バルトールス・デ・サクソフェラート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルトールス・デ・サクソフェラート

バルトールス・デ・サクソフェラート(Bartolus de Saxoferrato 、1314年?-1357年7月13日)は、14世紀イタリア法学者フランチェスコ会士。後期註釈学派を代表する法学者で、「バルトールスの徒にあらざる者は法律家にあらず」とまで言われた。バルトロ・ダ・サッソフェラートとも。

人物[編集]

1314年頃イタリアのサッソフェラートに近い村で富裕な農家に生まれる。ペルージア大学入学後ボローニャ大学に移り、21歳の若さで法学博士になる。その後イタリア各地で実務家として活動、1339年ピサ大学教授に就任。1343年ペルージア大学教授就任。1357年7月13日43歳の若さで急逝。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]