レーニエ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レーニエ3世
Rainier III
モナコ大公
Prince Rainier III.jpg
在位 1949年5月9日 - 2005年4月6日
全名 レーニエ・ルイ・アンリ・マクサンス・ベルトラン・グリマルディ
出生 1923年5月31日
モナコの旗 モナコ
死去 2005年4月6日(満81歳没)
モナコの旗 モナコ
埋葬 2005年4月15日
モナコの旗 モナコサン・ニコラ大聖堂
配偶者 グレース・ケリー
子女 カロリーヌ
アルベール2世
ステファニー
王家 グリマルディ家
王室歌 モナコ国歌
父親 ピエール・ド・ポリニャック
母親 シャルロット・ド・モナコ
テンプレートを表示

レーニエ3世Rainier III de Monaco, Rainier Louis Henri Maxence Bertrand Grimaldi, 1923年5月31日 - 2005年4月6日)は、モナコ公国大公(在位1949年5月9日 - 2005年4月6日)。

父はポリニャック伯ピエール、母はモナコ大公ルイ2世の娘シャルロット(ヴァレンティノワ女公)。妻はハリウッド女優であったグレース・ケリーである。


生涯[編集]

レーニエ3世はフランス、スペイン、ドイツ、イングランド、スコットランド、オランダ、イタリアの血を引いており、祖先にはスコットランドジェームズ4世ナポレオン・ボナパルトの養女であったステファニー・ド・ボアルネ、18世紀のイギリス人作家ウィリアム・トマス・ベックフォードオラニエ公ウィレム1世イングランドチャールズ2世の愛妾でイタリア人であったオルタンス・マンチーニマリー・アントワネットの寵臣ポリニャック伯爵夫人デンマークフレゼリク2世などがいる。

ポリニャック伯爵ピエールとシャルロットの間にアルジェリアで生まれる(アントワネット公女という姉がいる)。

イギリスパブリックスクールを卒業後、スイスル・ロゼを卒業。モンペリエ大学パリ政治学院に学ぶ。第二次世界大戦フランス軍に従軍。大佐まで進む。

祖父ルイ2世の死去により即位。

1940年代から1950年代にかけて、女優のジゼル・パスカルと交際していた。

カンヌ映画祭で知り合った女優グレース・ケリーと恋に落ち、1956年に結婚。翌1957年カロリーヌ公女1958年に後継者であるアルベール公子1965年ステファニー公女らが生まれたが、当の子供たちの相次ぐ不幸に見舞われ、1982年9月14日に大公妃グレースが自動車事故で逝去。大公は悲しみにくれたが、大公としての勤めを継続していた。

カーマニアとして知られ、自動車博物館を公開している。伝統のモナコグランプリではレース前に大公妃を乗せたオープンカーを運転してパレード走行を行っていた。

憲法改革や、モナコ公国の経済基盤をモータースポーツなどギャンブル事業以外にも発展させるなどの功績があった。

2004年の初め、冠状動脈疾患により入院。同年10月26日には、肺感染症のため再び入院した。2005年3月21日に集中治療室に移された。3月23日心不全腎不全人工呼吸の状態になった(これに伴い3月31日、公太子であるアルベールが大公としての職務を代行)。4月6日肺感染症などにより死去。

レーニエ3世の墓

レーニエ3世を扱った作品[編集]

外部リンク[編集]

先代:
ルイ2世
モナコ大公
1949年 - 2005年
次代:
アルベール2世