サラマンカ大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
プレテレスコ風ファサード

サラマンカ大学スペイン語:Universidad de Salamanca)は、マドリードの西北西に位置する都市サラマンカにある大学。現存するスペイン最古の大学で、オックスフォード大学ケンブリッジ大学パリ大学ボローニャ大学などとともにヨーロッパでも設立の古い大学の1つでもあり、「知識を欲する者はサラマンカへ行け」と言わしめた。2004年現在、学生数約32,000の総合大学である。

歴史[編集]

1218年レオン王国アルフォンソ9世によって設立された。酸化鉄を含んだ石造の建物はおびただしい装飾が施され、セルバンテスイサベル1世フェルナンド2世の肖像のレリーフがあるほか、それを見たものは学業成就すると言われる蛙の乗った髑髏のレリーフもある。13世紀中にヴァチカンからストゥディウム・ゲネラーレの認定を受けている。

大航海時代には、天文学などに基づいた航海計画が綿密に練られた場所となった。宗教改革後は、スペインにおける学術の中心であるとともにヨーロッパにおけるカトリック神学の中心となり、16世紀には大学内のサン・エステバン神学院を拠点にしてドミニコ会を中心とする学派、17世紀18世紀にはサン・エリアス神学院を拠点にカルメル会を中心とする学派が神学・哲学・法学の研究を進め「サラマンカ学派」と称された。

1988年サラマンカの旧市街とともにユネスコ世界遺産に登録される。

学部[編集]

サラマンカ大学の図書館

外国人がスペイン語を勉強するための“cursos internacionales”というコースがあり、ヨーロッパを中心に多くの国から学生が集まっている。そこでは、スペイン語の他に文化・歴史・経済を学ぶことができ、7月と8月には、日本語翻訳の授業も行なわれている。

著名な卒業生[編集]

日本の皇室とのかかわり[編集]

サラマンカ大学構内にある碑文

学内には、1985年に当時の皇太子夫妻、現天皇明仁皇后美智子が訪れたことを記念するラテン語の碑文がある。碑文には“AKIHITVM ET MICHIKAM IMPERII IAPONICI SERENISSIMOS PRINCIPES VNIVERSITAS LAETA RECEPIT 28 FEBRVARII MCMLXXXV”(本学は、日本帝国の皇太子殿下ならびに同妃殿下である明仁と美智子を喜びをもって迎えたり。1985年2月28日)とある。

関連項目[編集]

  • トゥナ - 学生による大道芸。学費を稼ぐために、この大学で始まり、スペイン各地に広まった。

舞台として使用された映画[編集]

外部リンク[編集]