ウィリアム・デュアン (物理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィリアム・デュアン(William Duane, 1872年2月17日 - 1935年3月7日)は、アメリカ合衆国物理学者放射線X線に関する研究で知られている。

略歴[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。1893年ハーバード大学を卒業し、1897年ベルリン大学を卒業した。1898年から1907年までコロラド大学で教鞭をとり、その後1913年までフランスパリにあるキュリー・ラジウム研究所(現キュリー研究所 (パリ))で研究員を務めた。1913年、ハーバード大学に戻ったデュアンは生物物理学の担当教員となり、1917年から1934年まで生物物理学の教授を務めた。