エロー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エロー県
の紋章
エロー県の紋章
位置
の位置
概要
県番号 34
地域圏 ラングドック=ルシヨン
県庁所在地 モンペリエ
郡庁所在地 ベジエ
ロデーヴ
3
小郡 49
コミューン 343
知事 アンドレ・ヴェザンエ
フランス社会党
統計
人口
国内位
  (2011年)
1,062,036人
人口密度 171人/km2
面積¹ 6,101 km2
¹ 「French Land Register data」(1平方キロ以上の湖沼、エスチュアリー、氷河などの水面積除く。

エロー県 (Hérault) は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏である。名称は県内を流れるエロー川に由来する。

歴史[編集]

フランス革命期の1790年3月4日、かつてのラングドック州の一部を分割して誕生した。ビテロワ地方、エスピノーズ地方、ロデヴォワ地方、モンペリエレ地方、ラルザックの一部を含んでいた。

エロー県は、20世紀初頭にワイン醸造業が衰退したことで知られている。ワイン価格の急落、ブドウの病気、ワイン醸造業者の反発で下降の一途を辿った。この醸造業者の活動は、当時のジョルジュ・クレマンソー政府によって抑圧された。

1956年冬の霜被害によって、オリーブ栽培の文化は打ちのめされた。しかし1980年代後半から再び息を吹き返した。ロデーヴ、ピニャン、アニアーヌのオリーブ協同組合は閉鎖され、唯一クレルモン=レローの協同組合が活動している。

20世紀半ばのモンペリエ盆地は、フランス有数の人口集中地域として知られていた。

地理[編集]

オード県タルヌ県アヴェロン県ガール県と接し、南東は地中海に面している。オード川、オルブ川、エロー川、ヴィドゥル川が流れる。モソン川やレ川のような内陸河川も存在する。多くの人工湖も見られる。県南部の地中海から、北部のセヴェンヌ山脈まで約87kmである。

18世紀から19世紀の間に貴重な自然環境を失ったとはいえ、現在も多くの自然の景勝を保存している。

人口統計[編集]

1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年
591 397 646 202 706 499 794 603 896 441 1 001 041 1 062 036

sources = SPLAF[1]2006年以降INSEE[2][3]

主なコミューン[編集]

コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
コミューン 人口
2007
変遷
2007/1999
モンペリエ 253,712[B 1] 増加  12,5 % アグド 21,104[B 2] 増加  5,2 %
ベジエ 72,461[B 3] 増加  4,5 % ラット 16,635[B 4] 増加  20,9 %
セット 42,971[B 5] 増加  8,6 % モギオ 15,567[B 6] 増加  4,9 %
リュネル 24,043[B 7] 増加  7,6 % カステルノー・ル・レズ 15,201[B 8] 増加  7 %
フロンティニャン 23,067[B 9] 増加  20,6 % メーズ 10,336[B 10] 増加  35,4 %
Source : Insee[4]

観光[編集]

脚注[編集]

  • INSEEが公表した2007年1月1日時点の人口
  1. ^ Montpellier
  2. ^ Agde
  3. ^ Béziers
  4. ^ Lattes
  5. ^ Sète
  6. ^ Mauguio
  7. ^ Lunel
  8. ^ Castelnau-le-Lez
  9. ^ Frontignan
  10. ^ Mèze

外部リンク[編集]