ディエゴ・デ・ランダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディエゴ・デ・ランダ

ディエゴ・デ・ランダDiego de Landa1524年 - 1579年)は、16世紀カトリック教会に属するフランシスコ修道会出身の聖職者で、後にユカタンの司教になった。スペインによる征服が始まっていたユカタンで活動した。

1524年、スペインカスティーリャ地方(現在のカスティーリャ=ラ・マンチャ州グアダラハラ県)のシフエンテススペイン語版に生まれる。1541年、16歳のときにフランシスコ修道会の修道士となる。ニコラス・デ・アルバラーテ修道士らとともに、1549年にフランシスコ修道会の5回目の派遣でユカタン地方に訪れた。

イサマル英語版修道院長をへて、1560年にフランシスコ会ユカタン教区長とメリダ修道院長を兼任した。

ランダが作成したマヤ文字とアルファベットの対照表

1562年7月、マニ[1]で地域の首長(カシケ)を含む40人ものインディオの異端尋問を行い、多数の絵文書を焼くように命じた(マニの宗教裁判)。そのため今日では、マヤの絵文書はわずか4点をかぞえるのみとなり、ディエゴに対しては文化的遺産を破壊したという批判が現在でもなされる。一方で、ディエゴは『ユカタン事物記英語版Relación de las Cosas de Yucatán 』を著し、その中にマヤの社会に関する記録を多く残した。その中にマヤ文字スペイン語のアルファベットを対照させた表があり、これには誤りが多かった(文字の素養のあるマヤ人をつかまえて、「Aはどれだ?」と怒鳴りつける方法であった。怯えた相手が、をあらわす「アアク」のことを言っているのではないかと推測し、亀を表す表意文字を示した。このようにしてアルファベット二十七文字と、いくつかの複合語のリストを作成した[2])が、後にマヤ文字の解読の手がかりとなった。

脚注[編集]

  1. ^ メキシコ合衆国ユカタン州の町
  2. ^ L・スプレイグ・ディ・キャンプ 小泉源太郎訳 『プラトンのアトランティス』 角川春樹事務所 1997年 ISBN 978-4894563650、62p

参考文献[編集]