問う』、p.48.
  6. ^ 樋口大二「加藤周一評論 2シリーズ完結」、『朝日新聞』2010年9月18日付。
  7. ^ 大佛次郎賞・大佛次郎論壇賞:朝日新聞社インフォメーション
  8. ^ 朝日賞 - 朝日新聞社の賞・コンクール:朝日新聞社インフォメーション

外部リンク[編集]