第509混成部隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第509混成部隊
創設 1944年12月17日
国籍 アメリカ合衆国
軍種 アメリカ陸軍航空隊
タイプ 混成部隊
任務 核攻撃・通常爆撃
兵力 1767人
上級部隊 第20空軍
基地 マリアナ諸島テニアン

ノースフィールド

モットー Defensor Vindex- Defender Avenger

(1952年7月10承認)

作戦機 B-29 15機 C-54 5機
主な戦歴 第二次世界大戦

広島、長崎への原子爆弾投下

第509混成部隊(だい509こんせいぶたい、509th Composite Group, 509CG)とは、第二次世界大戦時のアメリカ軍の作戦部隊の名称である。

概要[編集]

作戦実行した兵士、中央がティベッツ

1944年12月にルーズベルト大統領の指示により第20空軍内に設立され、戦争終結後の1952年に解散した。

第509混成部隊の設立目的は、当時の敵国の日本への原子爆弾投下作戦の遂行である。ただし、この目的は作戦を実行する兵士には作戦当日まで伏せられたままであった。混成部隊の名称は、陸軍海軍空軍から必要な兵士を集めて編成された部隊であることによる。

人員は1767人(将校・下士官・兵士合計)。指揮官はポール・ティベッツ大佐であり、彼が編成した戦略爆撃機B-29を14機指揮下にもった。

1944年12月より、部隊はアメリカ・ユタ州の砂漠基地にて軍事訓練を開始。

1945年5月第509混成部隊は太平洋のマリアナ諸島テニアン島に移動。第20空軍に編入。 マンハッタン計画責任者レズリー・グローヴス少将は精密作業能力を持つ軍工場があり、深い港があるグアムを考えていたが、ティベッツが最良の滑走路があるテニアンを希望した[1]

第509混成部隊を原爆任務から降ろし、他の補充や航空隊に編入する話が持ち上がっていたが、1945年7月19日ティベッツはルメイに対し、第509混成部隊をいじらないでほしい、最初の原爆は自分で指揮するつもりだと説得した[2]。1945年7月20日東京空襲に初めて第509混成部隊10班を選んだ。目的は、日本人に単機による高空からの一発の爆弾投下に慣れさせるためである。広島、京都、小倉は原爆のため爆撃を禁止したが、他は自由に爆撃させた[3]

テニアン島から日本へ飛行しての原爆投下の演習を、模擬原爆(パンプキン爆弾)をもちいて、繰り返し実行した。

そして、1945年8月6日広島市へ、8月9日長崎市へ原子爆弾を投下し、戦略核攻撃任務を完了させた。

所属機と所属将兵[編集]

航空機[編集]

第393爆撃戦隊
陸軍航空隊
シリアルナンバー
ビクター
ナンバー
機体名 航空機司令 陸軍航空隊
配属日
テニアン飛行場
到着日
尾翼マーキング
(テイルコード)
44-27296 84 サム・パンプキンス ジェームス・プライス 1945年3月19日 1945年6月14日 大型 A
44-27297 77 ボックスカー フレデリック・ボック 1945年3月19日 1945年6月17日 三角形 N
44-27298 83 フルハウス ラルフ・テイラー 1945年3月20日 1945年6月17日 四角形 P
44-27299 86 ネクスト・オブジェクティブ ラルフ・デボー 1945年3月20日 1945年6月17日 三角形 N
44-27300 73 ストレンジ・カーゴ ジョセフ・ウエストオーバー 1945年4月2日 1945年6月11日 大型 A
44-27301 85 ストレートフラッシュ クロード・イーザリー 1945年4月2日 1945年6月14日 三角形 N
44-27302 72 トップ・シークレット チャールズ・マックナイト 1945年4月2日 1945年6月11日 大型 A
44-27303 71 ジャビット3世 ジョン・ウィルソン 1945年4月3日 1945年6月11日 大型 A
44-27304 88 アップ・アン・アトム ジョージ・マクアダプト 1945年4月3日 1945年6月17日 三角形 N
44-27353 89 グレート・アーティスト チャールズ・オルバリー 1945年4月20日 1945年6月28日 丸型 R
44-27354 90 ビッグ・スティンク トーマス・クラッセン 1945年4月20日 1945年6月25日 丸型 R
44-27291 91 ネセサリー・エヴィル ノーマン・レイ 1945年5月18日 1945年7月2日 丸型 R
44-86292 82 エノラ・ゲイ ロバート・ルイス 1945年5月18日 1945年7月6日 丸型 R
44-86346 94 ルーク・ザ・スポーク ハーマン・ザン 1945年6月15日 1945年8月2日 四角形 P
44-86347 95 ラッギン・ドラゴン エドワード・コステロ 1945年6月15日 1945年8月2日 四角形 P

将兵[編集]

第509作戦部隊[編集]

なお、現在のアメリカ空軍には類似の名称の第509作戦部隊(509th Operations Group)が存在するが、こちらは1993年に設立された第8空軍所属の部隊であり、第509混成部隊との直接の継承関係にはない。

第509作戦部隊はB-2主体の戦略爆撃部隊であり、現在ポール・ティベッツの孫が在隊しているという。

出典[編集]

  1. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ15頁
  2. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ298頁
  3. ^ ゴードン・トマス, マックス・モーガン・ウイッツ 『エノラ・ゲイ―ドキュメント・原爆投下』 TBSブリタニカ298頁

関連項目[編集]