オドリコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祝福されしポルデノーネのオドリコ
ポルデノーネのオドリコ
生誕 1286年
ポルデノーネ
死没 1331年01月14日
ウーディネ
崇敬する教派 Roman Catholicism
列福日 1775
列福決定者 ベネディクトゥス14世 (ローマ教皇)
主要聖地 ポルデノーネ
記念日 January 14

ポルデノーネのオドリコ(俗名 オドリコ マッティウシ 或いは マッティウジ; 1286年1331年1月14日)は、後期中世イタリアの旅行家・修道士。彼の中国訪問に関する報告書簡はジョン・マンデヴィル英語版 の旅行記の重要資料となった。マンデヴィルの旅行記に掲載されている多くの驚異の事物はオドリコの目撃談を捻じ曲げて利用したものだと考えられている。

生涯[編集]

(現在はイタリアのフリウーリ地方のポルデノーネの町に所属している)Villanova村で1286年に生まれた。彼の先祖はマッティウシというチェコ人だった[1]。伝記史家によれば、彼は若い頃、フリウーリの州都であるウーディネフランシスコ修道会に入会した。

ポルデノーネのオドリコの旅立ち

1296年にオドリコはバルカン半島、次いで南ロシアのモンゴルへ赴く任務を受けた[2]

修道士オドリコは1318年4月に東方へと派遣された。パドヴァから出発し、ヴェネチア経由でコンスタンティノープルへ向かい、黒海を渡ってトラブゾンに達した[1]。そこからアルメニアメディアペルシアへ向かった。これらの場所は全てフランシスコ修道会が布教拠点を建てていた[2]スルターニヤからカーシャーンヤズドペルセポリスシーラーズバグダッドなどの地域を経てペルシア湾に達した。アイルランド人の同僚である修道士ジェイムズ英語版と一緒にホルムズからインドへ渡り[2]ボンベイ近郊のターネーに上陸した。

この町には四人のフランシスコ修道会士がおり、彼らのうち三人はイタリア人で、もう一人はグルジア人だった。彼らは少し前にムスリムの知事の手で殉教させられていた[1]殉教した修道士の骨をカタルーニャの修道士ヨルダヌス英語版ドミニコ修道会の修道士(インドのクイロン主教管区英語版の最初の主教)が集めてSuperaに運び、そこに埋めた(Superaは古代の地誌に登場するSupparaであり、ボンペイ北方26マイルにある現在のヴァサイ英語版)。オドリコは、四人が葬られている墓地に来て遺骨を掘り出して、旅行に携えてゆくことにした。この後、フランドリナ、シンギリン(現クランガノル英語版)、クイロンセイロン島を通り、北部ケーララのマラバールに達した。マラバールにはトマスの遺骸のある教会があった。

彼はインドからジャンク船に乗りスマトラ島ジャワ島に達した。ジャワ島に関する記述では、ジャワの王はカタイの汗と何度も交戦して撃退した、との記載がある(フビライのジャワ遠征を示していると思われる)。ボルネオ島付近を北上しザンパ(チャンパー)を経て南下、ニコバル諸島、シラン島(セイロン島に比定される)、ドンディン島(アンダマン諸島に比定される)を経てチェンスカラン(広東)に到着した[3][4]。広東からザイトン(泉州)、フゾ(福州)、カンサイ(杭州)、チレンフ(南京)、イアムザイ(揚州)、レンズィン(臨城)、スンズマトゥ(済寧)、カンバリク(北京)に到着した[5]。ザイトンにはフランシスコ修道会の修道院が2つあり、オドリコは、そこにインドから携えていた殉教者の遺骨を埋葬した。

オドリコは1324から1327年まで約3年間滞在し、モンテコルヴィーノに建設された教会の一つに関係していたと思われる(モンテコルヴィーノは1328年に死去した)。3年間の滞在後、北京を発って帰国の途につき、西方へ向かい、50日後にプレスター・ジョンの地へ到着、その後トザン、カンサン、チベットラサ、ミレストルテ[6]などを通過し、1329年末か1330年初頭にヴェネツィアに到着した。

彼の北京滞在は1324-27年と推定されているが、それは、帰国後彼の旅を口述を筆記したソラーニヤのグリエルモ修道士が、1330年5月に採録したと筆記していることで帰国が1329年末から1330年初頭と考えられること、インド西部滞在が1321年か22年頃までであると考えられることから、中国滞在は1323年初頭から1328年末までの間の3年間だと推定されている。1330年5月にパヴィアの聖アントニウス教会にて旅行記録がラテン語で筆記された。帰国後オドリコは、アヴィニョンの教皇を訪問しようとしたが、ピサで病気となり故郷にある中心市ウーディネへ戻り、1331年1月14日そこで死去した。

長旅の間、アイルランドの修道士ジェイムズ英語版を伴っていたと考えられ、ジェイムズ修道士は、その名がオドリコ死去直後のウーディネの公記録に見えており、 Socio beau Fratris Odorici, amore Dei et Odorici(修道士オドリコの恵まれた仲間、神とオドリコの愛する者)との記載がある。


旅の背景と目的[編集]

ウディーネにあるオドリコの墓

オドリコの旅は、外交使節として一般的なもので、更に宗教的な目的を併せ持っていた。13世紀前半にモンゴル人がヨーロッパに侵入し、1237年から翌年にかけてロシアの殆どを略奪し、1241年にはポーランドを荒廃させ、突然退却していった。教皇インノケンティウス4世は1245年にモンゴルの大汗への最初の使節を派遣した。この時の使節がフランシスコ修道会プラノ・カルピニだった。このような教皇の外交政策は14世紀にも引き継がれ、ニコロ、マフェオ、マルコ・ポーロらの1260年から1271年の2度の旅や、1294年のモンテコルヴィーノの教皇ニコラオス4世の派遣へと展開していった。

評価[編集]

遠大な彼の旅の名声は、同じフランシスコ修道会の人々よりも、彼の同郷の人々に大きな印象を与えた。彼の死去後、修道会は特別な儀式を催すこともなく埋葬した。しかし、。彼の驚嘆すべき旅行や死後の奇跡のが広まり、熱狂がフリウーリカルニオーラ中にに野火の如く広まったため、ガスタルド英語版ロンバルディアの官職)や市の主席行政官英語版が乗り出して公的葬儀を行なうよう指示した。葬儀は再三延期され、最終的にはアクイレイアの総大司教とその地方の高官達の前で行なわれた。人々の歓呼が彼を偶像視させ、地方政府は彼の体の為に立派な寺院を建設し、14世紀の中頃には、聖者かつ旅行家としての名声は遠く広まった。とはいえ、教皇が彼を列聖したのは4世紀後の1755年のことだった。オドリコの半身像[7]が1881年に出身地のポルデノーネに作られた。

オドリコの旅行記は、ラテン語だけではなく、フランス語イタリア語版など多くの写本が作られ現在まで多数の写本が残っている。14世紀中から速く広まり人気を得た。内容に不正確なところがあるからとして価値を認めない人々もいるが、オドリコの功績はジョン・マンデヴィル英語版のような奔放さにあるのではない(そもそもマンデヴィルの作品は他の資料や彼自身の非凡な発想や付加があるとしても、インドと中国の記載はオドリコの記載から盗作したものである)。

彼の旅行家としての非凡ははその旅程に見ることができる。彼はスマトラ島の正確な名前に言及した最初のヨーロッパ人であり(マルコ・ポーロはSamara/Samarachaと表記している)、マルコ・ポーロが記載していない中国の纏足にも言及している。

列聖[編集]

多くの奇蹟が彼の墓で見られたということに動かされ、教皇ベネディクトゥス14世は1755年にオドリコを列聖した。1881年にはポルデノーネ市は追悼を行なった。

写本と校訂本[編集]

73のラテン語・フランス語・イタリア語の写本が伝存している。もっとも重要なものはビブリオテーク・ナショナルにある1350年の写本である(Paris (Manuscripts lat. 2584, fols. 118 r. to 127 v..)。最初の印刷本はペーザロで1513年に印刷されたもので、アポストロ・ゼノ英語版 (1668–1750) はlingua inculta e rozza(素朴なる言葉)と呼んだ。

イタリア人の地誌学者ジョバンニ・バティスタ・ラムージオ英語版はオドリコの旅行記を含む最初の書籍である二巻本の第二版を1574年に出版した(イタリア語)。この本には2つの異なった写本に基づく旅行記が収録されており、序文も解説も無い(1583年版も参照, vol. ii. fols. 245 r256 r.)。他の (ラテン語)版は en:Acta Sanctorum(17世紀イタリアの百科全書 (en:Bollandist(17世紀の学者グループ) に掲載されている。列聖にあたって教皇庁で行なわれた議論は ex typographia rev. camerae apostolicae (Rome, 1755)として残されている。 ミュンヘンのFriedrich Kunstmann は書簡をオドリコの旅行記に捧げている(Histor.-polit. Blätter von Phillips und Görres, vol. xxxvii. pp. 507–537)。

主なオドリコの旅行記:

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Hartig, Otto. "Odoric of Pordenone." The Catholic Encyclopedia. Vol. 12. New York: Robert Appleton Company, 1911. 27 Mar. 2013
  2. ^ a b c Habig ofm ed., Marion, "Blessed Odoric Matiussi of Pordenone", The Franciscan Book of Saints, Franciscan Herald Press, 1959
  3. ^ 一度南ベトナムのチャンパーに達してから南下してインド洋の島々(セイロン島、ニコバル諸島、アンダマン諸島の記述が続いている。写本の順番が誤っているか、またはザンパをチャンパーとする比定が誤っているかいずれかだと思われる(家入敏光訳pp249-250)
  4. ^ チェンスカランは上部インド地方、或いはManziと表記されており、蛮子(元代北方人が南宋旧領の人々を卑下した呼称)、ペルシア語のMachin(マーチーン(大シナ))、サンスクリットのMaha China(大シナ)など諸説ある。第26章に、マンジは大汗の支配する12の領域の一つと記載がある(家入敏光訳p118)
  5. ^ カンバリクはKhan-baliq(モンゴル語で汗の都)。大都(Taido)とも表記されている(家入敏光訳p272)
  6. ^ この地はフレグが陥落させた山の老人がいた地との記載がある(家入敏光訳pp132-133)
  7. ^ 画像が見つからないので彫像か絵画か不明

翻訳[編集]

  • Odoric of Pordenone, translation by Sir Henry Yule, introduction by Paolo Chiesa, The Travels of Friar Odoric: 14th Century Journal of the Blessed Odoric of Pordenone, Eerdmans (December 15, 2001), hardcover, 174 pages, ISBN 0802849636 ISBN 978-0802849632
  • 『東洋旅行記―カタイ(中国)への道』家入敏光訳、桃源社、1979年、ASIN B000J8H6IC
  • 『東洋旅行記―カタイ(中国)への道』家入敏光訳、光風社出版、1990年、ISBN 978-4875190189