レズリー・グローヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レズリー・グローヴス
Leslie Richard Groves
Groves Oppenheimer.jpg
左:グローヴス、右:ロバート・オッペンハイマー
生誕 1896年8月17日
ニューヨーク州 オールバニ
死没 1970年7月13日(満73歳没)
ワシントンD.C.
所属組織 Seal of the US Department of the Army.svgアメリカ陸軍
軍歴 1918 - 1948
最終階級 空軍中将
除隊後 スペリー・ランド副社長
テンプレートを表示

レズリー・リチャード・グローヴスLeslie Richard Groves, 1896年8月17日 - 1970年7月13日)はアメリカ陸軍の軍人。原爆開発のためのマンハッタン計画を指揮した。最終階級は中将

経歴[編集]

ニューヨーク州オールバニに生まれる。ワシントン大学マサチューセッツ工科大学を経て、1918年陸軍士官学校を卒業。その後、陸軍工兵隊に入り、1921年まで技術将校としての訓練を積む。1934年には大尉に昇進し、陸軍工兵総監司令部に勤務。1936年には指揮幕僚大学、1939年には陸軍大学をそれぞれ卒業。1940年には大佐となり、国防総省庁舎の建築計画に携わる。

1942年9月、陸軍マンハッタン工兵管区司令官に任命され、准将に昇進。これは原爆開発のために設けられた組織で、これにちなんで原爆開発プロジェクトは「マンハッタン計画」と呼ばれるようになる。以後、マンハッタン計画責任者として原爆開発を指揮し、1944年12月、少将に昇進。1945年7月16日には史上初めての核実験に成功する。その後1947年まで、陸軍特殊兵器計画本部長として核兵器開発を指揮。1948年1月には中将となるが、その1ヵ月後に陸軍を退役した。

退役後は、1961年までスペリー・ランド社副社長を務めた。

伝記[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]