モンペリエ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モンペリエ大学 (l'Université de Montpellier) は、フランス南部の都市モンペリエにある大学。フランスの大学としては屈指の歴史を誇り、とりわけ医学部はヨーロッパ最古とされる。

歴史[編集]

前身と初期の学部[編集]

大学としての正式な創設は、ローマ教皇ニコラウス4世による大勅書が出た1289年のことである。これは、パリ大学(1150年)、トゥールーズ大学(1229年)に次いで、フランスで3番目に古い設置である。ただし、それに先立ってモンペリエには前身となる学校が存在していた。

  • 教養学部(自由七科
    この前身の創設は明確ではない。
  • 法学部
    1160年にモンペリエに来たボローニャの法学校のプラケンティヌス (Placentinus) が礎を作った。彼はそこで教鞭を執り、1192年に没した。法学部は長い伝統を誇り、のちにはナポレオン法典の起草に当たっても、当時のモンペリエ大学の教授たちが大きく貢献した。なお、法学部は1998年に改組された。
  • 医学部
    モンペリエ大学で最も名高いのが医学部である。この前身はスペインの医学校で学んだユダヤ人たちによって形成されたと推測されている。モンペリエの領主ギレムの政策のおかげで、免状を持った医師であればその学校で講ずる事ができた。また、教員に定員はなく、多様な講義が可能であった。
    1220年にはローマ教皇ホノリウス3世の特使コンラート・フォン・ウルラッハ枢機卿 (Cardinal Conrad von Urach) によって法認が与えられ、1240年にはマグロンの司教の指揮下でさらに広い分野での承認が与えられた。ただし、こうした監督下にあっても事実上かなりの自治を謳歌していた。
  • 神学部
    修道院での講義に起源を持ち、パドヴァのアントニオドミニコ会士のベルナール・ド・ラ・トレイユ (Bernard de la Treille) らが講じた。修道院と切り離された形での神学部が確認できるのは1350年1月のことである。1421年12月17日付のマルティヌス5世の大勅令では、神学部に教会法に基づく研究機関を設置することが認められ、それは法学部と密接に結び付けられた。

付属施設[編集]

  • 植物園 - 1593年に設置されたフランス最古のもの

モンペリエ大学で学んだ有名人[編集]

現在のモンペリエ大学[編集]

現在のモンペリエ大学は三分されている。