アーサー・コンプトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノーベル賞受賞者 ノーベル賞
受賞年:1927年
受賞部門:ノーベル物理学賞
受賞理由:コンプトン効果の発見
Arthur Compton (1929)

アーサー・コンプトン(Arthur Holly Compton,1892年9月10日 - 1962年3月15日)は、アメリカ実験物理学者。1920年からセントルイスワシントン大学、1923年からはシカゴ大学で教職に就いた。兄のカール・テイラー・コンプトン (w:Karl Taylor Compton)も物理学者。

コンプトンは自由電子によって散乱されたX線の波長が長くなっていることを実験によって発見した(コンプトン効果)。これはX線の持つエネルギーが、散乱される前に比べて減少したことを意味している。つまり電磁波が持っていたエネルギーの一部が自由電子に移ったと解釈できる。コンプトン効果は光の粒子性を証明する実験の一つとされた。

第二次世界大戦期は、原子爆弾の開発のために尽力した。1946年にはセントルイスのワシントン大学の総長に就任した。

経歴[編集]