林達夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

林 達夫(はやし たつお、1896年11月20日 - 1984年4月25日)は、日本の思想家評論家。西洋精神史、文化史、文明史にわたる著作が多い。

人物[編集]

東京生まれ。父曾登吉は外交官で、アメリカ・シアトル領事館赴任に伴い2歳から6歳までシアトルで過ごした。1902年に帰国。1904年、父のインド・ボンベイ領事館赴任に伴い福井市の親戚に預けられる。なおボンベイで生まれた弟林三郎は、帝国陸軍軍人となり参謀将校などを務めた。

1908年、両親が帰国、同年福井県立師範学校附属小学校に転入学したときは、外人のような変な子供と見られた事で相当ないじめを受けた。やがて京都市立錦林小学校に転じ、1911年、京都府立第一中学校(現・京都府立洛北高等学校)に進んだが、芝居や音楽に熱中して1916年に入学した第一高等学校第一部丙類を中退。一高時代の同級生に東洋哲学研究で名を成した安岡正篤[1]や作家の芹沢光治良がいる。1919年京都帝国大学文学部哲学科(選科)に入学。西田幾多郎深田康算らに学んだ。専攻は、美学及び美術史。卒業論文は「希臘悲劇の起源」であった。当時からの友人に三木清谷川徹三がいる。

1922年3月の卒業後、24年4月に東洋大学文化科教授[2]に就き、西洋文化史を担当した。津田英学塾(津田塾大学)講師、法政大学予科英語講師(1934年4月から法政大学文学部講師となり、フランス哲学と宗教学)も兼ね、教鞭をとる傍ら1927年夏頃から岩波書店の雑誌『思想』、1928年2月から『世界思潮』の編集にも携わった。なお法政大学での同僚に西洋古典学者の田中美知太郎がいる。1931年、ソヴェート友の会が結成し出版部長となる。1932年、唯物論研究会が結成され、幹事の1人となる[3]

百科全書派」の学者として特に仏語学に秀で、この時期に岩波書店で出版したフランス古典文学研究の訳書の誤訳を、逐一批判し絶版・改訳版刊行に至った事もある[4]

1933年8月、写真家集団日本工房の顧問、1939年4月立教大学文学部講師(アメリカ史)、1938年、昭和研究会内の文化研究会にオブザーヴァーとして参加。1941年、東方社理事となり、1943年3月、東方社理事長となった(雑誌FRONTを参照)。

第二次世界大戦直後に、隣家の邦枝完二や親交のあった長谷川巳之吉らと協力して藤沢市鵠沼在住の文化人から蔵書の提供を受け、貸本屋「湘南文庫」を開設したり、文化人を講師に「鵠沼夏期自由大学」を開催、芥川比呂志らによる演劇公演をするなど、地方文化の振興に尽くした。1945年11月、中央公論社理事および出版局長(のち顧問)。1946年、鎌倉大学校(のち鎌倉アカデミア)に招かれ、文芸学、西洋文化史を教え、文学科長も務めたが4年半後に解散した。「共産主義的人間」(「文藝春秋 1951年4月号」[5]に発表)で、フルシチョフによるスターリン批判(1956年)に先駆け、共産主義批判を行った。

1949年、明治大学文学部講師、1956年、明治大学文学部教授兼大学院文芸科教授。1963年、明治大学文学部教授兼大学院文芸科講師。

1951年4月、平凡社の幹部編集者として、『児童百科事典』・『哲学辞典』の企画編集に携わると共に、1954年、『世界大百科事典』の編集責任者となった。この時期に林の下で働いていたのが後に舞踊批評家になる桜井勤である。1958年に完結すると共に一線を退き、平凡社顧問となった。

1973年、長年にわたる西洋精神史の研究著述などを評価され、朝日文化賞を受賞。「書かざる学者」との異名をとり、大江健三郎山口昌男中村雄二郎高階秀爾などが師事した。

ファーブル『昆虫記』、ヴォルテール『哲学書簡』、アンリ・ベルクソン『笑い』(各岩波文庫)などを訳した。老衰により鵠沼の自宅で病没。

蔵書は明治大学に納められた。1991年に「明治大学図書館所蔵 林達夫文庫目録」が出版された。

家族[編集]

父、曾登吉(帝国大学博言学科卒。在外日本領事館書記官)、母、こいわ。曾登吉のタコマ領事官時代の家として、1903年築のアメリカ・フォースクエア様式の家(20世紀初頭にアメリカで流行った真四角の住宅)がワシントン州タコマ市(819 North J St)に現存する[6](ただし曾登吉は1901年の領事館移転に伴いシアトルに赴任、翌年帰国している[7])。

妻、芳。1922年9月26日、一高の先輩、高瀬弥一の末妹、高瀬芳と結婚し、神奈川県鵠沼(現:藤沢市鵠沼松が岡2丁目)に新居を構えた。芳の長姉照は和辻哲郎夫人である。1923年関東大震災で被災し、しばらくは鵠沼川袋の芳の実家の離れに居住する。1937年鵠沼に古民家を移築・改造した英国農家風の自宅を構え終生在住。庭園造りなどを楽しんだ。

長男林巳奈夫1925年-2006年)は古代中国考古学者で、次男は林杲之介(図書館学1927年 - )である。

実弟林三郎(1904年-1998年)は、帝国陸軍大佐(最終階級)で、対ソ連情報参謀阿南惟幾(終戦時の陸軍大臣秘書官を務めた。岩波新書で「太平洋戦争陸戦概史」(1951年)を、芙蓉書房より「関東軍極東ソ連軍―ある対ソ情報参謀の覚書」、「参謀教育―メッケルと日本陸軍」を出版している。

著作[編集]

  • 文藝復興』(小山書店、1933年、再版1942年)[8]中公文庫で再刊、1981年 
  • ルソー』(岩波書店〈大教育家文庫〉、1936年)、第三文明社〈レグルス文庫〉で再刊、1991年
  • 『思想の運命』(岩波書店、1939年[9]、中公文庫で再刊、1979年
  • 『歴史の暮方』(筑摩書房1946年)、中公文庫で再刊、1974年
  • 共産主義的人間』(月曜書房、1951年)、中公文庫で再刊、1973年
  • 『反語的精神』(筑摩書房〈現代日本評論選第8巻〉、1954年)、上記著作からの選集。
  • 『歴史の暮方 新編 林達夫評論集』(筑摩叢書、1968年)、戦後に著した論考を増補。
  • 『林達夫著作集 全6巻』(平凡社[10]、1971-72年)-毎日出版文化賞特別賞朝日賞受賞
     1.芸術へのチチェローネ、2.精神史への探究、3.無神論としての唯物論
     4.批評の弁証法、5.政治のフォークロア、6.書籍の周囲
  • 『林達夫集』 (筑摩書房〈近代日本思想大系26〉、山口昌男解説[11]、1974年)
  • 『林達夫評論集』 (岩波文庫中川久定編・解説、1982年)
  • 『林達夫セレクション』 (全3巻:平凡社ライブラリー、2000年、鶴見俊輔監修)
    1.反語的精神、2.文芸復興(同巻には「著作集」未収録の文章)、3.精神史
  • 『歴史の暮方 共産主義的人間』 (中公クラシックス、2005年、解説中川久定)
  • 『林達夫芸術論集』 (講談社文芸文庫、高橋英夫編・解説、2009年)

訳書[編集]

山田吉彦と共訳 (新版は単行本が先に刊行、岩波書店、1989-90年)
  • コミュニケーションの歴史』(ホグヘン、共訳、岩波書店)、のち文庫化で「洞窟絵画から連載漫画へ」に改題
  • 『海の抒情』(エドゥアール・ブーバ、平凡社世界写真作家シリーズ)

編著・音声[編集]

  • 平凡社 世界大百科事典(「昆虫記」、「岩波文庫」の項目を執筆)
  • 哲学事典(平凡社、1954年、改訂版1971年、新版1993年)
執筆も担当、ただし末尾に執筆者名の表示はなく、いずれの項目を林が執筆したかは明らかでない。
  • 『林達夫 三つのドン・ファン カセットできく学芸諸家』(岩波書店、1988年11月)
     岩波文化講演会(1973年10月)での録音テープ

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 交流は、回想「一高時代の友だち」(著作集第6巻)や、粕谷一希「知の形態について 安岡正篤と林達夫」、『対比列伝 戦後人物像を再構築する』(新潮社、1982年)に詳しい。
  2. ^ 田之倉稔「林達夫 回想のイタリア旅行」、253ページ
  3. ^ 同会の40人の発起人の1人に名を連ねたが、会の起動前の打ち合わせ会で、会の運営を既存の研究機関の延長に置こうとする戸坂潤らと林・羽仁五郎らが対立。林は幹事職に祭り上げられ、同会の中では中間読物程度の作文しか担当できなくなった。林達夫・久野収共著『思想のドラマトゥルギー』平凡社 1974年
  4. ^ 関根秀雄訳でブリュンチエール『仏蘭西文学史序説』 岩波書店、1926。指摘を受け絶版、改訳され岩波文庫に収録。著書『文藝復興』(小山書店)に収録。
  5. ^ 同誌の池島信平より、強い執筆依頼があった。用紙30枚の依頼のところを50枚書いた。
  6. ^ MINUTES Landmarks Preservation CommissionCity of Tacoma, January 23, 2008
  7. ^ HISTORY OF THE JAPANESE OF TACOMA
  8. ^ 「文藝復興」は、創業まもない1947年に角川書店の〈飛鳥新書〉で再刊された(抄版)。
  9. ^ 『思想の運命』は、角川書店〈哲学選書〉で1948年に再刊
  10. ^ ただし百科事典に執筆した項目、翻訳、初期文章などは未収録。
  11. ^ 山口昌男の林論は詳細な論考で、著書『知の祝祭』(青土社)に収録。