オックスブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オックスブリッジ英語:Oxbridge)は、イギリスオックスフォード大学(University of Oxford)とケンブリッジ大学(University of Cambridge)の併称。英国の大学に於いて双璧を成している。両校とも800年以上の歴史を持ち、過去も現在も多くの為政者や文化人を輩出していることから、エリートや名門校の代名詞となっている[1]

イギリスの政界・法曹界におけるオックスブリッジ出身者の寡占率は高く、2000年代の調査によると、イギリスの判事の85%が両校の出身者である[1]。国の中枢を担うことになるオックスブリッジの学生の50%が、全英の学校の7%にすぎない高額のプライベート・スクールからの進学者であり、社会的不均衡を生んでいる[1]

日本には、両校の卒業生による1903年設立の親睦会「ケンブリッジ・オックスフォード・ソサエティ」がある。ケンブリッジの卒業生が先に設立したため、同校名が先に来る[2]

イギリスの大学群には、この両校を含むアンシャン・ユニヴァシティーラッセルグループという大学群も存在する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Oxbridge blues Carole Cadwalladr, The Guardian, 16 March 2008
  2. ^ WHY THE "CAMBRIDGE & OXFORD SOCIETY"?Cambridge & Oxford Society, 1995-04-04