エドワード・テラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドワード・テラー(1958年、ローレンスリバモア国立研究所所長のころ)

エドワード・テラーEdward Teller、 もとのハンガリー名ではテッレル・エデTeller Ede)、 1908年1月15日 - 2003年9月9日)は、ハンガリー生まれでアメリカに亡命したユダヤ人理論物理学者である。アメリカの「水爆の父」として知られる。ローレンス・リバモア国立研究所は彼の提案によって設立された。

本来の専門分野では、原子核物理学分子物理学などで多くの業績があり、代表的なものにヤーン・テラー効果BETの吸着等温式がある。

生涯[編集]

生い立ちと学歴[編集]

1908年オーストリア=ハンガリー帝国ブダペストで弁護士の父と、銀行家の娘で4カ国語をこなす才媛の母のもとに生まれた[1]。テラー家は、裕福なユダヤ人知識階級であった。幼少のころから算数の才能を見せ、学校に上がる前に足し算・引き算のみならずかけ算を覚えたという逸話がある。 エドワード少年が11歳のころの1919年3月21日オーストリア=ハンガリー帝国は崩壊し、クン・ベーラ率いるハンガリー共産党が政権を握り、ハンガリーの企業・土地といった資産を全て国有化した。この影響で、父マックスが弁護士の職を失い一家は貧窮した[2]。 同年8月、クン政権はホルティ・ミクローシュ大将率いるハンガリー国新陸軍によって倒される。不幸なことに、クンはユダヤ人であり、ハンガリー共産党のリーダーの多くもユダヤ人であった。ハンガリーの反ユダヤ主義とホルティによる白色テロの高まりを受け、一家は1926年にハンガリーを去りドイツへ移住した。彼が18歳の時であった。

最初ハンガリーのブダペストで短期間化学工学を学んだのち、ドイツで高等教育を受け、そこでも同じく化学そして数学を学び、1930年にライプツィヒ大学ヴェルナー・ハイゼンベルクの元で物理学の博士号を取得した。その後、ゲッティンゲン大学で助教授として2年を過ごした[3]

1933年にドイツの政権を握ったアドルフ・ヒトラーがユダヤ人敵視政策を取り始めると、テラーは1934年、ユダヤ人救出委員会(International Rescue Committee)の助けでドイツを離れる決心をした。一時期イングランドに滞在した後、ニールス・ボーアのいたコペンハーゲンで1年を過ごし、1935年8月、アメリカ合衆国に移住した。またその直前の1934年2月、テラーは初恋の人ミチ(Mici)と結婚している[4]。同じハンガリー出身のレオ・シラードが、アインシュタイン署名入りの書簡を使ってアメリカ政府に原子爆弾の研究を働きかけた際には、ユージン・ウィグナーとともにその活動に加わっていた。

幼少時代のハンガリーでの好ましくない経験にもかかわらず、1930年に世界恐慌の波がドイツに押し寄せ、資本主義の崩壊を目の当たりにしたテラーは、共産主義に両義的感情と興味を抱いていた。 しかし、アメリカに渡った後、友人のレフ・ランダウがソ連政府によって逮捕されたことを伝え聞くなどしてソ連への反感を次第に強めていった。 1943年にスターリン体制の下での理不尽な裁判と粛清を描いたアーサー・ケストラーの小説『真昼の暗黒』を読んだことが決定的な契機となって、以降、根強い反共感情を抱くようになった[5]

水爆開発[編集]

1941年まで、ジョージ・ワシントン大学で教鞭を執り、そこでジョージ・ガモフに出会った。1942年ブリッグス委員会(Briggs committee)で働きながら、テラーはマンハッタン計画に参加する。第二次世界大戦中、テラーはロスアラモス国立研究所の理論物理学部門に所属し、核分裂だけの核爆弾から核融合を用いた超強力爆弾(水素爆弾)へと核兵器を発展させるべきだと強く主張した。1945年、ニューメキシコでの世界初の原爆実験(トリニティ実験)に立ち会い、「なんだ、こんなちっぽけなものなのか」と感想を述べたとされる[6]。1946年にテラーはロスアラモスを離れ、シカゴ大学の教授になる。

1949年のソビエト連邦の核爆発成功の後、1950年テラーはロスアラモスに戻り、水爆計画に携わる。テラーは水爆を「マイ・ベイビー」と呼んでいたという[6]。テラーとスタニスワフ・ウラムが実際に作動する水爆の設計を思い付いたとき、テラーは計画の長に選ばれなかった。テラーは再度ロスアラモスを去り、1952年、新たに設立されたカリフォルニア大学放射線研究所のローレンス・リバモア支部に加わる事になる。1954年、身上調査の審問を受けた際にテラーがロバート・オッペンハイマーを非難したことが元で、テラーとオッペンハイマーとの間の溝は広がることになる。

アラスカ人工港計画[編集]

1950年代に、テラーはアラスカに核爆発を利用して大規模な人工港を作るという「チャリオット作戦Operation Chariot)」をうちあげた。アラスカは無人の荒野が広がっているという先入観があったのである。しかしアラスカはアメリカ大陸で最も古くから人類が住む土地であった。この計画によって民族意識に目覚めたエスキモーインディアンなどのアラスカ原住民を中心とする反対運動が高まり、この計画は幻と終わった。

核開発の推進者[編集]

1958年から1960年にかけて、テラーはローレンスリバモア国立研究所の所長になり、その後カリフォルニア大学バークレー校で教える傍ら同研究所の副所長をつとめた。1975年、テラーは引退してリバモア研究所の名誉所長に指名され、またフーバー研究所のシニア研究員にも任命される。

1983年のアメリカ国家科学賞の授与式で、レーガン大統領(左)と握手するテラー(右)

引退後もテラーは絶えず核計画推進の主張者であり続け、実験と開発の継続を訴えた。戦略防衛構想が撤回されたときにも、テラーはその最も強力な擁護者の1人だった。1982年、レーガン大統領よりアメリカ科学界最高峰の栄誉とされるアメリカ国家科学賞が贈られた。

2003年9月、カリフォルニア州スタンフォードで死去。95歳だった。水爆を開発したことに関しては、生涯肯定的な言動を行い、悔いることはなかった。

物理学者としての業績[編集]

物理学者としては、原子核物理学分子物理学表面科学など多岐にわたって業績をあげた。代表的なものにヤーン・テラー効果やレナー・テラー効果、 BETの吸着等温式(S. Brunauer, P. H. Emmett and E. Teller)などがある。ベータ崩壊におけるガモフ・テラー遷移やトマス・フェルミ模型への寄与、メトロポリス・ヘイスティングス法への貢献などでも知られる。

受賞歴[編集]

著書[編集]

テラーの著書には次のものがある。

  • Conversations on the Dark Secrets of Physics (1991)
  • Better a Shield Than a Sword (1987)
  • Pursuit of Simplicity (1980)
  • Energy from Heaven and Earth (1979)(邦訳『エネルギーはよみがえる―天と地からのおくりもの』共立出版)
  • 回想録 (2002)

出典[編集]

  • 足立, 壽美 『原爆の父オッペンハイマーと水爆の父テラー 悲劇の物理学者たち』 現代企画室(原著1987年)。ISBN 4-7738-8709-5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 足立 (1987) pp.282-283
  2. ^ Stix, Gary (October 1999). “Infamy and honor at the Atomic Café: Edward Teller has no regrets about his contentious career”. Scientific American: 42–43. http://www.sciam.com/article.cfm?articleID=0003A1F2-E235-1C73-9B81809EC588EF21&pageNumber=1&catID=2 2007年11月25日閲覧。. 
  3. ^ 足立 (1987) pp.289
  4. ^ 足立 (1987) pp.292
  5. ^ Teller, Edward (2002). Memoirs: A Twentieth-Century Journey in Science and Politics. with Judith Shoolery. Perseus Books. pp. pp.181–183. ISBN 0-7382-0778-0 (pbk). 
  6. ^ a b 広瀬隆『億万長者はハリウッドを殺す』(1986年、講談社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]