ハンス・ガイガー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・ガイガー
1928年撮影
人物情報
生誕 1882年9月30日
ドイツの旗 ドイツ帝国 ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセ
死没 1945年9月24日(満62歳没)
ドイツの旗 ドイツ ポツダム
学問
研究分野 物理学
研究機関 フリードリヒ・アレクサンダー大学エアランゲン=ニュルンベルクマンチェスター大学
主な業績 ガイガー=ミュラー計数管の発明
影響を
受けた人物
アーネスト・ラザフォード
主な受賞歴 ヒューズ・メダル(1929年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

ハンス・ガイガー(Johannes (Hans) Wilhelm Geiger, 1882年9月30日 - 1945年9月24日)はドイツ物理学者である。放射線量を測定するガイガー=ミュラー計数管の発明や、原子核の発見につながったガイガー・マースデンの実験、α線の飛程と半減期との関係を示したガイガー・ヌッタルの法則の提唱で知られる。

現在のラインラント=プファルツ州ノイシュタット・アン・デア・ヴァインシュトラーセに生まれた。父親はインド学者でエアランゲン大学の教授のヴィルヘルム・ルードヴィッヒ・ガイガーである。

1902年からエアランゲン大学で物理学と数学を学び、1906年に博士号を得た。1907年からマンチェスター大学アーネスト・ラザフォードのもとで働き、1909年でガイガー・マースデンの実験を行った。1911年にガイガー・ヌッタルの法則を定式化し、原子の構造を明らかにした実験を行った。1912年にベルリン連邦物理工学研究所英語版のリーダーとなり、1925年クリスティアン・アルブレヒト大学キール英語版の教授となった。1928年に、ヴァルター・ミュラーとガイガー=ミュラー計数管を開発した。ガイガーはナチス政権下で、テュービンゲン大学ベルリン大学の教授職を得たので、ナチスとの関係が問題にされるが、ガイガーは1945年の彼の死まで、政治的な発言の記録は残っていない。

1929年にヒューズ・メダルを受賞した。ポツダムにて没。