エトヴェシュ・ロラーンド大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エトヴェシュ・ロラーンド大学Eötvös Loránd Tudományegyetem, ELTE)は、ハンガリーブダペシュトに本部を置く大学である。ハンガリー国内の大学では2番目に大きい。慣用的にブダペシュト大学Budapesti Tudományegyetem)とも呼ばれる。 ラテン語では Universitas Budapestinensis de Rolando Eötvös nominata と表記する。当初は、パーズマーニ・ペーテル大学Pázmány Péter Tudományegyetem)という名称だったが、1950年に物理学者のエトヴェシュ・ロラーンドにちなんで現在の名称に変更された。なお、パーズマーニ・ペーテル・カトリック大学Pázmány Péter Katolikus Egyetem, PPKE)は別の機関である。

歴史[編集]

1635年、大司教で神学者のパーズマーニ・ペーテルにより、ナジソンバト(現在のスロヴァキア共和国トルナヴァ)に、教養学部と神学部を置いたイエズス会系の大学として創立。1667年に法学部、1769年に医学部が設置された。イエズス会解体後の1777年、大学はブダに移転。最終的に1784年ペシュトに移転された。教育言語はハンガリー語が公用語に認められた1844年までラテン語が使用されていた。1895年に女性の入学が認められ、1949年には理学部が設置された。

著名な卒業生に、ゲオルク・ド・ヘヴェシーゾルターン・コダーイフィリップ・レーナルトセント=ジェルジ・アルベルト Albert Szent-Györgyiベーケーシ・ジェルジ Georg von Békésyジョン・ハーサニノーベル賞受賞者)、ジョン・フォン・ノイマンコッシュト・ラヨシュ Lajos Kossuth がいる。

現在[編集]

現在、8つの学部を構え、3万人を超える学生が通っている。上海交通大学による世界研究大学ランキングでは301-400位のグループに属し、203-300位グループに属するセゲド大学に次いで、ハンガリーでは2番目にランクの高い大学になる。

学部[編集]

  • 法学部
  • Bárczi Gusztáv 英才教育学部
  • 人文学部
  • 情報科学部
  • 教育・心理学部
  • 小学校・保育園教師訓練学部
  • 社会科学部
  • 理学部

関連項目[編集]

外部リンク[編集]