ロバート・J・リフトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・J・リフトン
人物情報
生誕 1926年5月16日(87歳)
ブルックリン
居住 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国
出身校 コーネル大学
ニューヨーク医科大学
学問
研究機関 ハーバード大学
主な業績 Thought Reform and the Psychology of Totalism
主な受賞歴

Leo J. Ryan Award, 1987

Honorary Doctorate - Stonehill College (2008)
テンプレートを表示

ロバート・J・リフトン(Robert Jay Lifton 1926年5月16日 - )は、アメリカ精神科医ニューヨーク市立大学名誉教授。ハーバード大学医学部精神科講師。コーネル大学で生物学専攻、ニューヨーク医科大学で医学博士号取得。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『死の内の生命―ヒロシマの生存者』(朝日新聞社
  • 『終りなき現代史の課題―死と不死のシンボル体験-』(誠信書房
  • 『思想改造の心理―中国における洗脳の研究-』(誠信書房
  • 『現代(いま)、死にふれて生きる―精神分析から自己形成パラダイムへ』(有信堂高文社
  • 『ヒロシマを生き抜く―精神史的考察―』(岩波現代文庫
  • 『終末と救済の幻想―オウム真理教とは何か-』(岩波書店

共著[編集]

  • 『日本人の死生観 上・下』(加藤周一、M・ライシュとの共著 岩波新書
  • 『アメリカの中のヒロシマ 上・下』(G・ミッチェルとの共著 岩波書店)