パドヴァのアントニオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
幼いキリストを抱く聖パドヴァのアントニオ、フランシスコ・デ・スルバラン

パドヴァのアントニオイタリア語:Sant'Antonio di Padovaポルトガル語:Santo António de Lisboa1195年 - 1231年6月13日)は、カトリック教会の聖人。教会博士の一人。本名はフェルナンド・マルティンス・デ・ブリャォン(Fernando Martins de Bulhão)といい、リスボンで貴族の子として生まれた。そのため、リスボンのアントニオとも呼ばれる。アッシジのフランチェスコに共感し、彼の創設したフランシスコ会に入会。イタリアや南フランスといった地域を巡り、精力的に活動するも、パドヴァ近郊で病没した。未だ30代半ばであった。説法に優れ、生前から民衆にも大変人気のある人物であったという。彼の絵画や肖像では、幼子のキリストを抱き、本とユリの花、パンがともに描かれている。祝日は6月13日。パドヴァポルトガルブラジルの守護聖人。

関連項目[編集]

執筆の途中です この項目「パドヴァのアントニオ」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。