ロバート・J・リフトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・J・リフトン
人物情報
生誕 1926年5月16日(88歳)
ブルックリン
居住 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国
出身校 コーネル大学
ニューヨーク医科大学
学問
研究機関 ハーバード大学
主な業績 Thought Reform and the Psychology of Totalism
主な受賞歴

Leo J. Ryan Award, 1987

Honorary Doctorate - Stonehill College (2008)
テンプレートを表示

ロバート・J・リフトン(Robert Jay Lifton 1926年5月16日 - )は、アメリカ精神科医ニューヨーク市立大学名誉教授。ハーバード大学医学部精神科講師。コーネル大学で生物学専攻、ニューヨーク医科大学で医学博士号取得。

邦訳[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『日本人の死生観 上・下』(加藤周一、M・ライシュとの共著 矢島翠訳 岩波新書)1977
  • 『アメリカの中のヒロシマ』(G・ミッチェルとの共著 大塚隆訳 岩波書店)1995