ライプツィヒ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大学中央図書館

ライプツィヒ大学Universität Leipzig)は、ドイツライプツィヒにある大学。東ドイツ(ドイツ民主共和国)時代はカール・マルクス大学と呼ばれていた。

神学者ヤン・フスらによるチェコ人優遇策に抗議してプラハ大学を一斉に去ったドイツ人教員や学生を受け入れるためにマイセン辺境伯フリードリヒ4世1409年に創立。ドイツではハイデルベルク大学1386年に創立)に次ぐ歴史と伝統を持つ。

かつてこの大学で教鞭を執ったことがある著名人として、ライプニッツ歴史家モムゼン化学者オストヴァルト物理学者ハイゼンベルクヘルツ実験心理学を確立した心理学者ヴントクラインの壺で有名な数学者クラインメビウスの帯で有名な数学者メビウスなど。

また、ここで学んだことのある著名人としては、哲学者作家ゲーテならびにニーチェ作曲家シューマンならびにヴァーグナー、歴史家のランケ劇作家レッシング社会学者デュルケーム探検家スタインなどが挙げられる。現在ドイツ首相のアンゲラ・メルケルもここで物理学を専攻している。

また、ライプツィヒ大学で最も名高い学部は医学部だといわれており、エルヴィン・フォン・ベルツをはじめ、日本人では萩原三圭三浦守治森鴎外もここに留学して、ドイツ医学を学んだ。他にこの大学に留学した日本人として「味の素」を発明した化学者池田菊苗(オストヴァルトに師事)、ノーベル物理学賞受賞者の朝永振一郎(ハイゼンベルクに師事)などがいる。

外部リンク[編集]