グスタフ・ヘルツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グスタフ・ルートヴィヒ・ヘルツ
グスタフ・ヘルツ(1925年)
人物情報
生誕 1887年7月22日
ドイツの旗 ドイツ帝国ハンブルク
死没 1975年10月30日(88歳)
東ドイツの旗 東ドイツ東ベルリン
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身校 フンボルト大学ベルリン
学問
研究分野 物理学
研究機関 ハレ大学
博士課程
指導教員
ハインリヒ・ルーベンス英語版
マックス・プランク
博士課程
指導学生
ハインツ・ポーゼ英語版
主な業績 フランク=ヘルツの実験
主な受賞歴 ノーベル物理学賞(1925年)
マックス・プランク・メダル(1951年)
補足
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1925年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:原子と電子の衝突に関する研究

グスタフ・ルートヴィヒ・ヘルツ(Gustav Ludwig Hertz, 1887年7月22日 - 1975年10月30日)は、ドイツ物理学者ニールス・ボーア量子論の原子が離散的なエネルギーを持っていることを検証する実験(フランク=ヘルツの実験)を行った。ジェイムス・フランクと共に1925年ノーベル物理学賞を受賞した。

経歴[編集]

ハンブルクに生まれた。ハインリヒ・ヘルツの甥である。ゲッティンゲン大学ミュンヘン大学ベルリン大学で学び、1913年にベルリン大学の助手になったが、第一次世界大戦が始まると動員され、負傷した。1917年にベルリンに戻ったが、元の職に戻れず、一般企業の研究所で働いた。

1925年ノーベル賞を受賞して、ハレ大学物理学研究所長、ベルリン工科大学物理学研究所長、シャルロッテンブルク工科大学(現ベルリン工科大学)の実験物理学教授になったが、ユダヤ系の家系のため1935年にその職を追われた。戦前、戦中はシーメンスの研究所長に就き、戦後の1945年から1954年までソビエト連邦の研究所で働いた。スターリン賞も受賞した。その後ライプツィヒカール・マルクス大学(現ライプツィヒ大学)で1961年まで働いた。