バーデン=ヴュルテンベルク州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バーデン=ヴュルテンベルク州
Land Baden-Württemberg
バーデン=ヴュルテンベルク州の旗 バーデン=ヴュルテンベルク州の紋章
州旗 州の紋章
ドイツ国内におけるバーデン=ヴュルテンベルク州の位置
州都 シュトゥットガルト
面積 35,751.64 km² (第3位
人口
 - 総計
 - 人口密度
(2005/12/31)
10,735,701 人 (第3位
299.8 人/km²
ISO 3166-2:DE DE-BW
公式サイト バーデン=ヴュルテンベルク州政府
政  治
州首相 ヴィンフリート・クレッチュマン (同盟90/緑の党)
与党 同盟90/緑の党SPD連立
前回選挙 2011年3月27日
次回選挙 2016年
連邦参議院(上院)
での投票権数
6
地  方
市町村数
 * 独立市
1,109
9
備考欄

バーデン=ヴュルテンベルク州(標準ドイツ語: Land Baden-Württembergアレマン語:Land Bade-Württebärg, Land Baade-Wiirdebäärg)は、ドイツ連邦共和国の16の連邦州のひとつ。

地理[編集]

自然地図(人口10万人以上の都市を含む)

ドイツ南西部に位置し、東はバイエルン州、北はヘッセン州、西はラインラント=プファルツ州およびフランス共和国アルザス地方、南はスイス連邦に隣接している。16ある連邦州の中で3番目に広い州である。

ドイツ帝国の構成国であるバーデン大公国ヴュルテンベルク王国プロイセン王国の飛び地であるホーエンツォレルン州(ホーエンツォレルン城がある)を前身とし、それらを引き継いだバーデンヴュルテンベルクの2州が第二次大戦後、アメリカ軍とフランス軍の分割占領期を経て1952年に合併して新しく設立した州である。

神聖ローマ帝国の時代には、シュヴァーベン大公領と、それを発展的継承したヴュルテンベルク公国、およびバーデン辺境伯領を中心に、多数の小国が存在した。さらに、州北部にあたる南フランケン地方(広義のフランケン地方の一部)は、西フランケン大公領を起源とし、のちにプファルツ選帝侯領などとして継承されていたが、19世紀初頭にバーデン領とヴュルテンベルク領に割譲・併合された地域である。

そのような歴史的経緯から、同州は西部のバーデン地域と中・東部のヴュルテンベルク地域に大別される。実際にはさらに、両地域の北部一帯を含む南フランケン地方(ハイルブロン=フランケン地域連合ライン=ネッカー広域連合の一帯)と、北部を除いたヴュルテンベルク中・南部のシュヴァーベン地方(広義的にはバイエルンシュヴァーベン地方も含む)、そして北部を除いた狭義のバーデン地方という、3つの文化圏に分かれる。

方言系統的には、ヴュルテンベルク地方も含む州北部は上部フランケン語系(南フランケン語)に属し、バーデン地方とシュヴァーベン地方はアレマン語系に属する。また歴史的に見てアレマン人が多いバーデン地方とシュヴァーベン地方はカトリックフランケン人が多いヴュルテンベルク地方はプロテスタント圏に属する。各地方の住民には今なお文化的差異と確執がある。

ドイツの中でも森が多い地域であり、バーデン地方の中心にはシュヴァルツヴァルト山地が横たわる。

歴史[編集]

1850年-1945年の区分図。赤: バーデン、黄: ヴュルテンベルク、青: プロイセン ホーエンツォレルン州
1945年-1952年の区分図。黄: バーデン州、赤: ヴュルテンベルク=ホーエンツォレルン州、青: ヴュルテンベルク=バーデン州

今日バーデン=ヴュルテンベルク州となっている領域は、神聖ローマ帝国の時代には多くの中小の聖俗諸侯領と帝国自由都市とで細分化されていた。しかし、ナポレオン戦争で混乱する中、1803年帝国代表者会議主要決議によって、帝国内の教会領、弱小諸侯領、帝国自由都市の大半が取りつぶされ、有力諸侯の間で再編されることになった。その結果、この領域内にあった教会領と帝国自由都市は全廃され、大半の世俗諸侯が陪臣化された。

1871年ドイツ帝国成立までには、

に分かれていた。1918年ドイツ革命後のヴァイマル共和国下では、それぞれがそのまま、

となった。

第二次世界大戦後は、カールスルーエミュンヘンを結ぶアウトバーン(現A8号線)のあたりを境に、北側がアメリカ合衆国占領地区に、南側がフランス占領地区になった。1945年のうちに、

が発足した。この3州は、1949年5月23日にはドイツ連邦共和国の構成州となった。

1952年4月25日、3州は合併してバーデン=ヴュルテンベルク州となった。

政治[編集]

州議会[編集]

州議会の政党別議席数(2011年現在)
州議会議事堂

州議会 (Landtag) の定数は138で、2011年3月27日に行われた前回選挙での政党別議席配分は以下の通りである。長らくキリスト教民主同盟の州首相が続いてきたが、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故の直後に行われた2011年州議会選挙で、原発反対の同盟'90/緑の党が勢力を17議席から倍以上の36に伸ばし、ドイツ社会民主党との連立政権を発足させた。

キリスト教民主同盟CDUは2011年の福島第一原子力発電所事故前までドイツ国内における原子力発電所の操業延長を容認していた。福島事故後、州議会選挙前までに原発廃棄という方向に政策転換を図ったが、CDUは州議会選挙で敗北し野党に転落した。

民主人民党 (DVP) は、自由民主党のバーデン=ヴュルテンベルク支部にあたる地方政党である。

歴代州首相[編集]

地方行政[編集]

バーデン=ヴュルテンベルクの州政府は、州内を4つの行政管区 (Regierungsbezirke) に分けて、その地域にある地方自治体の活動を監督する。これらの行政管区は自治体ではなく、議会を持たない行政官庁である。

また、各行政管区に3ずつ、計12の地域連合 (Regionalverband) がある。これは国土計画の整備・管理を行うために作られた公法人で、所属する郡や独立市の地方議会から代表が送られている。2つの地域連合には、州の垣根を越えて隣接州内の自治体も参加している。

州の下級行政単位(地方自治体)は、35の (Landkreis) と、郡には属さない9つの独立市 (Stadtkreis) からなる。後者は直訳すれば「都市郡」となり、1市単独で郡と同格の自治体として扱われることを意味する。2006年5月1日現在、郡にはその下級行政単位として、302の市 (stadt) と、798の町村(ゲマインデ、Gemeinde)が属する。市も含めた広義の「ゲマインデ」(基礎自治体)の総数は、1109である。それに加えて、2つの基礎自治体未設置地区(1つは定住者あり、1つは無人)がある。

行政管区と地域連合[編集]

[編集]

郡と独立市の区分図

郡と郡庁所在地。冒頭の記号は、区分地図の記号に符合する。郡名のみドイツ語綴りを付記した。

独立市[編集]

UL ウルム (Ulm) KA カールスルーエ (Karlsruhe)
S シュトゥットガルト (Stuttgart) HD ハイデルベルク (Heidelberg)
HN ハイルブロン (Heilbronn) BAD バーデン=バーデン (Baden-Baden)
PF プフォルツハイム (Pforzheim) MA マンハイム (Mannheim)
FR フライブルク・イム・ブライスガウ (Freiburg im Breisgau)

その他の著名な町[編集]

上記、郡庁所在地と独立市以外で、著名な観光地や歴史的な出来事の舞台となった町など。

文化[編集]

  • 2010年3月1日から、夜間帯(午後10時から翌日の午前5時)の酒類の販売が禁止となる(飲食店や空港ターミナルは対象外)。

宗教[編集]

バーデン=ドゥルラハ辺境伯領とプファルツ選帝侯領であった地域、およびヴュルテンベルク北部に住む州民は主として福音主義教会に属している。他の地域、とりわけ州南部の州民にはローマ・カトリック教会の信徒が多い。バーデン=ヴュルテンベルク州は福音主義教会もローマ・カトリック教会にも年に4900万ユーロを給付金として一般会計から支払っている[1] 。 ドイツ全土において増加している無宗教者、キリスト教以外の他宗教に属する住民(例えばイスラム教徒)もいる。バーデン=ヴュルテンベルク州での無宗教者たちの一部は「ヴュルテンベルク・フマニスト」(DHUW)という組織に属しており[2]、この組織も公法人上の社団として形作られている。

下記の表はバーデン=ヴュルテンベルク州住民の帰属宗教を示している[3][4][5][6][7]

所属宗派 比率 人数
ローマ・カトリック教会 35,8 % 3,86 Mio.
福音主義 32,3 % 3,47 Mio.
イスラム教 5,6 % 600.000
新使徒教会 0,87 % 95.300
エホバの証人 0,26 % 28.000
仏教 0,23 % 25.000
ヒンドゥー教 0,14 % 15.000
ユダヤ教 0,08 % 9.000
無宗教、その他の信仰 24,8 % 2,6 Mio.

州内の主要キリスト教会は以下のようになっている。 フライブルク大司教区ドイツ語版ロッテンブルク=シュトゥットガルト司教区ドイツ語版ローマ・カトリック教会司教区

バーデン福音主義州教会ヴュルテンベルク福音主義州教会ドイツ福音主義教会(EKD)に加盟している福音主義教会である。 バーデン福音ルター派教会はEKDには非加盟の古ルター派教会である。

シンボル[編集]

州の大紋章 
州の紋章(小) 
州旗 
州政府旗(大紋章つき) 
州政府旗(小紋章つき) 

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Spardebatte: Staat zahlt 442 Millionen Euro für Kirchengehälter”. SPIEGEL ONLINE (2010年6月8日). 2011年5月24日閲覧。
  2. ^ Homepage der DHUW
  3. ^ Landesportal Baden-Württemberg
  4. ^ Neuapostolische Kirche Süddeutschland
  5. ^ Jehovas Zeugen
  6. ^ Deutsche Bischofskonferenz: Kirchenmitgliederzahlen zum 31.12.2011, DBK, 2012, (PDF)
  7. ^ Evangelische Kirche in Deutschland: Kirchenmitgliederzahlen am 31. Dezember 2010. EKD, 2011, (PDF; 0,45 MB)

外部リンク[編集]