グラーツ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
University of Graz
Karl-Franzens-Universität Graz
ラテン語名称Carolo Franciscea Graecensis
校訓 Gaudeamus igitur[1]
創立 1585
学校種別 公立
信仰宗教 non-denominational
運営資金 € 189.3 million
学長 Christa Neuper
教職員 2,676[2]
職員 1,240[2]
学生 31,580[2]
所在地 オーストリアシュタイアーマルク州グラーツ
キャンパス 都市
ノーベル賞受賞者 6
所属提携 コインブラ・グループ, ユトレヒト・ネットワーク
ウェブサイト uni-graz.at/en
テンプレートを表示

グラーツ大学(ドイツ語:Karl-Franzens-Universität Graz、英語:University of Graz)はオーストリアグラーツにある大学。オーストリアでは2番目に規模の大きい大学である。

歴史[編集]

グラーツ大学は正式名称をカール・フランツェンス大学グラーツといい、1585年にオーストリア大公フェルディナント2世によって設立された、同市で最古の大学である。大学の歴史のほとんどはカトリック教会によって統制され、教育機関の分野に渡って州政府の指揮権を得たいとするヨーゼフ2世の試みにより、1782年に一時閉鎖された。その後ヨーゼフ2世は大学を公務員や医療職員も育成できる、リセとして変容させた。1827年、大学はフランツ2世によって再び大学としての承認を受けると、シャルル(フェルディナンド)・フランツ大学という意味を表す「カール・フランツェンス大学」の名称を獲得した。2002年に大学法の改定により医学部が分離独立。現在は3万人を越える学生が同大学で勉学に勤しんでいる。

発明家のニコラ・テスラは、1875年にグラーツ工科大学で電気工学を学んだ。また、ノーベル賞受賞者のオットー・レーヴィは、1909年から1938年までこのグラーツ大学で教鞭をとっている。更に、1936年エルヴィン・シュレーディンガーが、短期間ながらグラーツ大学学長を務めた。

学部[編集]

  • 神学部
  • 人文科学部
  • 法学部
  • 自然科学部
  • 社会科学部

卒業生[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The university's symbols: Coat of arms and hymn”. University of Graz. 2012年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c University of Graz: Facts & Figures”. University of Graz. 2012年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]