リュネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Lunel
Blason ville fr Lunel (Hérault).svg
Mairie lunel.JPG
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) ラングドック=ルシヨン地域圏
(département) エロー県
(arrondissement) モンペリエ郡
小郡 (canton) 小郡庁所在地
INSEEコード 34145
郵便番号 34400
市長任期 クロード・アルノー
2008年-2014年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes du Pays de Lunel
人口動態
人口 24,417人
2008年
人口密度 1057人/km²
住民の呼称 Lunellois, Lunelloises
地理
座標 北緯43度40分40秒 東経4度08分10秒 / 北緯43.6777777778度 東経4.13611111111度 / 43.6777777778; 4.13611111111座標: 北緯43度40分40秒 東経4度08分10秒 / 北緯43.6777777778度 東経4.13611111111度 / 43.6777777778; 4.13611111111
標高 平均:m
最低:2 m
最高:53 m
面積 23.09km² (2 317ha)
Lunelの位置
Lunel
公式サイト www.ville-lunel.fr
テンプレートを表示

リュネルフランス語:Lunelオック語:Lunèl、プロヴァンス方言ではLunèu)は、フランスラングドック=ルシヨン地域圏エロー県コミューン

地理[編集]

モンペリエの東約21km、ニームの南西約28kmに位置する。この2県庁所在地とは鉄道とN113道路でつながっている。

ヴィドゥール川右岸にあり、モーギオとカマルグに挟まれた沖積平野上にある。この平野ではワイン用ブドウ栽培や林業が行われる。南部へ向かうとさらに湿地が増える。

歴史[編集]

湿地上にできた他コミューンと同じく、その起源をたどるのは難しい。伝説によると紀元68年、イェリコからやってきたユダヤ人たちが町をつくったという。888年のリュネルは、13の村を含む男爵領に属した。ゴースルム家のソーヴ男爵がリュネル領主であった。中世のリュネルはユダヤ哲学の中心で、『中世の小さなエルサレム』(la petite Jérusalem médiévale)と称された。

1622年、プロテスタントに属したリュネルは王軍によって包囲された。1632年のアレス条約によって、町の防衛設備は廃止された。

2008年9月、太陽光発電所がヴァレコ・グループに業務委託された[1]。この発電所は220万ユーロが投資された、フランス本土の太陽光発電所で重要なものである。

脚注[編集]

  1. ^ Groupe Valeco