オールバニ (ニューヨーク州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オールバニ市にあるニューヨーク州庁舎 1899年竣工。

オールバニAlbany)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州の州都であり、オールバニ郡郡庁所在地でもある。州の東部、ハドソン川中流域に位置する。2008年の推計人口は9万3539人と微減が続いているが、オールバニ都市圏の人口は857,592人と州内で4番目、さらに広域都市圏での人口は1,151,653人とロチェスターを凌ぎ、州内3番目の規模となっており、自然と調和したダウンタウンが形成されている。

一世紀以上に亘り、高度教育の中心地として名を馳せており、また今日では政治と共に福祉医療の街としても注目が高い。これは1970年~80年にかけて産業の衰退、治安の悪化などで大幅に人口が減少した影響を大きく受けている。

歴史[編集]

オールバニ市
City of Albany
ニューヨーク州における市の位置
ニューヨーク州における市の位置
創設 1624年
市制 1686年
オールバニ郡
市長 ジェラルド・D・ジェニングス
Gerald D. Jennings
面積
 - 総面積
 - 陸地面積
 - 水域面積
 - 水面積率

56.6 km²
55.4 km²
1.2 km²
2.15 %
人口(2000年)
 - 人口密度
95,658 人
4,474.6 人/km²
標準時 EST : 東部標準時 (UTC -5)
位置座標
(WGS-84)
北緯 42.6598°
西経 73.7813°
オールバニ市公式サイト

1609年オランダ東インド会社のイギリス人探検家ヘンリー・ハドソンが、ハーフムーン号でハドソン川を遡上し、この地に到達する。オランダは1614年に、原住民との間で皮革の交易を行う拠点としてフォート・ナッソー (Fort Nassau) をこの地に置いた。その後、ヨーロッパから移民団が渡り、1624年ニューネーデルラントで最初の永続的植民地フォート・オレンジ (Fort Orange) を建設する。1652年に、オランダ西インド会社はフォート・オレンジから発展した村落共同体の名をベヴェウィク (Beverwyck) とする。

1664年、オランダ領ニューネーデルラントは、イギリス領となる。それにあわせてオールバニに改称。これは、オールバニ公ジェームズ・ステュアート(後のジェームズ2世)に敬意を表して命名された。そして1686年、市制を施行。

1754年、北米の7つの英国植民地がフレンチ・インディアン戦争における対仏共同防衛協約を結ぶため、オールバニ会議が開催される。ベンジャミン・フランクリンが植民地の連合政府樹立(「オルバニー連合案」)を提案し、採択される。しかし、この連合案は本国からも各植民地からも拒絶され、発効しなかった。なお、この連合案は、後にアメリカ独立戦争前に開かれた大陸会議において、再び、持ち出されることになる。フレンチ・インディアン戦争中は、オールバニには英国植民地連合軍の総司令部が置かれた。

独立戦争においては、1777年に、カナダから南下しオールバニを目指していたイギリス本国軍を、オールバニの北方で大陸軍が迎え撃ち、激戦の末、撃退した。このサラトガの戦いが転機となり、独立戦争は最終局面に移行した。独立後、ニューヨーク州の州都は、オールバニから約80km下流にあるキングストンにあったが、1797年、オールバニが州都となる。

オールバニが飛躍的に発展するきっかけとなったのは、1825年エリー運河開通であった。市の周辺で収穫される農産物を集積、輸送する拠点として、また、原料及び製品の輸送に便利なため、繊維、製紙、機械工業などが発達し、その他、印刷・出版業等も盛んになった。

地理[編集]

タイムズ・ユニオン・センター

オールバニは北緯42度39分35秒、西経73度46分53秒 (42.659829, -73.781339)[1]に位置している。

アメリカ合衆国統計局によると、この都市は総面積21.8 mi² (56.6 km²). である。このうち21.4 mi² (55.4 km²) が陸地で0.5 mi² (1.2 km²) が水地域である。総面積の2.15%が水地域となっている。

ニューヨーク市からハドソン川に沿って北へ約230kmの位置にある。このあたりがハドソン川を外洋船で遡上できる限界点となっており、オールバニ市街は、この川の右岸(西岸)側を中心として広がる。市の約20km北東で、州の中央を南東へ流れてきたモホーク川がハドソン川に合流しており、両河川の川谷が合わさり、比較的広い低地帯を形成している。

モホーク川、ハドソン川は、五大湖大西洋を結ぶエリー運河の一部を構成し、オールバニは、その中継拠点として発展してきた。

気温は、真夏でも30℃を超えるのは年に10日ほどで、11月から3月までは最低気温が氷点下となる日が過半で、1月には氷点下10℃を下回る。

人口動静[編集]

2000年現在の国勢調査[2]によると、この都市は人口9万5658人、世帯数40,709、及び18,400家族が暮らしている。人口密度は4,474.6/mi² (1,727.5/km².) である。2,118.4/mi² (817.9/km².) の平均的な密度に45,288軒の住宅が建っている。この都市の人種的な構成は白人63.12% 、黒人またはアフリカ系アメリカ人28.14%、先住民0.31%、アジア系3.26%、太平洋諸島系0.04%、その他の人種2.15%、及び混血2.98%である。ここの人口の5.59%はヒスパニックまたはラテン系である。

この都市内の住民は20.0%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が19.3%、25歳以上44歳以下が29.2%、45歳以上64歳以下が18.1%、及び65歳以上が13.4%にわたっている。中央値年齢は31歳である。女性100人ごとに対して男性は90.6人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は86.5人である。

この都市内の世帯ごとの平均的な収入は30,041米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は39,932米ドルである。男性は31,535米ドルに対して女性は27,112米ドルの平均的な収入がある。この都市の一人当たりの収入 (per capita income) は18,281米ドルである。人口の21.7%及び家族の16.0%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の28.8%及び65歳以上の12.5%は貧困線以下の生活を送っている。

教育[編集]

総合大学として、ニューヨーク州立大学オールバニ校が、単科大学として、医科、薬科の各カレッジ、ロー・スクール、セイントローズ大学、イクセルシア大学などがある。

交通機関[編集]

姉妹都市[編集]

出身有名人[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯42度39分35秒 西経73度46分53秒 / 北緯42.65972度 西経73.78139度 / 42.65972; -73.78139