ノーマン・ラムゼー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1989年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:ラムゼー共鳴法の開発、およびその水素メーザーや原子時計への応用

ノーマン・フォスター・ラムゼー・ジュニアNorman Foster Ramsey, Jr., 1915年8月27日 - 2011年11月4日)は、ワシントンD.C.生まれのアメリカ人物理学者

略歴[編集]

1935年に学士号を、1940年に博士号を、ともにコロンビア大学から取得し、1947年にハーバード大学に移るまで在籍した。コロンビアの学部時代には、交換留学制度(ケレットスカラーとして)でケンブリッジ大学にも留学した。

1947年から約40年にわたりハーバード大学の物理学の教授に就いたほか、NATOアメリカ原子力委員会などの機関や政府の要職を務めた。

1984年IEEE栄誉賞授与。1989年に、原子時計に必要なラムゼー共鳴法の開発、およびその水素メーザーへの応用によって、ハンス・デーメルトヴォルフガング・パウルと同時にノーベル物理学賞を受賞した。

2011年11月4日、アメリカ合衆国マサチューセッツ州にある介護施設で死去。96歳没[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]