パヴィア大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Collegio Ghislieri (Pavia).JPG

パヴィア大学(イタリア語:Università degli Studi di Pavia,英語:University of Pavia)はイタリアパヴィーアにある大学。

歴史[編集]

1361年に設立されたイタリアの大学のひとつ。 大学の前身になった学校が設立されたのは9世紀にさかのぼり、当時は神学天文学法律などを学ぶ場であった。これを元に1361年に総合大学として設立された。 大学の建物は14~15世紀にかけて建てられたとされる。その後、ジュゼッペ・ピエルマリーニらの手により増築された。 同大学の医学部には、パヴィア大学歴史博物館が設置されており大学の歴史を記す資料に加え、歴史的な解剖学の標本などが展示されている。 また近年、エンジニアリング部が設置され、多数の技術者を輩出しているとされる。大学の近隣には米Marvell社の技術研究センターなどが設置されている。

学部[編集]

  • 経済
  • エンジニアリング
  • 人文科学
  • 法律
  • 物理・数学
  • 医学
  • 薬学
  • 音楽
  • 政治

キャンパス[編集]

卒業生[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「パヴィア大学」は、イタリアに関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正等して下さる協力者を求めていますP:イタリア/PJイタリア)。