エバーハルト・カール大学テュービンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エバーハルト・カール大学テュービンゲン

エバーハルト・カール大学テュービンゲンEberhard-Karls-Universität Tübingen)は、ドイツテュービンゲンにある総合大学。通称はテュービンゲン大学。以下、本項内ではこの通称を用いる。

概要[編集]

1477年にヴュルテンベルク=ウラッハ伯エーバーハルト5世によって創設されたテュービンゲン大学の前身テュービンゲン神学校は、17世紀から19世紀を通じてルター派正統神学の拠点であった。近郊にベーベンハウゼン修道院をもつ。街の至る所に大学施設がおかれているが、中心となる施設はかつて城のあった小高い高台にある。テュービンゲンで最も歴史のあるギムナジウムヨハネス・ケプラーを記念して、ヨハネス・ケプラー・ギムナジウムと名づけられている。教会広場に面したヘッケンハウアー書店は、かつて無名時代のヘルマン・ヘッセが店員をしていたことで知られる。

代表的人物[編集]

  • ヨハネス・ケプラー
    16世紀後半から17世紀前半にかけての天文学者。当大学で数学を学んだ。天体運行に関するケプラーの法則で知られる。
  • フリードリヒ・シェリング
    18世紀後半から19世紀前半にかけての哲学者。ドイツ観念論の代表的な哲学者で、「人間的自由の本質」などで知られる。
  • ゲオルク・ヘーゲル
    18世紀後半から19世紀前半にかけての哲学者。シェリングと同時期に活躍した哲学者で、ドイツ観念論の大成者とされることが多い。『精神現象学』などの作品で知られる。
  • フリードリヒ・ヘルダーリン
    シェリング、ヘーゲルと同時期にテュービンゲン大学で学んだ詩人。
  • カール・バルト
    20世紀最大の神学者の一人で、テュービンゲン大学で学んでいる。「ローマ書」「教会教義学」などで知られる。
  • グドルン・エンスリン
    ドイツ赤軍の創設者であると同時に初期の指導者。1960年から1963年までテュービンゲン大学に在籍。彼女の父ヘルムート・エンスリンもテュービンゲン大学出身である。父はカール・バルトの神学を信奉したルター派牧師であった。ドイツ社会に与えた影響と衝撃は大きく、21世紀に入っても文学、映像世界で多くの作家によって彼女の生涯は取り上げられ、何人もの女優によって演じられ続けている。

交換留学協定校[編集]

様々な国の大学と活発に交換留学協定を締結している。日本の締結大学は以下の通り。

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度31分30秒 東経9度03分18秒 / 北緯48.525度 東経9.055度 / 48.525; 9.055