広島市への原子爆弾投下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広島に投下された原爆によって巨大なキノコ雲が生じた(米軍機撮影)。キノコ雲の下に見えるのは広島市街、その左奥は広島湾[1]
爆心地近くの原爆ドームの今の様子
広島赤十字病院前にある原爆の爆風でゆがんだ鉄製の窓枠と建物の一部
爆風で窓ガラスの破片が壁に突き刺さった跡が残る
レストハウス(1945年広島市への原子爆弾投下により被爆。現在爆心地から最も近い現役使用されている被爆建物・2012年11月撮影)
広島原爆の爆心地(当時は島病院)[広島市中区大手町一丁目5番25号]原爆ドームの東側にある島病院の上空約600メートルで原子爆弾が爆発した。

広島市への原子爆弾投下(ひろしましへのげんしばくだんとうか)では、第二次世界大戦太平洋戦争)末期の1945年昭和20年)8月6日午前8時15分[2][注 1]に、アメリカ軍が日本の広島市に対して投下した原子爆弾(以下『原爆』と記す)に関する記述を行う。

これは実戦で使われた世界最初の核兵器である。この一発の兵器により当時の広島市の人口35万人(推定)のうち9万~16万6千人が被爆から2~4カ月以内に死亡したとされる[3]

広島県、広島市などを指す「広島」が「ヒロシマ」と片仮名表記される場合は、広島市への原爆投下の関連での言及が多い。

原爆投下側の視点[編集]

(この節以下では米国の行動に視点を置く)

原爆投下の背景と経緯[編集]

亡命物理学者のレオ・シラードの原爆開発提言などを受け、1942年6月、ルーズベルト大統領の指示でマンハッタン計画が開始された。1944年9月、ルーズベルト大統領とイギリスのチャーチル首相の間でハイドパーク覚書が交わされ、日本に対して原爆を使用することが決定された。1945年4月には第1回目標選定委員会が開催され、原爆投下目標の選定が始まった[4]

原爆投下命令[編集]

1945年7月25日、トルーマン大統領が原爆投下の指令を承認し、ハンディ陸軍参謀総長代理からスパーツ陸軍戦略航空軍司令官(戦略航空隊総指揮官)に原爆投下が指令された。[5][6]

グアム島[編集]

8月2日グアム島の第20航空軍司令部からテニアン島第509混成群団に、次のような野戦命令13号が発令された[7][8]

テニアン島[編集]

8月4日B-29エノラ・ゲイ[注 2]は最後の原爆投下訓練を終了して、マリアナ諸島テニアン島北飛行場[注 3]に帰還した。翌8月5日21時20分、第509混成部隊の観測用B-29が広島上空を飛び、「翌日の広島の天候は良好」とテニアン島に報告した[注 4]

5日、第509混成群団司令部から作戦命令35号が発令された[9]

エノラ・ゲイ乗組員, 左からフィーヤビー・ティベッツ・バンカーク・ルイス

ブリーフィングでポール・ティベッツ陸軍大佐がエノラ・ゲイ(名前の由来になったのは彼の母親の名前)の搭乗員に出撃命令を伝えた。

「今夜の我々の作戦は歴史的なものだ」。

8月6日0時37分、まず気象観測機のB-29が3機離陸した。ストレートフラッシュ号は広島へ、ジャビット3世号は小倉へ、フルハウス号は長崎である。0時51分には予備機のトップ・シークレット号が硫黄島へ向かった。

続いて1時27分、Mk-1核爆弾リトルボーイを搭載したエノラ・ゲイタキシングを開始し、1時45分にA滑走路の端から離陸した。

その離陸2分後の1時47分、原爆の威力の記録を行う科学観測機(グレート・アーティスト号)が、さらに2分後の1時49分には写真撮影機(#91 or ネセサリー・イーブル号)の各1機のB-29も飛び立った。即ちこの日、6機のB-29が原爆投下作戦に参加し、内4機が広島上空へ向かっていたことになる。

テニアン島から広島市までは約7時間の飛行で到達できる。

四国上空[編集]

6時30分、兵器担当兼作戦指揮官ウィリアム・S・パーソンズ海軍大佐、兵器担当補佐モーリス・ジェプソン陸軍中尉、爆撃手トーマス・フィアビー陸軍少佐らが爆弾倉に入り、リトルボーイの起爆装置から緑色の安全プラグを抜き、赤色の点火プラグを装填した。

作業を終えたパーソンズはティベッツ機長に「兵器のアクティブ化完了」と報告し、機長は「了解」と答えた。機長は機内放送で「諸君、我々の運んでいる兵器は世界最初の原子爆弾だ」と、積荷の正体を初めて搭乗員全員に明かした。

この直後、エノラ・ゲイのレーダー迎撃士官ジェイコブ・ビーザー陸軍中尉がレーダースコープに正体不明の輝点を発見した。通信士リチャード・ネルソン陸軍上等兵はこのブリップが敵味方識別装置に応答しないと報告した。エノラ・ゲイは回避行動をとり、高度2,000m前後の低空飛行から急上昇し、7時30分に8,700mまで高度を上げた。

さらに四国上空を通過中に日本軍のレーダー照射を受け、単機の日本軍戦闘機が第一航過で射撃してきたが、被弾はなかった。この日本軍戦闘機(所属不明)はハーフターンして第二航過で射撃を試みたが、射撃位置の占有に失敗した[注 5]。エノラ・ゲイ号は危機を回避し、目的地への飛行を再開した。

広島上空[編集]

投下前
投下前
投下後
投下後
原爆投下前。
投下後。
広島市中央部
同心円の中心が爆心地。すぐ左上に目標の相生橋。画面右上の矩形は広島城
原爆投下前。
投下後。
広島城本丸周辺。中国軍管区司令部は本丸左下の3つ並ぶ建物。本丸中央は旧広島大本営で左上が天守。

7時過ぎ、エノラ・ゲイ号に先行して出発していた気象観測機B-29の1機が広島上空に到達した。クロード・イーザリー少佐のストレートフラッシュ号である。7時15分ごろ、ストレートフラッシュ号はテニアン島の第313航空団に気象報告を送信した。「Y3、Q3、B2、C1」(低い雲は雲量4/10から7/10で小さい、中高度の雲は雲量4/10から7/10で薄い、高い雲は雲量1/10から3/10で薄い、助言:第1目標を爆撃せよ)[注 6]

この気象報告を四国沖上空のエノラ・ゲイ号が傍受し、投下目標が広島に決定された[注 7]。原爆の投下は目視が厳命されており、上空の視界の情報が重要であった。

ストレートフラッシュ号は日本側でも捕捉しており、中国軍管区司令部から7時9分に警戒警報が発令されたが、そのまま広島上空を通過離脱したため、7時31分に解除された。

8時すぎ、B-29少数機(報告では2機であったが、実際には3機)が日本側によって捕捉された。8時13分、中国軍管区司令部は警戒警報の発令を決定したが、各機関への警報伝達は間に合わなかった(当然、ラジオによる警報の放送もなかった)[10]

8時9分、エノラ・ゲイ号は広島市街を目視で確認した。中国軍管区司令部が警報発令の準備をしている間に、エノラ・ゲイ号は広島市上空に到達していた。高度は31,600ft(9,632m)。まず原爆による風圧などの観測用のラジオゾンデを吊るした落下傘を三つ落下させた。青空に目立つこの落下傘は、空を見上げた市民たちに目撃されている。この時の計測用ラジオゾンテを取り付けた落下傘を原爆と誤認したため、「原爆は落下傘に付けられて投下された」という流説があるが誤りである[2][注 8]。一部のラジオゾンデは「不発の原子爆弾がある」という住民の通報により調査に向かった日本軍が鹵獲した[11]。広島県安佐郡亀山村に落下したラジオゾンデは、原爆調査団の一員だった淵田美津雄海軍総隊航空参謀が回収している[12]。また一部の市民は「乗機を撃墜された敵搭乗員が落下傘で脱出した」と思って拍手していたという。

8時12分、エノラ・ゲイが攻撃始点(IP)に到達したことを、航法士カーク陸軍大尉は確認した。機は自動操縦に切り替えられた。爆撃手フィアビー陸軍少佐はノルデン照準器に高度・対地速度・風向・気温・湿度などの入力をし、投下目標(AP)を相生橋に合わせた。相生橋は広島市の中央を流れる太田川が分岐する地点にかけられたT字型の橋である。特異な形状は、上空からでもその特徴がよく判別できるため、目標に選ばれた。

8時15分17秒、原爆リトルボーイが自動投下された。3機のB-29は投下後、熱線や爆風の直撃による墜落を避けるためにバンクして進路を155度急旋回した。再び手動操縦に切り替えたティベッツはB-29を激しい勢いで急降下させ、キャビンは一時無重力状態になった。

リトルボーイは爆弾倉を離れるや横向きにスピンし、ふらふらと落下した。間もなく尾部の安定翼が空気を掴み、放物線を描いて約43秒間落下した後、相生橋よりやや東南の島病院付近高度約600メートルの上空で核分裂爆発を起こした[注 1][注 9]

帰投[編集]

広島投下作戦終了後のテニアン島にて

14時58分、エノラ・ゲイ号は快晴のテニアン島の北飛行場に帰還し、戦略空軍総司令官カール・スパーツ少将から、ティベッツ大佐には栄誉十字章が、他の12人には銀星章が与えられた。その日は夕方から、第509混成部隊の将兵や科学者らによって、深夜まで盛大な祝賀パーティが催された[13]

原爆投下時、撮影機はカラーフィルムで撮影していたが、テニアン島に帰還後、現像に失敗したためにその記録は失われた。そのため、爆発から約3分後にグレート・アーティストに搭乗した科学調査リーダー、ハロルド・アグニューにより8mmカメラによって撮影されたキノコ雲の映像が、世界初の都市への原爆投下をとらえた唯一の映像となっている[14]

原爆被爆側の視点[編集]

(この節以下では被爆地の状況に視点を置く)

1930年頃の広島市地図。中央上に広島城、そこから東に広島駅、その南方に宇品港がある。
1930年頃の広島市地図。中央上に広島城、そこから東に広島駅、その南方に宇品港がある。
元安橋越しに見た広島県商品陳列館(1930年頃)
元安橋越しに見た広島県商品陳列館(1930年頃)
1945年の広島市地図。米軍作成。赤い斜線(濃い赤)の地域が全壊地域、赤い点(薄い赤)の地域が半壊地域である。地図の升目は1000ヤード(914.4メートル)である。
1945年の広島市地図。米軍作成。赤い斜線(濃い赤)の地域が全壊地域、赤い点(薄い赤)の地域が半壊地域である。地図の升目は1000ヤード(914.4メートル)である。
民家が並ぶ被爆前の中島地区(模型)上端中央のT字の橋が相生橋、左右の川にかかる2つの橋は右が元安川・元安橋、左が本川・本川橋。この両橋を通る道は旧西国街道で、街道沿いは江戸時代から栄えていた。
民家が並ぶ被爆前の中島地区(模型)
上端中央のT字の橋が相生橋、左右の川にかかる2つの橋は右が元安川・元安橋、左が本川・本川橋。この両橋を通る道は旧西国街道で、街道沿いは江戸時代から栄えていた。

広島市の略史と被爆直前の状況[編集]

広島市戦国時代の大名毛利輝元により太田川河口三角州城下町として開かれて以来、中国地方の中心であり続けた。江戸時代には浅野藩の城下町として栄え、明治維新後は広島県県庁所在地となり、中国地方の経済的な中心地として発展していた。さらに広島高等師範学校広島女子高等師範学校広島文理科大学広島工業専門学校広島高等学校を有する学都でもあった。

広島には軍都としての側面もあった。日清戦争時には前線に近い広島に大本営広島大本営)が置かれ、また臨時帝国議会第7回帝国議会)も広島で開かれるなど、一時的に首都機能が広島に移転されている。これを契機として、陸軍の施設が広島に多く置かれるようになった。広島城内には陸軍第五師団司令部、広島駅西に第二総軍司令部、その周囲には各部隊駐屯地等が配置された。すなわち当時、爆心地の北側はおよそ陸軍の施設で広く占められており、陸軍敷地南端より約200mに爆心地がある。また宇品港に置かれた陸軍船舶司令部兵站上の重要な拠点であった。

被爆当時の市中人口は約35万人と推定されている。内訳は、(1)居住一般市民約29万人、(2)軍関係約4万人、および(3)市外から所用のため市内に入った者約2万人である。

中島地区[編集]

現在の広島の地図から名前が消えた中島地区(中島本町・材木町・天神町・元柳町・木挽町・中島新町)は、数千人の一般庶民が暮らす街であり、また広島の第一の歓楽街繁華街であった。この地区は爆心地から500メートル以内にあり壊滅、唯一、RC建築の燃料会館(旧大正屋呉服店)だけが耐え残った。

戦後、この地区は広島平和記念公園として整備され、燃料会館は全焼した内部を全面改築して公園のレストハウスとなり現在も残っている。

8月6日の朝[編集]

8月6日は月曜。当時は週末の休みは無く、朝は8時が勤務開始であった。大半の労働者・徴用工・女子挺身隊、および勤労動員された中学上級生(1万数千人)たちは、三菱重工東洋工業を始めとする数十の軍需工場での作業となった。

また建物疎開には、中学下級生(数千人)および一般市民の勤労奉仕隊(母親たち)や病気などの理由により徴兵されなかった男子らが参加した。動員は市内の他、近隣の農村からも行われた。建物疎開とは、空襲による類焼を食い止めるために建物の間引きを行う作業である。建物の破壊は軍が行い、瓦礫の処理を奉仕隊が行った。当然、青空の下での作業である。彼らは原爆の熱線を直接、大量に浴びることになる(後述)。

尋常小学校の上級生児童は昭和20年4月に行われた集団疎開で市を離れていた者が多かったが、下級生児童は市内に留まっていた。児童は各地区の寺子屋学校での修学となっていた。就学以前の幼児は自宅に留まっていた。

8月3日、4日と雨が降ったが、5日以降は高気圧に覆われて天候は回復した。

8月5日は深夜に2回空襲警報が発令され、その度に市民は防空壕に避難したため、寝不足の市民も多かった。この日、市街中心部では米の配給が行われ、市民は久しぶりの米飯の食卓を囲んだ。

8月6日の朝の気温は26.7度、湿度80%、気圧1,018ヘクトパスカルであった。北北東の風約1メートル/秒が吹き、雲量8 - 9であったが、薄雲であり視界は良好だった。7時9分の空襲警報で市民は一旦は防空壕に隠れたものの、7時31分には警報解除されたため、外へ出て一日の活動を開始していた。

原爆投下直後[編集]

被爆後の中島地区(模型)。
被爆後の中島地区(模型)。
河原町付近から東方向を撮影。中央に縦断する道がのちの平和大通り、その道左が中島町、その右が加古町。左上のサインはティベッツのもの。
河原町付近から東方向を撮影。中央に縦断する道がのちの平和大通り、その道左が中島町、その右が加古町。左上のサインはティベッツのもの。
稲荷町付近から西方向を撮影。手前が京橋川、中央やや右の道が相生通り。
稲荷町付近から西方向を撮影。手前が京橋川、中央やや右の道が相生通り
赤十字病院より北西。
赤十字病院より北西。
1946年春三村明が撮影した米軍映画撮影隊による物理的被害状況映像。爆心地周辺。

爆心地[編集]

爆心地である広島市細工町29-2の島病院(現島外科内科)は、産業奨励館の東側にあり、病院南西側の上空約600メートルで炸裂した。爆心地500m圏内では閃光と衝撃波がほとんど同時に襲った。巨大な爆風圧が建築物の大半を一瞬にして破壊、木造建築は全数が全壊した。島病院の建物も完全に吹き飛ばされ、院内にいた約80名の職員と入院患者全員が即死した。鉄筋コンクリート建築である産業奨励館は垂直方向の衝撃波を受けて天蓋部は鉄骨を残して消失、一部の外壁を残して大破したが完全な破壊は免れている。相生橋や元安橋の石の欄干も爆風で飛ばされた。

また強力な熱線により屋外にいた人は、内臓組織に至るまで全身の水分が蒸発・炭化し、遺体が道路などに大量に残された。

この時、付近を兵庫から長崎へ移動中だった第三四三海軍航空隊所属の紫電改が投下に遭遇している。搭乗員の本田稔海軍少尉は広島市の上空に着いた直後に爆風をまともに受けて機体が500mも落下、何とか態勢を立て直せたが、広島市が一瞬で消滅していたと証言している[15]。なお、本田は所属の大村基地に帰投、9日には基地近くの山中で長崎市への原爆投下を目撃する。

爆心地を通過していた路面電車は炎上したまま遺骸を乗せて、慣性力で暫く走り続けた。吊革を手で持った形のままの人や、運転台でマスター・コントローラーを握ったまま死んだ女性運転士[注 10]もいた。

爆心地での生存者は極僅かであるため、詳細な実態報告は少ないが、原子雲と爆風で舞い上げられた大量の粉塵が太陽の光を完全に遮断したため、投下直後は一寸先も見えない闇の世界であったという。その闇の中で、高温に熱せられた木造建築物などの発火が始まった。

この爆心地の生存者で広く知られているのが、広島県燃料配給統制組合に勤めていた野村英三(当時47歳)である。野村は爆発の瞬間に燃料会館(会館は島病院や産業奨励館の直近170mに位置している)の地下室に書類を捜しに入っていて難を逃れた。野村の証言によるとこの燃料会館からの脱出に成功した者は8名いたが、その後の消息は分からなくなったとされる(大量被曝による急性放射線障害で間もなく全員死亡したのではと考えられている)。野村はその後猛烈な火と煙の中、中島町を北進し相生橋を経て西方面の己斐方面へ脱出、その後、高熱・下痢・歯茎からの出血などの放射線の急性症状で生死をさまようが一命を取り留め、爆心地の状況を知るほぼ唯一の生存者として、1982年6月に亡くなるまで貴重な証言を残している[16]

全壊全焼圏内[編集]

爆心地1キロメートル地点から見た爆心点は上空31度、2km地点で17度の角度となる。したがって野外にあっても運良く塀や建物などの遮蔽物の陰にいた者は熱線の直撃は避けられたが、そうでない大多数の者は、熱線を受けた体の部位が一瞬にして重度の火傷を負った。野外で建物疎開作業中の勤労奉仕市民や中学生・女学生らは隠れる間もなく大量の熱線をまともに受けた。勤労奉仕に来ていた生徒が全員死亡した学校も多かった。また彼らは熱線直後の爆風(核反応の熱で急速に膨張した高温高速の空気が作る衝撃波)で数メートルから十数メートル吹き飛ばされ、地面や構造物に強く叩きつけられて昏倒した。さらにこの爆風は屋外の被爆者の衣類を剥ぎ取り、ほとんどは裸となった、そして、爆風は火傷を負った表皮をも皮膚組織から剥ぎ取った。昏倒から覚めた被爆者は自分の腕の皮膚が剥がれて垂れ下がり、のところでようやくつながっていることを知る。背中全体の皮膚がはがれ、腰からぶらさがっている者もいた。強い衝撃で眼球が眼窩から飛び出した者、腸が腹腔から飛び出した者などもいた。

建物の内部にいた者は熱線の直撃からは逃れられたものの、強力な放射線からは逃れられなかった。また次の瞬間に襲った爆風により、爆心地より2キロメートル圏内の木造家屋は一瞬にして倒壊、瓦礫の下に閉じ込められた。自力で脱出した者、もしくは他者に助け出された者の他は、熱線により起こった家屋の火災に巻き込まれて焼死した。火災は同時多発し大火となったため、家屋の下敷きとなっている生存者を知りながらも逃げるしかなかった者も多かった。そして逃れた者の大半も家屋倒壊の際に様々な外傷を受けていた。鉄筋コンクリートの建物内にいた者の多くは、爆風で吹き飛ばされたガラスや建材などの破片が頭や体に突き刺さり、そのままの状態で避難の列に加わった。彼らは水と安全なところを求め、市内を流れるへ避難をはじめた。広島市内の水道は、供給元である牛田水源地(現牛田浄水場)からの給水自体は止まっていなかったが、市中心部では被爆の影響に寄り多数の水道管が破壊されたために行き届かず、水を求める被爆者は次々と川へ飛び込んだ。

火災は市内中心部の半径2キロメートルに集中していた家屋密集地の全域に広がった。大火による大量の熱気は強い上昇気流を生じ、それは周辺部から中心への強風を生み出し、火災旋風を引き起こした。風速は次第に強くなり18メートル/秒に達し、さらに旋風が生じて市北部を吹き荒れた。火災は半径2キロメートル以内の全ての家屋、半径3キロメートル以内の9割の家屋を焼失させた。そのなかで、爆心地から僅か700m付近で脱線し黒焦げ状態で発見された被爆電車広島電鉄650形電車651号車)が、修理改造され今も現役使用されているなど奇跡的に残った物もある。

被爆救護活動[編集]

青文字で示すのが似島(ランドサット衛星写真)。検疫所は東南側の港内付近にあった。

広島市の行政機関(市役所・県庁他)は市の中央に集中し、そこは爆心地の近傍(1,500メートル以内)であったため、家屋は全壊全焼し、職員も多くが死傷し、被災直後は組織的な能力を失った。また広島城周辺に展開していた陸軍第五師団の部隊も同様に機能を喪失した。

市内の爆心地からやや遠方(4キロメートル)にあった宇品港の陸軍船舶司令部隊が被害が軽かったため、この部隊(通称「暁部隊」)が救護活動の中心となった。船舶司令部は直ちに消火艇を派遣して大火災を起こした河岸部の消火活動を始めた。特に河岸部の病院施設は鎮圧まで消火し、そこを救護活動の橋頭堡とした。

陸軍船舶練習部に収容され手当てを受けた被爆者は、初日だけで数千人に及んだ。また原爆の被災者は広島湾に浮かぶ似島似島検疫所にも多く送られている。その数は1万人にのぼったという。この船舶練習部以外にも市内各所に計11か所の救護所が開設された。船舶練習部は野戦病院と改称し、救護所は最大53か所まで増加した。

市内の医療関係者は9割近くが罹災したため、救援に周辺の地域(県外含む)から多くの医療救護班が入った。8月・9月の救護所収容の累計は10万人を超え、外来治療者は20万人を超えた。

原爆による死亡者[編集]

爆心地から500メートル以内での被爆者では、即死および即日死の死亡率が約90パーセントを越え、500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、即死および即日死の死亡率が約60から70パーセントに及んだ。さらに生き残った者も7日目までに約半数が死亡、次の7日間でさらに25パーセントが死亡していった。

11月までの集計では、爆心地から500メートル以内での被爆者は98から99パーセントが死亡し、500メートルから1キロメートル以内での被爆者では、約90パーセントが死亡した。1945年昭和20年)の8月から12月の間の被爆死亡者は、9万人ないし12万人と推定されている。

原爆が投下された際に広島市内には米軍捕虜十数名が収容されていたが全員が被爆死している。この米軍捕虜は7月28日呉軍港空襲を行って戦艦「榛名」に撃墜された米軍爆撃機B-24(タロア号・ロンサムレディ号・その他)の乗組員である。彼らは憲兵隊司令部がある広島市に移送された直後の被爆であった。[注 11]

原爆に対する日米政府の反応と原爆報道[編集]

(この節以下では被爆地の状況に視点を置く)

第一報 8月6日[編集]

中国軍管区司令部跡

8時過ぎ、エノラ・ゲイが広島市街を目視確認する直前、広島県警所轄の甲山監視哨・三次監視哨・松永監視哨らから呉海軍鎮守府に、敵大型機(あるいはB-29)3機が広島市方面に向かうとの電話連絡があり、8時10分頃に警戒警報が発令された。陸軍中国軍管区司令部にも同様の電話連絡があり、8時13分に広島・山口両地区に警戒警報が発令された。続いて海軍の中野探照燈台・板城探照燈台や陸軍の中国軍管区司令部から呉鎮守府に続報があり、呉地区に空襲警報が発令された。高射砲陣地が戦闘配置し、対空戦闘用意の態勢に移行して高度標定機による敵機観測と高射砲弾の信管調定を開始した。また呉鎮守府飛渡瀬砲台では155mm高角砲エノラ・ゲイを有効射程内に捕捉し、射撃命令を待っていた。

中国軍管区司令部の地下壕にある作戦室の指揮連絡室では、隣の作戦室からの伝票「八・一三、広島、山口、ケハ」を受け取り、学徒動員の恵美(旧姓・西田)敏枝が宇品高射砲大隊と吉島飛行場に、荒木(旧姓・板村)克子が四国軍管区司令部(善通寺)に、岡(旧姓・大倉)ヨシエが電話交換機を使って各地の陸軍司令部や報道機関に一斉に電話連絡しようとした瞬間、原爆が炸裂した(中国軍管区司令部からの警戒警報は各方面に伝達されることはなかった)[17]

広島中央放送局の流川演奏所では、古田正信放送員が呉鎮守府が発令した警報のメモを持って第2演奏室(スタジオ)に入った。古田が原放送所(放送休止時間のため停波中)に警報発令の合図を送り、放送所の送信機が始動した直後に原爆が炸裂、演奏所と放送所を結ぶ中継線が断線したため警報は放送されなかった。広島放送局では約40名の職員が犠牲となった[注 12]

広島城内にある中国軍管区司令部の地下壕は半地下式のコンクリート耐爆シェルターであったため、熱線の被害は限定的であったが、小窓から入った衝撃波によって多くの負傷者を出した。荒木と岡は一旦壕の外に脱出したが再び地下壕に戻り、荒木は四国軍管区司令部からの電話連絡を受け、岡は西部軍管区司令部(福岡)と歩兵第41連隊福山連隊)司令部に、広島空襲の第一報を電話で伝えた。

広島中央放送局 原放送所[編集]

上記のごく一部を除いてあらゆる通信が途絶した広島は、被害状況報告や救援要請を行う手段を失った。しかし、広島市郊外にある広島中央放送局原放送所(現在のNHK祇園ラジオ放送所)の主要設備(放送鉄塔を含む)は無事であった[注 13]。原放送所は同盟通信社広島支社の緊急避難先となっていたが、偶然郊外の同僚宅にいて無事だった同盟通信記者の中村敏が避難、11時30分頃(16時の説もある)、同盟通信社岡山支社に「6日午前8時16分頃、敵の大型機1機ないし2機、広島上空に飛来し、特殊爆弾を投下、広島市は全滅した。死者およそ17万人の損害を受けた」との第一報を送った。この第一報は同盟通信岡山支社経由で東京本社に届けられた。また第一報は、当日昼過ぎに大本営にも届けられた。[注 14]。なお広島中央放送局は翌7日朝より原送信所の予備演奏所を使い、生き残った職員によって単独放送を開始、ネット回線が復旧、全国放送まで完全にできるようになったのは8月29日夕方であった。8月15日の玉音放送は、臨時回線によって届けられ、雑音だらけでほとんど聞き取れない状態ではあったが、広島でも放送された[注 15]

大本営発表[編集]

6日8時30分頃、呉鎮守府が大本営海軍部に広島が空襲を受けて壊滅した旨を報告した。続いて10時頃には第2総軍が船舶司令部を通じて大本営陸軍部に報告した。加えて、昼過ぎには同盟通信からも特殊爆弾により広島が全滅したとの報を受けた大本営は、政府首脳にも情報を伝え、午後早くには「広島に原子爆弾が投下された可能性がある」との結論が出された。夕刻には蓮沼蕃侍従武官長が昭和天皇に「広島市が全滅」と上奏した。大本営は翌7日15時30分に報道発表を出した。

大本営発表(昭和二十年八月七日十五時三十分)

一、昨八月六日広島市は敵B29少数機の攻撃により相当の被害を生じたり
二、敵は右攻撃に新型爆弾を使用せるものの如きも詳細目下調査中なり

8月7日、防衛本部は、各警察署へ「八月六日午前八時二十分ごろ、特殊爆弾により広島市は殆んど全滅または全焼し、死傷者九万人に及ぶものと推定せられる」と通報した。 またこの日、高野源進広島県知事は次のように告諭している[18]

「今次ノ災害ハ惨悪極マル空襲ニヨリ吾国民戦意ノ破砕ヲ図ラントスル敵ノ謀略ニ基クモノナリ、広島県民諸君ヨ、被害ハ大ナリト雖モ之戦争ノ常ナリ、断ジテ怯ムコトナク救護復旧ノ措置ハ既ニ着々ト講ゼラレツツアリ、軍モ亦絶大ノ援助ヲ提供セラレツツアリ、速ニ各職場ニ復帰セヨ、戦争ハ一日モ休止スルコトナシ」

米国政府の声明 8月7日[編集]

8月6日深夜(米東部標準時。日本時間7日未明)、アメリカ合衆国ワシントンD.C.ホワイトハウスにてハリー・S・トルーマン米大統領の名前で次のような内容の声明を発表した。

16時間前、アメリカの飛行機が日本軍の最重要陸軍基地・広島に一発の爆弾を投下した。この爆弾の威力はTNT2万トンを上回るものである。これまでの戦争の歴史において使用された最大の爆弾、イギリスのグランドスラム爆弾と比べても、2000倍の破壊力がある。(中略)つまり原子爆弾である。

ポツダムで7月26日に最後通告が出されたのは、日本国民を完全な破壊から救うためであった。日本の指導者たちは、この最後通告を即刻拒否した。もし彼らがアメリカの出している条件を受け入れないならば、これまで地球上に一度も実現したことのないような破壊の雨が降りかかるものと思わねばならない。

強調引用者。

呉鎮守府司令部、同盟通信川越支局(現・川越市立博物館)もこの声明を傍受した。

ラジオによる報道[編集]

8月6日、大阪中央放送局が日本時間21時からの報道の最初に、B29が広島市に侵入し、焼夷弾と爆弾によって攻撃、損害は目下調査中という内容を放送し、アメリカの連邦通信委員会(FCC)内の外国放送諜報局(FBIS)ポートランド受信所で受信された[注 16][19]。また、報道の後半のローカルニュースで、下り大阪からの列車は山陽線の三原で折り返し、三原から海田市までは呉経由などの情報が放送された[20]

新聞による報道[編集]

原爆が投下された8月6日には大本営発表がなされなかったため、新聞各紙の扱いは小さかった。しかし、同じ8月7日付朝日新聞であっても、大阪版は東京版よりも記事が詳細で、「きのふの来襲図」には原爆搭載機の飛行ルートが記されている[21][22][23]

朝日新聞東京版(昭和20年8月7日付)

広島を焼爆

六日七時五十分頃B29二機は広島市に侵入、焼夷弾爆弾をもつて同市附近を攻撃、このため同市附近に若干の被害を蒙つた模様である(大阪)

朝日新聞大阪版(昭和20年8月7日付)

天候回復、敵襲にそなへよ / 西宮、広島暴爆 / 今治、前橋等にも来襲

(広島)六日七時五十分ごろB29二機は四国東南端より北進、香川県西部を経て広島市に侵入、焼夷弾、爆弾をもつて同市附近を攻撃の後反転、八時三十分ごろ同一経路を土佐湾南方に脱去した、このため広島市附近に若干の損害を蒙つた模様である、敵米はわが中小都市、重要工場などの爆撃は夜間を選び、専ら自軍の損害をさける隠密行動をとつていたが昼間、偵察をこととしていた敵がわが方が油断したと思つたか、白昼僅か二機を持つて爆弾、焼夷弾を混投したことは今後十分警戒を要する

8月7日の大本営発表を受け、8月8日には各紙とも広島が「新型爆弾」で攻撃されたことを1面トップで報じた[24]

米軍機によるリーフレット撒布[編集]

広島原爆投下後に撒かれたリーフレット。

また、8月9日から10日朝にかけて、原子爆弾投下に関するリーフレット(AB-11)が大阪、長崎、福岡、東京に投下された。さらに、ソ連参戦を記した新しい内容のリーフレット(AB-12)が10日に熊本、八幡、大牟田、横浜に投下された[25][26]

(AB-11)
即刻都市より退避せよ

日本国民に告ぐ!!

このビラに書いてあることを注意して読みなさい。
米国は今や何人もなし得なかつた極めて強力な爆薬を発明するに至つた。今回発明せられた原子爆弾は只その一箇を以てしても優にあの巨大なB-29二千機が一回に搭載し得た爆弾に匹敵する。この恐るべき事実は諸君がよく考へなければならないことであり我等は誓つてこのことが絶対事実であることを保証するものである。
我等は今や日本々土に対して此の武器を使用し始めた。若し諸君が尚疑があるならばこの原子爆弾が唯一箇広島に投下された際如何なる状態を惹起したか調べて御覧なさい。
この無益な戦争を長引かせてゐる軍事上の凡ゆる原動力を此の爆弾を以て破壊する前に我等は諸君が此の戦争を止めるよう陛下に請願することを望む。
米国大統領は曩に名誉ある降伏に関する十三ヶ条の概略を諸君に述べた。この条項を承認しより良い平和を愛好する新日本の建設を開始するよう我等は慫慂するものである。諸君は直ちに武力抵抗を中止すべく措置を講ぜねばならぬ。
然らざれば我等は断乎この爆弾並びに其の他凡ゆる優秀なる武器を使用し戦争を迅速且強力に終結せしめるであらう。

“即刻都市より退避せよ”

(AB-12)
日本国民に告ぐ!!

“即刻都市より退避せよ”

このビラに書いてあることは最も大切なことでありますから良く注意して読んで下さい。
日本国民諸君は今や重大なる秋に直面してしまつたのである。
軍部首脳部の連中が三国共同宣言の十三ヶ条よりなる寛大なる条項を以て此の無益な戦争を止めるべく機会を与へられたのであるが軍部は是を無視した。
そのためにソ聯は日本に対して宣戦を布告したのである。
亦米国は今や何人もなし得なかつた恐しい原子爆弾を発明し之を使用するに至つた。之原子爆弾はたゞ一箇だけであの巨大なB-29二千機が一回に投下する爆弾に匹敵する。この恐るべき事実は諸君が広島に唯一箇だけ投下された際、如何なる状態を惹起したかはそれを見れば判るはずである。
此の無益な戦争を長引かせてゐる軍事上の凡てを此の恐るべき原子爆弾を以て破壊する。米国は此の原子爆弾が多く使用されないうち諸君が此の戦争を止めるよう天皇陛下に請願される事を望むものである。米国大統領は曩に諸君に対して述べた十三ヶ条よりなる寛大なる条項を速やかに承諾し、より良い平和を愛好する新日本の建設をなすよう米国は慫慂するものである。随つて日本国民諸君は直ちに武力抵抗を中止すべきである。
然らざれば米国は断乎この原子爆弾並に、其他凡ゆる優秀なる武器を使用しこの戦争を迅速且強制的に終結せしむるであらう。

“即刻都市より退避せよ”

調査 8月6日 - 10日[編集]

火勢がやや収まってきた6日17時30分、呉鎮守府呉工廠調査班が入市調査を開始し、翌7日までには熱線や爆風による被害及び正確な爆心地を解析し、8日には大本営海軍部調査団と合同で「8月6日廣島空襲被害状況報告書」にて原爆の空中爆発による攻撃であると断定した。また同日、帝国陸軍参謀本部第二部長の有末精三中将を団長とした大本営調査団[注 17]9名が、陸軍軍医学校の教官を中心とする陸軍省広島災害調査班と共に空路現地入りした。

9日、陸軍省広島災害調査班が日本赤十字広島赤十字病院の地下室でレントゲンフィルムが全て感光していることを確認、直ちに陸軍軍医学校に放射線専門家の派遣を要請している。これを受けた陸軍軍医学校は、陸軍軍医学校レントゲン教官である御園生圭輔軍医及び理化学研究所の研究者玉木英彦研究員・村地孝一研究員・木村一治研究員らを派遣して残留放射能測定や被爆者の血液検査などを行った。この結果、土壌中からストロンチウム92やセシウム137が大量に検出され、白血球の減少している被爆者が多いことがわかった。後に遺体病理解剖にて被爆者を蝕んだ放射線はα線γ線β線中性子線であることが判明した。

10日10時、広島陸軍補給廠にて第2総軍や陸軍船舶練習部及び海軍呉鎮守府等の軍関係者や目撃者を交えた陸海軍合同検討会を開催した結果は、

八月六日広島空襲ニ対スル研究会議事概要
二〇.八.一〇 呉工廠

一、日時、場所 八月十日 於広島陸軍補給廠

四、判決
(イ) 弾種、通常ノ爆薬又ハ焼夷剤ニアラズ 原子爆弾又ハ威力之ト同等ノ特殊爆弾ナルモノト認ム
(ロ) 爆発位置 護国神社南方三〇〇米、高度五五〇米
(ハ) 爆圧、爆心地上ニ於テ六粁/平方糎程度ト推定スルモ 尚検討ヲ要ス
(ニ) 火傷原因 光線ノ影響ナルモ尚β線及X線ノ影響アルベシ、光線ノ持続時間ハ瞬間ニ非ザルモノノ如シ
(ホ) 火災ノ原因 熱線ニ依リ引火シ易キ物質(藁、黒幕等)発火シ火災ノ原因トナルコトアリ
(ヘ) 投弾法 必シモ落下傘ヲ伴ハズ

五、対策
(イ) 一般ニ達スベキモノ
 (一) 警戒警報中ト雖モ敵機上空ニ近接ヲ知ラバ掩蓋アル屋外防空壕ニ退避スベシ
 (二) 間ニ合ハザルモノハ遮蔽下ニ低キ姿勢トナルベシ、閃光後直チニ空地ニ飛ビ出スベシ
 (三) 服装ハ露出部ヲナクシ、厚着ヲナシ白色ノ下着ヲ着スベシ
 (四) 火傷薬ヲ所持セヨ
 (五) 硝子窓ハ負傷ノ原因トナルヲ以テ撤去シ、日本建築等ハ半地下式ニ改造スルヲ可トス
(ロ) 軍関係対策
 (一) 投下機ノ外観ノ特異点ハ不明ナリ。投下時急旋回セリ
 (二) 基地飛行機は有蓋掩体若ハ地下ニ格納スベシ

以上を直ちに政府に報告した。

日本政府の抗議声明[編集]

日本政府は8月10日、スイス政府を通じて下記のような抗議文を米国政府に提出した[27][28]

本月六日米国航空機は広島市の市街地区に対し新型爆弾を投下し瞬時にして多数の市民を殺傷し同市の大半を潰滅せしめたり広島市は何ら特殊の軍事的防備乃至施設を施し居らざる普通の一地方都市にして同市全体として一つの軍事目標たるの性質を有するものに非らず、

本件爆撃に関する声明において米国大統領「トルーマン」はわれらは船渠工場および交通施設を破壊すべしと言ひをるも、本件爆弾は落下傘を付して投下せられ空中において炸裂し極めて広き範囲に破壊的効力を及ぼすものなるを以つてこれによる攻撃の効果を右の如き特定目標に限定することは技術的に全然不可能なこと明瞭にして右の如き本件爆弾の性能については米国側においてもすでに承知してをるところなり、

また実際の被害状況に徴するも被害地域は広範囲にわたり右地域内にあるものは交戦者、非交戦者の別なく、また男女老幼を問はず、すべて爆風および輻射熱により無差別に殺傷せられその被害範囲の一般的にして、かつ甚大なるのみならず、個々の傷害状況より見るも未だ見ざる惨虐なるものと言ふべきなり、

抑々交戦者は害敵手段の選択につき無制限の権利を有するものに非ざること及び不必要の苦痛を与ふべき兵器、投射物其他の物質を使用すべからざることは戦時国際法の根本原則にして、それぞれ陸戦の法規慣例に関する条約附属書、陸戦の法規慣例に関する規則第二十二条、及び第二十三條(ホ)号に明定せらるるところなり[29]

米国政府は今次世界の戦乱勃発以来再三にわたり毒ガス乃至その他の非人道的戦争方法の使用は文明社会の与論により不法とせられをれりとし、相手国側において、まづこれを使用せざる限り、これを使用することなかるべき旨声明したるが、米国が今回使用したる本件爆弾は、その性能の無差別かつ惨虐性において従来かかる性能を有するが故に使用を禁止せられをる毒ガスその他の兵器を遙かに凌駕しをれり、

米国は国際法および人道の根本原則を無視して、すでに広範囲にわたり帝国の諸都市に対して無差別爆撃を実施し来り多数の老幼婦女子を殺傷し神社仏閣学校病院一般民家などを倒壊または焼失せしめたり、

而していまや新奇にして、かつ従来のいかなる兵器、投射物にも比し得ざる無差別性惨虐性を有する本件爆弾を使用せるは人類文化に対する新たなる罪悪なり帝国政府はここに自からの名において、かつまた全人類および文明の名において米国政府を糾弾すると共に即時かかる非人道的兵器の使用を放棄すべきことを厳重に要求す

原爆被害報道の本格化[編集]

広島や長崎を襲った爆弾の正体が原爆であると確認した軍部は、緘口令を諦めて報道統制を解除。11日から12日にかけて新聞各紙は広島に特派員を派遣し、広島を全滅させた新型爆弾の正体が原爆であると読者に明かした上、被爆地の写真入りで被害状況を詳細に報道した。科学雑誌などで近未来の架空兵器と紹介されていた原爆が開発され、日本が戦略核攻撃を受けた事を国民はここに初めて知ったのである[注 18]

この原爆報道により、新潟県は8月11日に新潟市民に対して「原爆疎開」命令を出し、大半の市民が新潟市から脱出した。これは新潟市も原爆投下の目標リストに入っているらしいという情報が流れたからである。原爆疎開が行われた都市は新潟市のみであった。また東京でも、単機で偵察侵入してきたB-29を「原爆搭載機」、稲光を「原爆の閃光」と誤認する一幕もあった。

広島原爆の破壊力と被害[編集]

この節では広島に落とされた原爆の破壊力に関する科学的な記述をする。

赤は全焼区域
1946年春ごろの広島市。三村明が参加した米軍映画撮影隊による映像。
爆心地から250mにあった広島瓦斯本社ビル跡。
爆心地から250mにあった広島瓦斯本社ビル跡。
熱線により影が焼き付いた跡(広島瓦斯ガスタンク)
熱線により影が焼き付いた跡(広島瓦斯ガスタンク)
レントゲンフィルムの感光のことも書かれている広島赤十字・原爆病院の原爆被災の解説。
レントゲンフィルムの感光のことも書かれている広島赤十字・原爆病院の原爆被災の解説。
当時広島消防局が所有していた唯一のはしご車の残骸。
当時広島消防局が所有していた唯一のはしご車の残骸。
被爆電車(広島電鉄650形電車)。

広島原爆の破壊力[編集]

広島原爆には約50キログラムのウラン235が使用されており、このうち核分裂を起こしたのは1キログラム程度と推定されている。

広島原爆はウラニウム型原爆であり、計算上得られる一定量以上のウラン235を「寄せ集める」だけで臨界核爆発を起こす。従って分割したウラン235の塊を合わせるだけの簡単な構造のものでも、爆発そのものはほぼ確実であることから、長崎原爆(プルトニウム型原爆)とは異なり、事前の核実験(爆発実験)による検証はなされず、設計図通りに作られたものがそのまま広島に投下され、後に広島の被災実態から詳細な計算がなされた。

1キログラムのウラン235の核分裂によって0.68グラムの質量欠損が生じ、アインシュタイン特殊相対性理論が示す「質量とエネルギーの等価性 E=mc^{2} 」によってエネルギーに変換される。

爆発で放出されたエネルギーは約63兆ジュール(62.8 TJ [テラジュール]、6.28×10^{13}[J])、TNT火薬換算で1万5千トン(15キロトン)相当に及んだ。エネルギーは爆風(衝撃波爆音)・熱線・放射線となって放出され、それぞれの割合は50パーセント・35パーセント・15パーセントであった。

爆風[編集]

爆発の瞬間における爆発点の気圧は数十万気圧に達し、これが爆風を発生させた。

爆心地における爆風速は440m/s以上と推定されている。これは音速349m/s[注 19]を超える爆風であり、前面に衝撃波を伴いながら爆心地の一般家屋のほとんどを破壊した。

比較するとこの風速は、強い台風の中心風速の10倍である。そして、爆風のエネルギーは風速の3乗に比例する[注 20]。すなわち、原爆の爆風はエネルギー比では台風の暴風エネルギーの1,000倍であった。

また、爆心地における爆風圧は350万パスカルに達した(1平方メートルあたりの加重が35トンとなる)。半径1キロメートル圏でも100万パスカルである。丈夫な鉄筋コンクリート建築以外の建造物は、爆風圧に耐え切れずに全壊した。半径2キロメートル圏で30万パスカルとなり、この圏内の木造家屋は全壊した(漫画『はだしのゲン』のアニメ版ではその様子が描かれており、広島城の天守閣が衝撃波によって爆風の引き起こしたあまりの荷重に耐えられずに崩壊するほか、爆風でレンガ造りの建物の一部が吹き飛ぶなどの様子が映像化されている)。

熱線[編集]

核分裂で出現した火球の表面温度は数万度に達した。

火球から放出された熱線エネルギーは22兆ジュール(5.3兆カロリー)である。熱線は赤外線として、爆発後約3秒間に一挙に放出された。地表に作用した熱線のエネルギー量は距離の2乗に反比例する。地表で受けたエネルギーは、爆心地では平方センチあたり100カロリー、500メートル圏で56カロリー、1キロメートル圏で23カロリーであった。

比較すると、爆心地の地表が受けた熱線は通常の太陽の照射エネルギーの数千倍に相当する。

このような極めて大量の熱量が短期間に照射される特徴から、熱が拡散されず、照射を受けた表面は直ちに高温となった。爆心地付近の地表温度は3,000 - 6,000℃に達し、屋根瓦は表面が溶けて泡立ち、また表面が高温となった木造家屋は自然発火した。

放射線[編集]

核分裂反応により大量のアルファ線ベータ線ガンマ線中性子線が生成され、地表には透過力の強いガンマ線と中性子線が到達した。地表では中性子線により物質が放射化され、誘導放射能が生成された。

爆心地の地表に到達した放射線は、1平方センチあたり高速中性子が1兆2千億個、熱中性子が9兆個と推定されている。

原爆投下後、広島赤十字病院の地下に残っていた未使用のレントゲンフィルムが放射線によって全て感光していたため、広島へ落とされた新型の爆弾は原爆と決定付けるものとなった。

黒い雨・二次被爆[編集]

原爆の炸裂の高熱により巨大なキノコ雲(原子雲)が生じた。これは爆発による高熱で発生した上昇気流によって巻き上げられた地上の粉塵が上空で拡散したため、特徴的なキノコ形になったものとされる。キノコ雲の到達高度は従来約8000メートルだとされてきたが、米軍機が撮影した写真を基に測定したところ、実に二倍の約16000メートルに達していたことが判明した[30]

低高度爆発であったためにキノコ雲は地表に接し、爆心地に強烈な誘導放射能をもたらした。熱気は上空で冷やされとなった。この雨は大量の粉塵・煙を含んでおり、粘り気のある真っ黒な大粒の雨であった。この雨を黒い雨という。この雨は放射性降下物を含んでいたため、雨を浴びた者を被曝させ、土壌や建築物及び河川などを放射能で汚染した。

当日、広島市上空には南東の風が吹いていたため、キノコ雲は徐々に北北西へ移動しやがて崩壊、日本海方面へ流れていった。このため市北西部の南北19キロメートル×東西11キロメートルの楕円形の領域において黒い雨が1時間以上強く降り、この雨に直接当たる、あるいはこの雨に当たったものに触れた者は被曝した。戦後の調査研究で、黒い雨の他、広範囲に放射性の黒い灰状の粉塵が6日15時頃まで降り、郊外にまで広範に放射能汚染をもたらしていたことが判明している。

なお、放射性核分裂生成物、核爆発時に生じた大量の中性子線による誘導放射能などにより被曝した者を「二次被爆者」という。上述、郊外の黒い雨による放射線被曝者も二次被爆者になる。

原爆投下後、被爆者の救援活動などのため、広島市外より広島市に入市し、誘導放射能などにより被曝した者を「入市被ばく者」という。規定では、原爆投下後2週間以内に爆心より約2キロ以内の区域に立ち入った者が入市被ばく者とされている。原爆投下当日、爆心地へ入り数時間滞在した者は約0.2シーベルト、翌日に入った者は約0.1シーベルトの被曝をした。

その他、被災地域より避難してきた被爆者の放射能汚染された衣類や頭髪に触れて被曝した者も多くいた。当時は放射能や放射線の性質、その危険性を知る者が、物理学者やごく一部の軍関係者、医療関係者程度であったことが影響した。


人体への影響[編集]

(この節以下では広島に落とされた原爆の人的被害に関する科学的な記述をする)

短期的影響[編集]

熱傷[編集]

原爆の熱線には強烈な赤外線紫外線放射線が含まれており、約600メートル離れたところでも(瓦の表面が溶けて泡状になるという現象から)2,000度以上に達したと見られる。爆心地から1キロメートル以内では5度の重い熱傷を生じ表皮は炭化し、皮膚は剥がれて垂れ下がった。熱線による被害は3.5キロメートルの距離にまで及んだ。また熱線にて発火した家屋の火災による第2次熱傷を受けた者もいた。爆心地から1キロメートル以内で屋外被爆した者は重い熱傷のため、7日間で90パーセント以上が死亡している。爆心から20キロメートル離れた呉の海軍基地や可部地区や大野地区では、戸外に出ていた人は熱傷を負わずとも、「熱い」と感じている。

外傷[編集]

原爆の爆風により破壊された建物のガラスや建材などが散弾状となり全身に突き刺さって重傷を負う者が多数出た。戦後何十年も経過した後に体内からこのときのガラス片が見つかるといった例もあった。
爆風により人間自体が吹き飛ばされて構造物などに叩きつけられ全身的な打撲傷を負ったり、体への強い衝撃により眼球や内臓が体外に飛び出すといった状態を呈した者もいた。
このような全身的な被害をうけた者は大半が死亡した。

放射能症[編集]

爆心地における放射線量は、103シーベルト(ガンマ線)、141シーベルト(中性子線)、また爆心地500メートル地点では、28シーベルト(ガンマ線)、31.5シーベルト(中性子線)と推定されている。すなわち、この圏内の被爆者は致死量の放射線を浴びており、即死(即日死)ないしは1カ月以内に大半が死亡した。また爆心地5キロメートル以内で放射線を浴びた被爆者は急性放射線症を発症した。(参照:人体に対する放射線の影響

急性放射線症では、細胞分裂の周期が短い細胞よりなる造血組織生殖組織腸管組織が傷害を受けやすい。

症状は、悪心・嘔吐・食思不振・下痢発熱から始まる。さらに被爆から2週間後ごろに放射能症に特徴的な脱毛が始まる。20日過ぎごろより皮下出血斑(点状出血)、口腔喉頭病巣を生じる。大量の放射線により骨髄・リンパ腺が破壊され、白血球血小板の減少など血液障害を起こす。

6シーベルト以上の放射線を浴びた被爆者は、腸管障害(消化管組織の破壊により消化吸収不能となる)により、1カ月以内に大半が死亡した。

長期的影響[編集]

肉体的影響[編集]

熱傷・ケロイド[編集]

爆心地から2キロメートル以内で被爆した者は高度から中度の熱傷が生じたが、2キロメートル以遠で被爆した者は軽度の熱傷にとどまり、治癒に要した期間も短かった。しかし、3 - 4カ月経過後、熱傷を受けて一旦平癒した部分に異変が生じ始めた。熱傷部の組織の自己修復が過剰に起こり、不規則に皮膚面が隆起し、いわゆるケロイドを生じた。ケロイドは外科手術により切除を試みても、しばしば再発した。

放射線症[編集]

大量の放射線を浴びた被爆者は、高確率で白血病を発症した。なお被爆者の発症のピークは1951年、1952年であり、その後は徐々に下がっている。広島の被爆者では慢性骨髄性白血病が多く、白血病発症率は被曝線量にほぼ比例している。また若年被爆者ほど発症時期が早かった。発症すると、白血球が異常に増加し、逆に赤血球などの他の血液細胞が減少して障害をまねく。さらに白血球の機能も失っていく。

1950年代、白血病は治療法のない代表的な不治の病の一つであり、発症者の多くが命を落とした。原爆の子の像のモデルとなった佐々木禎子は、12歳で白血病のために亡くなっている。

以降は癌の発症が増加した。転移ではなく、繰り返して多臓器に癌を発症する例がしばしば見られる。これら被爆者の遺伝子には異常が見られることが多い。放射線などにより回復不能にまで損傷を受けたDNAは、翻訳を介し、癌の発病を招くこともあるため、これら被爆者が「原爆により癌を発症した」と主張することも理にかなっている。[注 21]

精神的影響[編集]

心的外傷後ストレス障害など[編集]

原爆の手記を分析した結果によると、被爆者の3人に1人が罪の意識(自分だけが助かった、他者を助けられなかった、水を求めている人に応えてあげられなかった、などなど)を持っていることが判明している(一橋大石田による調査)。(参照:サバイバーズ・ギルト心的外傷後ストレス障害

精神的影響は、原爆によって直接もたらされた、サバイバーズ・ギルト、心的外傷後ストレス障害だけではない。戦後のGHQによる原爆報道統制が日本国民の間に「被爆者差別」を生み、被爆者はこれにも長く苦しむことになった。すなわち原爆、放射能、放射線に関する情報不足より、日本国民の間に「被爆者差別」が生まれた。戦後しばらくの間、新聞・雑誌などにおいても被爆者は「放射能をうつす存在」あるいは重い火傷の跡から「奇異の対象」などとして扱われることがあり、被爆者に対する偏見・差別は多くあった。これらは被爆者の生活に深刻な影響を与えた。昭和30年代、例えば他の都道府県で就職の際、「広島出身」と申告すると「ピカ(原爆)を受けたのか?」と聞かれるのは常であり、被爆の事実を申告したら、仕事に就けないことが多くあった。このため少なからず被爆者は自身が被爆した事実を隠して暮らさざるを得なくなり、精神的に永く苦しめられることになった。原爆のことを「ピカドン」とも言うが、転じて「ピカ」は被爆者を示す差別語ともなっていた。被爆者差別の存在やその実態については、従来、一部で問題とされていたのみで、広く公にされることはなかったが、ついに2010年日本放送協会は、その原因を、戦後のGHQによる言論統制を受けた報道機関が、正しく原爆に関する報道を行わなかったため、当時、日本国民の間で放射能・放射線の知識が一般的でなかったことと相まり、国民の間に誤った認識が広く蔓延したためであると分析、過去に存在した被爆者差別とその実態について発表した[31]。なおその1年前、中国放送の記者であった秋信利彦(秋信は1975年10月31日、昭和天皇に原爆について質問した記者である。)は、当時の被爆者差別や被爆者の報道機関に対する強い反感と反発の実態について証言している[32]。多くの被爆者個人が公に自身の被爆体験を語り始めたのは、概ね、被爆者差別の消滅以降である。

2008年〜2009年の広島市の大規模調査の結果、2008年現在でもなお、被爆者の1〜3%に被爆によるPTSDの症状があることが判明、部分的な症状があるケースも含めると、4〜8%にもなることがわかった。その主要因は、放射線による病気への不安と、差別・偏見体験である[33]

次世代への影響[編集]

胎内被爆[編集]

母親の胎内で被爆することを胎内被爆という。胎内被爆により、小頭症を発症する者がいた。小頭症とは同年齢者の標準より頭囲が2倍以上小さい場合を言う。脳の発育遅延を伴う。諸説あるが、被爆時に胎齢3週 - 17週の胎内被爆者に多く発症した。脳のみならず、身体にも発育遅延が認められ、これらが致命的であるものは、成人前に死亡した[34]

被爆二世の白血病高発症率[編集]

「公式見解」では被爆二世、被爆三世については、永年にわたり健康への影響、すなわち遺伝的影響はないとされてきた。放射線影響研究所は2007年に、被爆二世への遺伝的な影響は、死産や奇形、染色体異常の頻度、生活習慣病を含め認められないと発表した[35][36]

一方で、日本国政府などの公式見解となる放射線影響研究所などの発表には以前より疑問の声が多くあり、各大学などでの調査・研究が続けられていた。2012年6月3日、長崎原爆資料館で開催された第53回原子爆弾後障害研究会、広島大学鎌田七男名誉教授らによる「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」の研究結果発表では、広島大学原爆放射線医科学研究所研究グループの長期調査結果報告において、被爆二世の白血病発症率が高く、特に両親ともに被爆者の場合に白血病発症率が高いことが、50年に渡る緻密な臨床統計結果より示され、少なくとも被爆二世については遺伝的な影響を否定できないと結論付けた。鎌田は「これでようやく端緒についた。」と語っている[37]


その後の広島[編集]

The General Effects of the Atomic Bomb on Hiroshima and Nagasaki
1945年9月の広島市。枕崎台風通過中か通過後かは不明。
1945年9月の広島市。枕崎台風通過中か通過後かは不明。
1947年旧広島護国神社境内で行われた昭和天皇全国巡幸の様子。左に鳥居、右に原爆ドーム、右端に旧商工会議所ビルが見える。
1947年旧広島護国神社境内で行われた昭和天皇全国巡幸の様子。左に鳥居、右に原爆ドーム、右端に旧商工会議所ビルが見える。
平和記念公園。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 。
平和記念公園。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 。
被爆アオギリ。
袋町小学校平和資料館。被爆伝言を展示している。
袋町小学校平和資料館。被爆伝言を展示している。

終戦まで[編集]

  • 8月9日長崎市に原爆が投下され、数万人が死亡した。これは広島に投下されたウラニウム型とは異なるプルトニウム型(ファットマン)であった。同日、ソ連が日ソ中立条約を破棄、日本へ宣戦布告し、満州へ侵攻を開始する。またこの日、広島電鉄市内線の一部区間が運行を再開している。
  • 8月10日、大阪から来たカメラマン宮武甫が被爆の惨状を撮影する。
  • 8月14日御前会議においてポツダム宣言受諾が決定され、日本政府は連合国に受諾を伝える。
  • 8月15日、終戦の詔勅(玉音放送)。国民への終戦の告知。玉音放送の中で原爆について取り上げ、非人道的行為として非難している。[注 22]
  • 8月28日、連合国占領軍上陸。
    終戦とGHQ/SCAP支配により、軍は武装解除し、兵の復員が開始された。広島の被爆者救護を担ってきた暁部隊も解体し、救護活動は自治体に移管された。しかし戦時災害保護法(1942年制定)の規定により救護期限は2カ月と定められていたため、10月上旬に救護所は閉鎖されてしまう。
  • 9月2日、各国政府代表がポツダム宣言に調印。

戦後[編集]

  • 9月8日、米国による原爆災害調査が開始される。活動は1947年発足の原爆傷害調査委員会(ABCC)の母体、また後の放射線影響研究所となる。
  • 9月19日朝日新聞派遣のカメラマン松本榮一が被害の様子を撮影する。
  • 9月19日、GHQ/SCAPよりプレスコード発令。原爆被害に関する報道は禁止される。
  • 9月下旬、日本映画社により原爆被害の撮影が開始される。撮影は中途から米軍の管理下となる。映像は1946年昭和21年)4月に"The Effects of the Atomic Bomb on Hiroshima and Nagasaki"として完成後、フィルムを米軍に没収された[注 23]
  • 9月17日、被爆で壊滅状態の広島を枕崎台風(昭和の三大台風の一つ)が襲った。広島県の死者・行方不明者合計は2000名を超える大惨事となっている。
  • 1946年1月、広島市復興局が開設。しかし資金難により復興進まず。
  • 1948年10月、広島流川教会の牧師谷本清が渡米。15カ月間に渡り31州256都市で広島の惨状を訴える講演活動を行う。
  • 1949年8月6日、広島平和記念都市建設法が制定。復興への前進となる。
    9月、広島市中央公民館に原爆参考資料陳列室が設置され、原爆瓦などの展示が始められる。
  • 1951年、広島原爆傷害者更生会結成。
    100m道路が平和大通りと名付けられる。この時点では単なる「荒れた広野」状態だった。
  • 1952年8月6日、これまで判明した57902人分の原爆死没者名簿が初めて奉納される。
  • 1954年、爆心地周辺が広島平和記念公園として整備。
  • 1954年2月28日、アメリカがビキニ環礁ナム島で水爆実験『キャッスルブラボー』作戦を行い、日本の漁船第五福竜丸等が被曝した。原水爆禁止運動が起こる。
  • 1955年平和記念資料館が開設。第1回原水爆禁止世界大会開催。原爆乙女らが最長1年半に渡り滞米、マウントサイナイ病院においてケロイドの治療を受ける。
  • 1956年、日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)結成。援護法要望運動の開始。
  • 1957年、原爆被爆者の医療等に関する法律(原爆医療法)が制定されたが、極めて限定的な内容。
  • 1958年4月、広島復興大博覧会が開催される。
    原爆症で死亡した佐々木禎子をモデルにした原爆の子の像が平和記念公園内に完成。
  • 1960年、原爆医療法の改正。
  • 1963年東京地方裁判所が「原爆投下は当時の国際法に違反する」旨の判決。
  • 1968年、原爆被爆者に対する特別措置に関する法律(被爆者特別措置法)が制定。
  • 1975年10月31日昭和天皇が、「この、原子爆弾が、投下されたことに対しては、遺憾には思ってますが、こういう、戦争中であることですから、広島市民に対しては気の毒であるが、やむを得ないことと、わたくしは思ってます。」と答えられた[38]
  • 1985年8月中国共産党代表が広島平和記念公園で花輪を贈呈、人民日報が広島原爆を米帝の暴行として批判した。
  • 1992年9月広島市議会原爆ドーム世界遺産リスト登録を求める意見書が採択。
  • 1993年、原爆ドームの世界遺産化をすすめる会が発足。全国で165万人の署名を集め、国会請願を行う。
  • 1994年、被爆者念願の被爆者援護法が戦後50年でようやく制定。
  • 1995年6月、原爆ドームが文化財保護法の国の史跡に指定される。
  • 1996年12月、原爆ドームが負の遺産としてユネスコ世界遺産に登録。
  • 1999年、爆心地に近い袋町小学校の校舎の建て替え工事にあたる壁の検査をしていたとき、壁が剥がれ落ち、そこに文字が発見された。それは被爆後、この校舎は鉄筋で立てられていたため校舎は焼け残り、被爆して怪我をした人の救援所になっており、そこにこの学校の教師児童の安否を調べるために壁にチョークで伝言を書いたものだったと調査で分かった[注 24]
  • 2002年、被爆者を追悼する国立広島原爆死没者追悼平和祈念館が開館。
  • 2007年11月1日、エノラ・ゲイの原爆投下時の機長だったポール・ティベッツが死去
  • 2010年8月6日、平和祈念式典に初めて米国公式代表(ジョン・ルース駐日大使)が参列。献花なし。大使館を通じて未来のため、核兵器廃絶に向けて努力する旨のコメントが出される。 
  • 2013年8月6日、広島市長(広島市公式見解)は平和宣言において、はじめて核兵器を「絶対悪」と断じた。またあわせて核の平和利用における事故と原爆被害との「混同」を否定、国民の暮らしと安全を最優先にした責任ある国のエネルギー政策を早期に構築し、実行することを求めた。
  • 2014年7月28日、エノラ・ゲイの原爆投下時の乗組員の最後の生き残りだった航空士のセオドア・バンカークが死去
原爆ドーム(2012年11月撮影)
原爆ドーム(2012年11月撮影)

広島原爆をテーマとした作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 厳密な爆発時刻に関する注釈。広島市および日本では、原爆の爆発時間は午前8時15分とされているが、米軍資料や諸外国の歴史などでは投下時間に落下時間を加えた16分を公式な爆発時間としていることも多い。中条一雄『原爆は本当に8時15分に落ちたのか―歴史をわずかに塗り替えようとする力たち』(2001年三五館 ISBN 978-4883202294)によれば、8時16分説のほか、8時6分説も有力視されている。この記事では日本で一般的に認められている15分を採用する。
  2. ^ ヴィクターナンバー#82
  3. ^ 現在のテニアン島ハゴイ飛行場にあたる
  4. ^ この7分後に広島では空襲警報が発令されている。
  5. ^ (この迎撃の背景情報)日本軍戦闘機は高高度性能に劣り、ターボチャージャーや与圧キャビンを装備して成層圏を飛行する「空の要塞」B-29に対して戦闘機動を行うのは極めて困難であった。エノラ・ゲイ号に関しては尾部砲塔以外の防御火器を廃止して9,000ポンドの原爆を搭載しており、鈍重で無防備な状態だった。この為、低空飛行では日本軍戦闘機や高射砲により撃墜される危険が大きかった。
  6. ^ 電文は「00V670 V 21V675 - 0522[**]Z BT Y3Q3K[*]B2Z[*]X[*]C1R[*] BT IMI 00V670 V 21V675 - 0522[**]Z BT Y3Q3K[*]B2Z[*]X[*]C1R[*] BT AR」(第313航空団対空地上局(在テニアン)、(こちらは)第1目標気象観測機、グリニッジ標準時(8月)5日22時[**]分、本文、低い雲:雲量4-7/10で小さい、中高度の雲:雲量4-7/10で薄い、雲頂高度:[*]、高い雲:雲量1-3/10で薄い、雲底高度:[*]、雲頂高度:[*]、助言:第1目標を爆撃せよ、透明な空気中の視界:[*]、本文終わり、繰り返し(以下略))。[ ]の部分は不詳。
  7. ^ 投下目標の気象報告の方法については、第20航空軍の野戦命令13号に明記されている。
  8. ^ 原爆の第一報を伝えた新聞の見出しでも『落下傘つき』とあり、新型爆弾(原爆)は一発でなく少数の爆弾の投下による被害と報じられている(参照1945年8月8日付朝日新聞)。また戦後発表された原爆を題材とした作品においても原爆に落下傘をつけて投下している描写があり(はだしのゲンなど)、多くの人に誤解を招いていた。
  9. ^ 原子爆弾の爆発高度の注釈。2002年の放射線影響研究所の調査で上空600mとされた(爆心地)。それまでは上空580mで爆発したとするのが一般的だった。
  10. ^ 戦争末期の当時は成年男子の多くが徴兵されたため、路面電車の運転手を女学生も勤めていた。広島電鉄家政女学校もあわせて参照。(堀川恵子、小笠原信之『チンチン電車と女学生』)
  11. ^ 米軍捕虜の存在は、当時の日本軍関係者や被爆者の証言から米国側もその事実を確認していたが、被爆死した米兵の存在を公表していなかった(一説には、米国内で広島・長崎への原爆投下に対する否定的な意見や、核兵器廃絶の意見が広まることを恐れたからといわれている)。近年、日本国内において被爆体験や被爆者の名前を調査検証・保存する活動が広まり、その結果明らかにされた被爆死した米軍兵士遺族の調査活動により、米国兵士の被爆死者がいたことが米国内でも公になった。被爆死した米兵の遺影は国立広島原爆死没者追悼平和祈念館に納められている。また地方史研究家(自身も被爆者)の手によって原爆犠牲米軍人慰霊銘板が基町の陸軍中国憲兵隊司令部跡地のビルに1998年に設置された(参照:西広島タイムス)。B-24ロンサムレディ号の機長トーマス・カートライトは東京に再移送されたため無事であり、1999年に慰霊のため広島を訪れている。カーライトは回想録『爆撃機ロンサムレディー号―被爆死したアメリカ兵』(ISBN 978-4140808887)を記している。また被爆米兵は、NHK特集「爆撃機ローンサム・レディ号~広島原爆秘話~(1978年)」などで報道されている。
  12. ^ NHK広島放送局から被爆直後に「大阪さん、大阪さん」とNHK大阪放送局に向けて助けを求めるラジオ放送を聞いた」という証言が多数あった。原放送所の放送設備は無事であり、原放送所には予備演奏所、自家発電設備が設けられていたこと、当時は技術員らの常駐する有人放送所であったことから、放送そのものは被爆直後からでも可能であった。この証言については、放送プロデューサー白井久夫によって詳細なルポルタージュが以下の書籍にまとめられている。これは2013年、事実であったことが、従事した技手(番組制作技術者=現在のラジオミキシングエンジニア)森川寛の日記「兎糞録」より明らかになった。森川は中波と短波の両放送波、さらに大阪打合線(局間連絡電話)で大阪放送局を呼んでいた。このとき打合線で応答したのは岡山放送局であった(局間連絡電話はいわゆる同報電話であり、当時からひとつの回線に複数の放送局が並列につながれていた。当時は東京と大阪に現在でいうところのキー局がそれぞれ設けられており、大阪から西の局、東京から東の局がそれぞれひとつの回線につながれており、従って大阪打合線で岡山放送局が広島放送局の呼びかけに対して応答できた)。すなわち局間連絡電話は生きており、森川は概ねの被害状況を伝達、あわせて救援を要請、岡山放送局より大阪放送局に情報をリレー、大阪からの短波放送を依頼していた。一般に聴取されたのはこのうちの中波放送である。「兎糞録」は広島原爆資料館に寄贈される。
    白井久夫・著 『幻の声 -- NHK広島8月6日』 (岩波新書 新赤版 236) 岩波書店 1992年7月 ISBN 4-00-430236-6、NHK広島放送局 森川寛 日記「兎糞録」8月6日記事。2013年8月5日、中国新聞朝刊第1面。
  13. ^ 現在も当時の放送鉄塔が現役で使われ続けている。郊外といえどもかなりの爆風を受けたが、風圧抵抗の少ないスケルトン型、支線式であるため、倒壊を免れた。「NHK広島放送局の歴史」より。
  14. ^ 通報の内容は記憶によるため、伝聞により揺らぎがある。また中村敏がどうやって岡山支社に第一報を入れたのか、永らく謎であったが(当時、記者の利用できる一般電話回線は南まわり、すなわち広島市中心部を経由しており壊滅状態、原放送所にある一般電話からの連絡はできなかったはずであるため)2013年、上流川町の演奏所で生き残った技手、森川寛が原爆投下直後、炎をかいくぐりながら直ちに原放送所に移動し、局間連絡線で岡山放送局との連絡に成功していたことが明らかになった(局間連絡線は専用線である。この専用線は対戦用に軍用電話回線と同じルート、特別の北まわりとしてあり、近隣各県に通じていた。広島の場合、戦後も永らく専用線はこの北まわり回線が使用された)ことから、同盟通信社岡山支社に第一報が送られたことが裏付けられた。また第一報は当日昼過ぎに大本営に上がっており、16時の説と永らく矛盾していたが、森川寛の日記より、第一報と救援要請は森川の原放送所到着直後、すなわち当日の午前中に発せられ、岡山放送局でリレーされて大阪放送局に届けられ、大阪放送局より短波で放送されていたことが明らかになり、東京の大本営は、昼過ぎには複数のルートでかなり正確な内容の第一報を受け取ることが可能であったことがわかった。NHK広島放送局 森川寛 日記「兎糞録」記事。2013年8月5日、中国新聞朝刊第1面。
  15. ^ NHK広島放送局 森川寛 日記「兎糞録」記事。2013年8月5日、中国新聞朝刊第1面。
  16. ^ 報道の前半は通例全国中継であり、広島空襲のニュースも全国中継された可能性があるが、東京などでこれを聞いたという記録は見つかっていない。
  17. ^ 理化学研究所仁科芳雄博士をはじめとする頓挫した日本の原子爆弾開発計画「ニ号研究」のスタッフらを含んだ原子物理学の専門家集団であった
  18. ^ 原爆報道は戦後になって連合国軍最高司令官総司令部によって禁止されたのであるが、被爆直後の広島からの生々しいルポは、戦時中のプロパガンダを含むにせよ資料的価値は大きい。
  19. ^ 音速は温度に依存するため、真夏の気温30℃を想定した音速を記した
  20. ^ 質量M、風速V、空気の密度ρ、風があたる面積Sならば、エネルギー E = (1/2)MV2 = (1/2)ρSV3
  21. ^ ただし、1細胞の生死、異常を本人が認識できない以上、原爆からの放射線こそが決定的な発病要因であるとは言えず、「原爆の後遺障害」の全てを原爆によるものと断定することはできない。
  22. ^ 敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シテ頻ニ無辜ヲ殺傷シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル
  23. ^ このフィルムは1967年(昭和42年)に米国国立公文書館にコピーが収められた後パブリックドメイン扱いとなり、映像の断片が様々な報道や作品に繰り返し引用されることになる。
  24. ^ その後、この出来事はニュースで取りあげられ、さらにその年の夏、伝言を書いた教師とその児童が54年振りに再会し、話題を盛りあげた。この壁は、袋町小学校平和記念資料館に保存されている。この記事は三省堂出版の中学2年の国語教科書「現代の国語2」に載っている。

出典[編集]

  1. ^ 写真を基にキノコ雲の形状を推定する研究広島市立大学大学院コンピューターグラフィック研究室
  2. ^ a b 広島原爆戦災誌 第一巻 (PDF)
  3. ^ http://www.rerf.or.jp/general/qa/qa1.html
  4. ^ 山極晃・立花誠逸編『資料 マンハッタン計画』(1993年、大月書店) ISBN 9784272520268
  5. ^ 山極晃・立花誠逸編『資料 マンハッタン計画』(1993年、大月書店) ISBN 9784272520268
  6. ^ 奥住喜重・工藤洋三著『ティニアン・ファイルは語る 原爆投下暗号電文集』(2002年、自費出版) ISBN 9784990031442
  7. ^ 奥住喜重・工藤洋三・桂哲男訳『米軍資料 原爆投下報告書-パンプキンと広島・長崎』(1993年、東方出版) ISBN 9784885913501
  8. ^ 奥住喜重・工藤洋三著『ティニアン・ファイルは語る 原爆投下暗号電文集』(2002年、自費出版) ISBN 9784990031442
  9. ^ 奥住喜重・工藤洋三訳『米軍資料 原爆投下の経緯-ウェンドーヴァーから広島・長崎まで』(1996年、東方出版) ISBN 9784885914980
  10. ^ 白井久夫『幻の声 NHK広島8月6日』(1992年、岩波書店)、ISBN 4-00-430236-6
  11. ^ 淵田美津雄『真珠湾総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』(講談社、2007)239頁
  12. ^ 淵田美津雄『真珠湾総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝』(講談社、2007)240頁
  13. ^ "Timeline #2- the 509th; The Hiroshima Mission". Children of the Manhattan Project. 2006/10/09にオリジナルからアーカイブ。2009年10月に確認。
  14. ^ アグニューフィルムのコマを合成してキノコ雲の静止画を得る研究広島市立大学大学院コンピューターグラフィック研究室
  15. ^ 本田稔 述、岡野充俊 『本田稔空戦記―エース・パイロットの空戦哲学』 光人社NF文庫
  16. ^ 広島市編「原爆体験記」冒頭、野村英三の手記「爆心にあびる」より
  17. ^ 証言は旧比治山高女第五期生の会『炎のなかに』(1969年)に収録されている(『広島原爆戦災誌第5巻』(1971年)に再録)。
  18. ^ 角家文雄著 『昭和時代「15年戦争」の資料集』
  19. ^ 北山節郎『ピーストーク-日米電波戦争』(1996年、ゆまに書房) 130-131頁
  20. ^ 北山節郎『ピーストーク-日米電波戦争』(1996年、ゆまに書房) 131-132頁
  21. ^ 「朝日新聞(東京版)」昭和20年8月7日付 1面
  22. ^ 「朝日新聞(大阪版)」昭和20年8月7日付 1面
  23. ^ 白井久夫『幻の声-NHK広島8月6日』(1992年、岩波書店) 172-173頁
  24. ^ 「朝日新聞(東京版)」昭和20年8月8日付 1面など
  25. ^ 奥住喜重・工藤洋三・桂哲男訳『米軍資料 原爆投下報告書-パンプキンと広島・長崎』(1993年、東方出版) ISBN 9784885913501
  26. ^ 奥住喜重・工藤洋三著『ティニアン・ファイルは語る 原爆投下暗号電文集』(2002年、自費出版) ISBN 9784990031442
  27. ^ 朝日新聞 [1945年8月11日]
  28. ^ 新型爆弾投下関係 国立公文書館アジア歴史資料センター レファレンスコード B02032435900
  29. ^ ハーグ陸戦協定
  30. ^ きのこ雲 高さ16キロか 広島市立大調査 市など推定の2倍」、中国新聞2010年2月27日
  31. ^ ふるさと発スペシャル「はだしのゲンは終わらない 幻の続編からのメッセージ」日本放送協会広島放送局制作、2010年7月30日放送。
  32. ^ 「きのこ雲の下から、あしたへ」株式会社 中国放送制作、2009年8月6日放送。
  33. ^ 広島市「原爆体験者等健康意識調査報告書」2010年5月
  34. ^ 「きのこ雲の下から、あしたへ」株式会社 中国放送制作、2009年8月6日放送。
  35. ^ 被爆二世健康影響調査報告
  36. ^ http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104070102.html
  37. ^ 「広島原爆被爆者の子どもにおける白血病発生について」第53回原子爆弾後障害研究会、鎌田七男広島大学名誉教授代表発表。
  38. ^ 訪米から帰国後の記者会見。日本記者クラブ「特記すべき記者会見」天皇・皇后記者会見 1975年10月31日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

子供向け説明[編集]