王揖唐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王揖唐
Wang Yitang.JPG
写真週報』1940年
プロフィール
出生: 1877年10月17日
光緒3年9月11日)
死去: 1948年民国37年)9月10日
中華民国の旗 中華民国北平市
出身地: 清の旗 安徽省廬州府合肥県
職業: 政治家・軍人
各種表記
繁体字 王揖唐
簡体字 王揖唐
拼音 Wáng Yītáng
和名表記: おう ゆうとう
発音転記: ワン イータン
ラテン字 Wang I-t'ang
テンプレートを表示

王 揖唐(おう ゆうとう)は、清末民初の政治家・軍人。安徽派の政治家として安福倶楽部を指導する。後に中華民国臨時政府、南京国民政府(汪兆銘政権)に参加した。旧名は志洋慎吾什公。後に、名を、字を一堂と改めたが、号の揖唐で知られる。筆名は逸唐

事績[編集]

清末民初の活動[編集]

1904年光緒30年)、甲辰科進士となったが、自ら望んで軍事を学ぶことを清朝に願い出て、同年9月に日本へ留学した。東京振武学校を経て、金沢砲兵第9連隊で実習に臨んだ。しかし軍人生活に適応できず、法政大学での学習に転じた。[1]1907年(光緒33年)に帰国した。以後、兵部主事、東三省総督署軍事参議、吉林陸軍第1協統統領、吉林督練処参議を歴任した。1909年宣統元年)から、ロシアとアメリカへ外遊し、軍事等の視察を行った。[2][3][4]

中華民国成立後、王揖唐は袁世凱の下で総統府秘書、参議、顧問などをつとめた。また、政党活動にも参加し、民社共和促進会統一党の3党を経て、黎元洪が理事長をつとめる共和党で幹事となった。1913年民国2年)、チベット選出の第1期国会参議院議員となる。5月、共和党、民主党、統一党の3党合併により進歩党が成立すると、王は理事をつとめた。その後も袁を支持する路線をとり続け、約法会議議員として中華民国約法制定に参与する。参政院参政、吉林巡按使、内務総長を歴任した。また、フランスやドイツへ外遊して陸軍の組織の視察も行い、袁が皇帝即位を目論んだ際には『国華報』という新聞を創刊してこれを支援する言論を張った。[5][3][4]

安福倶楽部[編集]

善後会議議員時代
Who's Who in China 3rd ed. (1925)

1916年(民国5年)6月の袁世凱死後は、王揖唐は安徽派に属する。翌年11月に段祺瑞臨時参議院を組織すると、王揖唐が議長に就任した。1918年(民国7年)3月8日、王は徐樹錚とともに安福倶楽部を設立し、安徽派のための様々な政治活動に従事した。同年8月2日、王揖唐は衆議院議長に就任して、以後、「安福国会」と称される国会運営を主導した。9月には大総統に徐世昌を選出している。このほか、南方政府との和平交渉では首席代表を務め、私立民国大学や中華大学の校長にもなった。しかし、1920年(民国9年)7月の安直戦争直隷派に安徽派が敗北すると、同年8月3日に安福倶楽部と安福国会は徐の命令により解散させられた。王も指名手配されたため、日本へ亡命して、しばらくは著述活動に専念した。[6][3][4]

1924年(民国13年)10月の北京政変(首都革命)を経て段祺瑞が臨時執政として復権する。王揖唐もこれに参加し、11月には安徽省長兼督弁軍務善後事宜に就任した。1925年(民国14年)2月、善後会議議員となる。中国国民党北伐に際しては、王は北方各派に与してこれに抵抗しようとした。しかし1928年(民国17年)の北伐完了と共に王は指名手配されたため、天津の日本租界に逃げ込み、再び著述活動に励んだ。1931年(民国20年)から国民政府の政治家として復帰し、東北政務委員会委員に任命された。その後、国難会議会会員、華北戦区救済委員会委員、行政院駐平政務整理委員会委員、冀察政務委員会委員、天津匯業銀行総理を歴任した。[7][3][4]

親日政府での活動[編集]

1936年(民国25年)5月、王揖唐は親日の蒙古軍政府に参加し、実業署署長に任命された。日中戦争支那事変抗日戦争)勃発後の1937年(民国26年)12月14日に、王克敏が北平(北京)で中華民国臨時政府を組織する。王揖唐もこれに参加し、議政委員会常務委員、賑済部総長、内政部総長を歴任した。1939年(民国28年)9月からは、汪兆銘(汪精衛)を支持してその政権への参加交渉に従事した。[8][3][4]

1940年(民国29年)3月の南京国民政府成立と共に、王揖唐は考試院院長兼華北政務委員会委員となる。6月には華北政務委員会委員長に就任した。さらに、中央政治委員会委員、内務総署督弁にも任じられている。1943年(民国32年)1月、最高国防会議議員、全国経済委員会副委員長、新国民促進委員会委員(後に常務委員)となった。[8][3][9]

日本が敗北した後の1945年(民国35年)12月5日に王揖唐は北平の病院で逮捕される。[10]当初、王は重病とみなされて裁判にかけられなかったが、後にその仮病が発覚するなどして翌1946年(民国35年)9月に裁判に付されることになった。[11]河北高等法院で死刑が言い渡された後、南京首都高等法院で当該判決が確定する。1948年(民国37年)9月10日、[12]漢奸の罪により北平の監獄で銃殺刑に処せられた。享年72(満70歳)。[8][3][13]

[編集]

  1. ^ 劉国銘主編(2005)、230頁は、陸軍士官学校で学んだ、としているが、誤りと思われる。
  2. ^ 蕭(2005)、727頁。
  3. ^ a b c d e f g 徐主編(2007)、153頁。
  4. ^ a b c d e 劉国銘主編(2005)、230頁。
  5. ^ 蕭(2005)、727-728頁。
  6. ^ 蕭(2005)、728-729頁。
  7. ^ 蕭(2005)、729-730頁。
  8. ^ a b c 蕭(2005)、730頁。
  9. ^ 劉国銘主編(2005)、230-231頁。
  10. ^ 余ほか(2006)、1482頁、1614頁による。蕭(2005)、730頁は、1946年夏に逮捕としている。
  11. ^ 上海『新聞報』1946年9月8日(余ほか(2006)、1482頁)。
  12. ^ 徐主編(2007)、153頁は「1946年夏処刑」としているが、誤りである。
  13. ^ 劉国銘主編(2005)、231頁。

著作[編集]

  • 『広徳寿重光集』上海愛儷園行館、1920年
  • 『世界最新之憲法』1923年
  • 『逸塘詩存』1941年
  • 『今傳是樓詩話』
  • 『近邊建制概略』
  • 『上海租界問題』

参考文献[編集]

 中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
朱啓鈐
内務総長
1916年4月 - 6月
次代:
許世英
先代:
馬聯甲(安徽督理)
安徽督弁
1924年11月 - 1925年4月
次代:
鄭士琦
 Flag of the Republic of China 1912-1928.svg 中華民国臨時政府
先代:
(創設)
内政総長
1938年9月 - 1940年3月
次代:
(廃止)
 Flag of the Republic of China-Nanjing (Peace, Anti-Communism, National Construction).svg 南京国民政府(汪兆銘政権
先代:
(創設)
考試院長
1940年3月 - 1942年3月
次代:
江亢虎
先代:
王克敏
華北政務委員会委員長
1940年6月 - 1943年2月
次代:
朱深
先代:
王克敏
華北政務委員会
内務総署督弁
1940年6月 - 1943年2月
次代:
斉燮元