オーボ・アカデミー大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーボ・アカデミー大学
Åbo Akademi
Åbo Akademi main building.jpg
創立 1918
学校種別 公立
学長 Jorma Mattinen (rector)
総長 Christoffer Taxell (chancellor)
職員 1,127
学生 7,941
所在地 フィンランドトゥルク
キャンパス 都市部
所属提携 コインブラ・グループ
ウェブサイト http://www.abo.fi
テンプレートを表示

オーボ・アカデミー大学(Åbo Akademi)は、フィンランドトゥルクにあり、スウェーデン語で教育が行われる大学。オーボとは、トゥルクにおけるスウェーデン語名称である。1918年に設立され、トゥルク市にある3つの大学(オーボ・アカデミー大学、トゥルク大学トゥルク経済学校)の中で最も古い。2004年現在、7,941人の学生と1,125人の職員が在籍する。キャンパスはトゥルクの他、ヴァーサヤコブスタードヘルシンキオーランド諸島にも構えられている。私立機関として設立した大学であるが、1981年に公立化した。

1640年にトゥルクで設立し、後に1827年のトゥルク大火によりヘルシンキに移転した王立オーボ・アカデミー(現:ヘルシンキ大学)と混同しないように注意すること。

大学の規則により、北欧諸国出身でスウェーデン語を話さない入学志望者は、スウェーデン語のテストを受け、同語で支障無く学べる能力を持つことを証明する必要がある。一方、北欧諸国以外の出身の志望者は、試験の言語をスウェーデン語か英語から選ぶことができる。

組織[編集]

加えて、以下の施設や共同プログラムを有する。

  • メディアシティ(ヴァーサ)
  • 言語センター
  • 生涯教育センター
  • 人権研究所
  • トゥルクPETセンター(トゥルク大学、トゥルク大学病院との共同機関)
  • トゥルク計算機科学センター(TUCS)(トゥルク大学等との共同機関)
  • トゥルク生物工学センター(トゥルク大学等との共同機関)

外部リンク[編集]